津城(つじょう)

津城の基本情報

通称・別名

安濃津城

所在地

三重県津市丸之内

旧国名

伊勢国

分類・構造

輪郭式平城

天守構造

型式不明[5重/1577年築/焼失(火災)]

築城主

細野藤敦

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

織田信包、藤堂高虎

主な城主

細野氏、織田氏、富田氏、藤堂氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、石垣、横堀(水堀)

指定文化財

県史跡(津城跡)

再建造物

模擬隅櫓、石碑、説明板

周辺の城

上津部田城(三重県津市)[3.2km]
久居陣屋(三重県津市)[6.4km]
木造城(三重県津市)[6.6km]
安濃城(三重県津市)[8.1km]
伊勢上野城(三重県津市)[8.9km]

津城の解説文

津城(つじょう)は日本の城。別名・安濃津城(あのつじょう)。

概要
津城は三重県津市丸之内にあり、津市街の中心部に位置する。北は安濃川、南は岩田川に挟まれ、これらを天然の大外堀としていた。江戸時代初期に築城の名手・藤堂高虎により近代城郭として大改修され津藩の藩庁となった。江戸期の津城は中央に内堀で囲まれた本丸と、それに付属して東丸・西丸があり、本丸・東・西丸を取り囲んで二の丸が配された輪郭式の平城であった。

現在の城跡は「お城公園、お城西公園」として整備されている。また、その他の城址には津市役所や裁判所、津警察署などが建ち並んでいる。

沿革
現在の津市の古称は安濃津(あのつ)であり、平安時代より伊勢国政治経済の中心地となっていた。鎌倉時代は藤原南家の流れの工藤氏を祖とする長野氏が支配していた。

津城の起源は戦国時代の永禄年間(1558年 - 1569年)に、長野氏の一族の細野藤光が安濃・岩田の両河川の三角州に小規模な安濃津城を構えたことに始まる。

永禄11年(1568年)織田信長の伊勢侵攻により織田掃部頭(津田一安)が入城。翌年には織田信包が入城した。信包は城郭を拡充し、石垣を普請し堀を巡らせて、本丸・二の丸・三の丸を整備した。天正5年(1577年)には5重天守と小天守を落成した。

後世に津藩が古老の伝え語りや実見をまとめた『累世記事』によると、伊勢情勢に詳しかった滝川一益がこの地に城を建てるよう進言し、一益が縄張りをして信包に渡したとされている。

また信包は母の土田御前や妹のお市の方、姪の茶々、初、江を引き取りこの城で養っていた。

豊臣家の時代になると、文禄3年(1594年)信包は秀吉の命により丹波国柏原へ移され、翌文禄4年(1595年)7月、豊臣家家臣の富田一白が5万石(6万石とも)を与えられ入城した 。一白の子、信高は慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで東軍につき、西軍方の毛利秀元・長宗我部盛親軍3万の軍勢に城を攻撃された。迎える信高と援軍にきた分部光嘉の連合軍は1,300人と劣勢であったため苦戦を余儀なくされ、城内の建造物の大半を焼失した。奮戦の末、木食応其の調停により開城となった。しかし、この奮戦により戦後、江戸幕府より2万石の加増を受けた。(安濃津城の戦い)

慶長13年(1608年)信高は伊予宇和島藩に移封となり、代わって伊予今治藩より藤堂高虎が伊勢・伊賀22万石をもって入城した。高虎は城の大改修に着手し輪郭式の城郭に変貌させ、城下町を整備した。以後、明治維新まで藤堂氏の居城となった。 大坂の役の功により元和元年(1615年)と元和3年(1617年)に5万石ずつの加増を受け、藤堂氏は32万3,000石の大大名となった。...

津城の口コミ情報

シバヤン大和守交友莫爭様[2016年03月19日]
伊賀上野、鳥羽、松阪、三重県城郭ラリー最後の城は津城です。4ヶ所の城を巡りスタンプを集めたら4城のバッジがもらえると聞いたので勢いこんで来てしまいました。
しかし、他の3城に比べて規模は松阪に及ばない、高さは伊賀上野に遠く及ばない、
往事を連想させるのは北内堀かな。外苑に水中ポンプの制御装置があり露出配管が成されてました。
堀の水は北から吐き出し南側に流れています。白鷺が舞い降り、鯉が優雅に泳いでます。
城の東側に最大1000円の駐車場あります。
トイレは東の太鼓櫓跡横にあります。
東鉄門前に復元櫓がありますが、私のイメージと少し違う感じがします。
信長の弟、信包が城主だったが高虎が大改修したとのこと。
残念ながら信包の逸話はないかとあちこち散策しましたが発見できませんでした。
勢いこんで来てみたが、何か物足りない。城内に歴史博物館なんかができないものかと思いました。
高山神社でお話聞いたら戦災で殆ど燃えてしまったと溜め息混じりに話されてました。「覆水盆に返らず」 残念です(>.<)

さあさ上総介皆に感謝!様[2016年03月16日]
石垣が見事です。ただし門跡に隅櫓を復興したのは失敗だったかも。隅櫓跡の石垣は遥かにでかいです。本丸は思ったより小さい気がしました。

コロ助様[2014年08月07日]
最寄り駅は近鉄線の津新町ですが、青春18切符だったのでJR津駅で下車。徒歩30分弱で津城に着きました。
蝉時雨、牛蛙の合唱、ゲートボールをされる方達の歓声など、とても賑やかな所でした
城跡にある高山神社の御朱印には「伊勢津城址鎮座」の文字に高石垣の印が押してあり、石垣好きとしては嬉しかったです

とも様[2014年04月01日]
市営お城東駐車場の係員さんに、津城の説明パンフレット(コピーしたもの)をもらいました。

はせちゃん弾正忠様[2013年04月19日]
4/20に発掘調査現地説明会が実施されるとのこと

石垣改修の痕跡が確認されたようです

kagolin様[2012年10月08日]
バイクでプチツーなう。静かなところ。

桑名式部大輔はまぐり〜様[2012年01月18日]
日本一短い名前の城・・・たぶん

三河守コーキしゃん様[2011年04月25日]
津城の見所の一つ、石垣と堀の間にある犬走りがあります。

古楽侍従広家様[2011年04月08日]
近くにある高虎を祀った高山神社の絵馬は必見。

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月25日]
[武将像]藤堂高虎像
本丸跡に甲冑騎馬像が鎮座。同じ像が生誕地である滋賀県甲良にあり。
愛媛県今治城に平服騎馬像あり(今治城参照)。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore