長野氏城館(ながのしじょうかん)

長野氏城館の基本情報

通称・別名

長野氏城館[長野城・東の城・中の城・西の城]

所在地

三重県津市美里町桂畑他(地図は長野城を示す)

旧国名

伊勢国

分類・構造

城館遺跡群

天守構造

築城主

長野祐藤[長野城]

築城年

文永11年(1274)[長野城]

主な改修者

主な城主

長野氏[すべて]、細野氏[東の城・中の城・西の城]

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切[すべて]

指定文化財

国史跡(長野氏城跡)

再建造物

碑[すべて]、説明板[すべて]

周辺の城

鹿伏兎城(三重県亀山市)[10.8km]
安濃城(三重県津市)[11.1km]
百地丹波城(三重県伊賀市)[11.3km]
山田野城(三重県津市)[11.6km]
新所城(三重県亀山市)[12.5km]

長野氏城館の解説文

長野氏城は現在の三重県津市美里町に存在した中世の城館群。

長野城
長野城(ながのじょう)は、三重県に存在した中世の日本の城(山城)。現在の三重県津市美里町桂畑に所在した。

構造
標高520mの山頂に位置し、付近の標高230mの丘陵尾根には東の城・中の城・西の城が築かれていた。伊賀道に面した交通の要衝にあり、堀切と土塁に囲まれた郭が点在する。主郭の台状地の三方には土塁を巡らし、さらに周囲には階段状の腰曲輪があった。

歴史
工藤祐藤によって文永11年(1274年)に築城され、長野工藤氏の拠点とされた。貞和2年(1346年)に北畠氏に攻められて落城したが、文和元年(1352年)に再び工藤氏が入っている。延文5年(1360年)には室町幕府に反乱した仁木義長が逃げこみ、追討軍に対して2年以上籠城を続けた。

永禄12年(1569年)に織田信長が侵攻すると、弟の織田信包を工藤氏の養子として和睦した。信包は元亀元年(1570年)に上野城を居城とし、長野城を廃している。1982年1月16日、付近にある「東の城」「中の城」「西の城」の跡とともに「長野氏城跡」として国の史跡に指定された。 参考文献
・ [続きを見る

長野氏城館の口コミ情報

シバヤン大和守交友莫爭様[2016年03月20日]
伊賀守の称号取る為にこの城館に向かいました。恐怖体験の幕開けです(^o^;
163号線から桂畑文化センターに到着、北へ伸びる二股手前に長野氏城までの看板発見!やったーヽ(^o^)丿。坂道を進み高狭林道へ入る。車は軽四駆、道は舗装路から砂利道から悪道路になり崖下が覗けながら山頂に。途中崖ギリギリの道でかなり怖かった。
長野氏は曽我仇討ちの工藤祐経の子の祐長からこの地に来て長野氏を名乗ったそうです。抗争を繰り返し信包が入り上野城に移り1570年廃城となったそうです。
標高520m、本丸跡から一段降りた曲輪に城址。この下にも堅堀、横堀のような山道
あり。驚いたのなんの大要塞ですよ、ここは!(一人大興奮してました。)
1城10枚投稿ルールから載せられなかった写真があり見せられないのが残念です(>.<)
城址からの眺望は••すごいの一言。
歩きは1時間半、軽四駆で30分。登城はくれぐれも注意して下さいませ(^_^)/~

勝之助丹後守様[2016年01月04日]
山頂の城郭には麓の美里町桂畑から林道を山の中へ入って行きます。車で10分ほど走ると分岐点と城跡の案内標識があるのでそこからさらに未舗装道を2.4km進みます。
道は狭く落葉などで滑りやすいので注意が必要です。分岐から先は更に要注意ですよ。
電波塔のある付近が山頂です。

もちろんトイレはありませーん。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore