上津部田城(こうつべたじょう)

上津部田城の基本情報

通称・別名

所在地

三重県津市一身田町上津部田

旧国名

伊勢国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

不明

築城年

戦国時代

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切、井戸

指定文化財

市史跡(上津部田城址)

再建造物

説明板

周辺の城

津城(三重県津市)[3.2km]
安濃城(三重県津市)[5.3km]
伊勢上野城(三重県津市)[6.5km]
久居陣屋(三重県津市)[8.6km]
木造城(三重県津市)[9.6km]

上津部田城の解説文

東方約500メートルの峯治城とともに、志登茂川の平地を北に見下ろす標高20メートルの丘陵端部にある。西側は幅広い谷になり、東側には浅い谷が入り込んで、細長い頂部全体に造られる。

『伊勢一国旧城跡附』に記された旧上津部田村にあるという3箇所の「御城屋敷跡」の1つであろうが、城主は不明である。

主郭は、地山を削り出した上に盛土した土塁により四方が囲まれ、内側の面積は約600平方メートルで北東に虎口がある。土塁の高さは北側から6メートルある。尾根続きの南側は幅10メートルの広い空堀により遮断され、さらに南へ44メートル離れたところにも幅2メートルほどの溝がある。主郭より一段低い東側には、腰郭状の平坦地がある。

昭和56年に、都市計画道路浜田長岡線工事のため、津市教育委員会により発掘調査された。道路予定部分からは、主郭の虎口に数土建て替えられた門、郭内から掘立柱建物跡などが明らかにされ、土師器の皿、羽釜、常滑窯の擂鉢、大瓶などが出土している(上津部田城址発掘調査報告 平成元年)。

津の文化財と自然を守る会からは、歴史公園として保存が要望され、その方法が検討されている。

情報提供:津市教育委員会

上津部田城の口コミ情報

まー宮内卿様[2016年04月23日]
文化センターのCー9という駐車場が一番近いですが車が勢いよく来るため道路横断時は十分注意して下さい。

三河守コーキしゃん様[2012年11月26日]
三重県総合文化センターの西側にある森が城跡です。

文化センターの駐車場を利用しました。

平山城ですので登り易く、主郭は四方を土塁で覆われていて周りに空堀もあり、結構見応えのあるお城です。

北畠あきちか様[2011年08月26日]
この城は、バイパスを建設する際バイパスをトンネル状にしトンネルの上に発掘で出土した遺構をそっくり復元するという珍しい整備が施された城。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore