黒川氏城(くろかわしじょう)

黒川氏城の基本情報

通称・別名

所在地

滋賀県甲賀市土山町鮎河

旧国名

近江国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

黒川玄蕃佐

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

羽柴秀吉

主な城主

黒川氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切、横堀(空堀)、堅堀、石垣

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

土山城(滋賀県甲賀市)[4.8km]
日野中野城(滋賀県蒲生郡)[9.3km]
正法寺山荘(三重県亀山市)[10.6km]
佐治城(滋賀県甲賀市)[11.3km]
鹿伏兎城(三重県亀山市)[12.0km]
峯城(三重県亀山市)[13.1km]
佐久良城(滋賀県蒲生郡)[13.2km]
和田城(滋賀県甲賀市)[13.3km]
亀山城(三重県亀山市)[14.7km]
水口岡山城(滋賀県甲賀市)[14.7km]

黒川氏城の解説文

黒川氏城(くろかわしじょう)は、滋賀県甲賀市土山町鮎河にある山城。

遺構
鈴鹿山脈の西麓付近、うぐい川と野洲川が合流する、鮎河集落を望める標高390mの丘陵上に築かれている。

主郭は高さ2mほどの土塁で囲まれた長方形の曲輪で、土塁の内側には雁木が設けられ、西側と北側には石垣で固められた虎口が開く。主郭西側虎口の一段下にある虎口受けの下には石段があり、脇にも石垣が積まれている。

主郭の南側は高い切岸と長大な横堀で守られ、曲輪を経た南側は、大規模な堀切で尾根を分断している。虎口受け西側の曲輪で、道筋は二手に分かれている。

主郭北側の虎口は、城の北東側に通じる。北側の横堀底を通って桝形状の虎口に至ると、そこから4方向に分岐する構造だ。山麓の大手から登ってきた場合はこの虎口で集約される形になる。

この虎口から山麓に向けた北側斜面には家臣団の屋敷が並び建っていたようで、「前田屋敷」や「辻屋敷」などの名称が残る。土塁に囲まれた曲輪群が階段状に整然と並び、東側は横堀や竪堀が屋敷群を囲んでいた。

甲賀の城は、高い土塁で囲まれた単郭方形を特徴とする。ところが黒川氏城は、主郭こそ方形であるものの、南北に曲輪を置き、西方向にのびる尾根にも曲輪を展開し、縦横に空堀を掘って防御を固める複雑な縄張になっている。また、虎口をはじめとして石垣が多用されているのもこの地域では異質だ。天正期以降に甲賀辺境の城として改修されたと推察されるが、主郭周辺は関ヶ原の戦いの後の改修との指摘がされている。

歴史
築城年代は定かではないが、永禄年間(1558〜1570)に黒川玄蕃佐によって築かれたと云われる。

黒川氏は土山町黒川を本拠として佐々木六角氏に仕え、織田信長の近江侵攻の際は佐々木六角氏に味方して戦っている。元亀4年(1573)に足利義昭が反信長包囲網を構築した際も、佐々木六角氏に従っていた。

佐々木六角氏が没落すると信長の影響下に置かれ、その後は秀吉の支配下に入った。秀吉は伊勢侵攻時に東海道を経由して土山に入るなど、黒川氏城は甲賀辺境の城として重視されていったようだ。黒川盛治は徳川家康の伊賀越えで弟を差し出し、その後は駿府で閑居していた。

黒川氏は、天正13年(1585)の紀州攻めの際に秀吉の怒りを買って改易され(甲賀破儀)、このとき黒川氏城も廃城になったとされる。黒川氏は慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで山岡道阿弥に従って参陣し、その後は旗本となって家康に仕えた。

交通
新名神道甲賀土山ICから車で約15分

参考文献
『甲賀市史 第7巻「甲賀の城」』甲賀市史編さん委員会、2010年
『近江の山城ベスト50を歩く』サンライズ出版、2006年

文:萩原さちこ

黒川氏城の口コミ情報

2016年02月12日 阿閉隊近江守Silvine
黒川氏城

国道1号より県道507号に沿って北上します。県道9号の合流手前に看板があり、そこからも登れますが、そのまま直進し、うぐい川の河川敷に大きな黒川氏城の案内板があり、そこから登れます。車も停められます。

甲賀の城は土塁で囲まれただけの単郭方形の小さな城が多いのですが、黒川氏城は石垣や石垣作りの虎口、曲輪群など、かなり大規模なもので見応えがあります。

なお、春〜秋にかけてはヤマビルが多いとの情報もありますので、訪問の際はくれぐれもご注意を。


「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore