亀山城(かめやまじょう)

亀山城の基本情報

通称・別名

粉蝶城、胡蝶城

所在地

三重県亀山市本丸町

旧国名

伊勢国

分類・構造

梯郭式平山城

天守構造

不明

築城主

関実忠

築城年

文永2年(1265)

主な改修者

岡本宗憲、本多俊次

主な城主

関氏、岡本氏、本多氏、石川氏、三宅氏、板倉氏

廃城年

明治6年(1873)

遺構

曲輪、多聞櫓、石垣、堀、土塁

指定文化財

県史跡(旧亀山城多聞楼)

再建造物

模擬塀、石碑

周辺の城

峯城(三重県亀山市)[4.6km]
新所城(三重県亀山市)[6.2km]
安濃城(三重県津市)[8.9km]
鹿伏兎城(三重県亀山市)[10.5km]
伊勢上野城(三重県津市)[11.1km]

亀山城の解説文

亀山城(かめやまじょう)は、伊勢国鈴鹿郡亀山(現在の三重県亀山市本丸町)にあった城。別名を粉蝶城(こちょうじょう、ふんちょうじょう)という。1265年に関実忠によって若山(現在の三重県亀山市若山町)に築城され、その後現在の位置に移された。江戸時代は東海道の要衝としてたびたび城主が変わり、石川氏の時代に幕末を迎えた。

歴史
鎌倉時代〜戦国時代
伊勢亀山城は、1265年に伊勢平氏の流れをくむ関実忠によって伊勢国鈴鹿郡若山に築城された。神戸、国府、鹿伏兎、峯、亀山の各城を居城とする関五家の宗家の居城として重きをなした。その後、関氏の時代のうちに現在の位置に移され、1567年の織田信長の伊勢進攻以降は、たびたび戦場となった。1590年に豊臣秀吉に従った岡本宗憲が入城後、天守、本丸、二の丸、三の丸などのその後の亀山城の母体となる城が形成されたとされる。

江戸時代
江戸時代においては、亀山城は伊勢亀山藩の藩主の居城となった。江戸時代初頭には丹波亀山城の天守を解体するよう命じられた堀尾忠晴の間違いによって、天守を取り壊されている。またこの時期の亀山城は幕府の宿所としての役割があり、上洛する徳川家康、秀忠、家光などが本丸を休泊に利用している。このように本丸は徳川氏の休泊に度々利用されていたため、城主居館は二の丸におかれていた。1636年、城主となった本多俊次の手で大改修が行われ、天守を失った天守台に多聞櫓が築造された。

明治維新以降

明治維新以降は、1873年のいわゆる廃城令によって、殆どの構造物が取り壊された。このため現在は天守台・多聞櫓・石垣・堀・土塁など一部が残るに過ぎない。ただ、多聞櫓は原位置のまま残る中核的城郭建築として三重県下では唯一の遺存例であり、現存する多聞櫓として全国的にも数少ない存在であるため、本丸南東の天守台と多聞櫓本体を併せて、「旧亀山城多聞櫓」の名称で三重県の史跡に指定されている。また、二の丸御殿玄関は、西町の遍照寺本堂に移築されている。2006年には亀山城周辺保存整備事業の一環として、二の丸帯曲輪および周辺部分が江戸時代末期の状態に復元された。2007年4月15日に発生した三重県中部地震により天守台の石垣の一部が崩落したが、崩落箇所は1972年の台風被害の補修で新たに積んだ部分のみで、江戸時代初めごろに穴太衆(あのうしゅう)によって築かれた古い部分には一切被害はなかった。

アクセス
東海旅客鉄道(JR東海)関西本線・紀勢本線亀山駅から北へ徒歩10分。

亀山城の口コミ情報

青コアラ丹波守様[2017年05月21日]
城の痕跡を探すブラタモリ的な街歩きを楽しみたいなら、まず亀山市歴史博物館に行く事をお勧めします。現在の航空写真とかつての城域を重ね合わせた地図が手に入ります。街のあちこちに説明板や標柱が立っているので、それを探しながら歩くのも楽しいです。

西之丸の青木門跡は、今でも道がクランク状になっていて、かつて枡形門があった名残りがあります。
ここから北へ行くと重臣の加藤家屋敷の長屋門があり、さらに西へ行くと外堀の一部が復元してあります。

ちなみに現在見られる遺構はいわゆる近世亀山城のもので、信長の伊勢進攻時の城は亀山古城と呼ばれ、歴史博物館の南に石碑と説明板があります。
博物館の入口の前の道を南に下り、左側の一本目の筋を入ってすぐの所ですが、正確な城域は特定されていないようです。

まるき〜遠江守様[2016年09月08日]
亀山城の見どころである多聞櫓は三重県では数少ない現存建物

2012年に新たに改修されたようで改修前の写真と改修後の写真が入り混じってますね…フォト
今の多聞櫓は江戸時代の頃を再現していて、外壁は真っ白!
その外壁も一部の心無い人の仕業なのでしょうか足で蹴ったような穴ボコがありました…。
内部は最低限の簡素な壁土の塗り方がされていて凸凹!
こんな櫓内部は珍しいかも〜
ここも改修工事後、原因不明の出火(放火?)がありその時の柱も展示されていました…

隣接する学校グラウンドから仰ぎ見る石垣はなかなかの迫力で空に向かってそびえ立つようでしたよ(^◇^;)

三重櫓跡、二の丸帯曲輪、埋門跡のある場所は
ますみじとうえん
と言う公園になっていて機関車とセスナ機が展示されていました…
(悲しくなる程オンボロでサビサビすが)

近くに無料の駐車場がありますので是非!
多聞櫓 入場無料

如月右兵衛佐兵糧職人様[2016年06月27日]
近くにある亀山市博物館は6月27日から7月1日まで、休館になってました。

VINO-S様[2014年06月17日]
多聞櫓の内陣への開門時間は土日の10時から16時外壁は白と築城時の状況に

半月民部少輔虎陵様[2012年12月18日]
先日の火災の影響で、多聞櫓の修理完了が年明けにずれ込むとのことです。作業員の方々が帰った後のことなので不審火の可能性があるということです。もし放火だとしたら、強い憤りを感じます。

半月民部少輔虎陵様[2012年12月16日]
多聞櫓は、数日前に火災で床と柱の一部を焼いてしまいました。貴重な文化財なので大切に守り伝えていきたいものです。また、亀山市のHPによれば多聞櫓は、江戸時代末期の建築当初の姿に戻されるということで修復前と修復後では外観が大きく変わっています。

尾張守ひろっちぃ様[2012年09月22日]
伊勢亀山多門櫓まさかの工事中。ちゃんと下調べしてから来るべきだった。無念

三河守コーキしゃん様[2010年11月15日]
多聞櫓もいいですが二ノ丸帯曲輪の埋門も良かったです

亀山城の周辺観光情報

遍照寺

亀山有数の古刹で、本堂は旧亀山城二之丸御殿玄関を移築したもので、近世殿舎建築の希少な遺構です。本尊の阿弥陀如来立像、木造観音菩薩坐像などは県下を代表する鎌倉彫刻として県文化財に指定されています。

加藤家長屋門・土蔵

加藤家は江戸時代後期の亀山城主石川家の家老職を務めた家で、亀山城西之丸に屋敷地を賜りました。現在は屋敷の表門である長屋門とこれに連なる土蔵などが遺されています。

情報提供:亀山市市民文化部観光振興室

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore