阿坂城(あざかじょう)

阿坂城の基本情報

通称・別名

白米城、椎之木城

所在地

三重県松阪市大阿坂町桝形

旧国名

伊勢国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

北畠満雅

築城年

応永年間(1394〜1428)

主な改修者

主な城主

北畠氏、大宮氏(北畠氏家臣)

廃城年

永禄12年(1569)

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

国史跡(阿坂城跡附 高城跡 枳城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

枳城(三重県松阪市)[0.9km]
高城(三重県松阪市)[1.4km]
松坂城(三重県松阪市)[6.8km]
松ヶ島城(三重県松阪市)[7.3km]
大河内城(三重県松阪市)[7.6km]

阿坂城の解説文

阿坂城(あざかじょう)は、伊勢国一志郡阿坂(現在の三重県松阪市大阿坂町)にかつて存在した城。白米城(はくまいじょう)・椎之木城(しいのきじょう)とも称する。1982年(昭和57年)に阿坂城跡 附 高城枳城跡(あざかじょうあと つけたり たかんじょうあと からたちじょうあと)の名称で国の史跡に指定されている。

伊勢国司から戦国大名となった北畠氏にとって北伊勢(伊勢国北部)に対する重要な拠点であった。

概要
「あざかじょう」の表記には、浅香城(『満済准后日記』)、阿射賀城(『南方紀伝』)もある。大阿坂町の西方にある標高312mの山上に位置し、城跡は東西180m×南北330mの範囲に広がっていた。東に伊勢湾や伊勢志摩国立公園、三河の山々をも見通し、西に室生赤目青山国定公園の山々を望む。

城跡は南郭と北郭からなり、南郭は白米城、北郭は椎之木城と呼ばれている。築城主は北畠親房または北畠満雅とされ、この城で行われた籠城戦でのできごとから白米城と呼ばれるようになった。難攻不落の城として名をとどろかせた時代もあったが、織田信長の命令を受けた木下藤吉郎(豊臣秀吉)に攻められ、落城した。

城郭の構造
城跡は大きく南郭と北郭からなり、南郭は東西25m×南北30mの範囲にある比高12mの台状地、北郭は70m四方の範囲にある台状地で、南北の郭は250mほど離れている。ここで、南郭を白米城、北郭を椎之木城と呼んでいる。

北郭(椎之木城)の方が規模が大きく新しく、堀切や土塁などで複雑に構成されていることから、北郭が主郭であると考えられる。2つの狭長な台状地を中心に、台状地間と両端に堀切を巡らす。北側の西下斜面には竪堀が2か所みられる。南郭(白米城)の方が北郭(椎之木城)よりも高い位置にあり、松阪市街から見ることができる。45m×60mの基底部は台形をしており、上面は20m×35mの平面楕円形をした台状地で、四隅に小さな台状地を持つ。

南郭(白米城)の東・北・西の三方の尾根に堀切と小型の台状地、北西の尾根には2条の堀切が整備され、桝形山山頂には堀切・空堀・狼煙(のろし)台があった。

近辺には高城(たかんじょう)・枳城(からたちじょう)などの出城があった。高城は北畠氏の家臣・大宮氏が築城したものとみられ、虎口を有し、戦国時代の雰囲気をまとう。枳城は南北朝時代の特長を有する。

歴史
建武2年(1335年)に北畠親房が顕家・顕信・顕能の3人の息子を伴って伊勢国に入った時に南勢(伊勢国南部)にいくつか築いた城のうちの1つが阿坂城であると言われている。阿坂城の史料上の初出は文和元年(1352年、南朝方では正平7年)10月23日(ユリウス暦:11月30日)付けの『鷲見加々丸軍忠状』であり、北朝軍である土岐頼康の軍に鷲見氏が加勢して功績を挙げたことを記した文中に登場する。
...

阿坂城の口コミ情報

加勢弾正少弼芳之様[2015年12月12日]
久しぶりに我が城に登城しました!見晴らしは最高だし、いい汗かきましたよ♪

mizuiro左近衛中将様[2013年06月15日]
【白米城の由来~地元での言い伝え~】

戦の折、籠城戦が長引いていた。
敵軍が、水も残り少なくなってきたであろうと監視をしていたところ、なんと馬を洗っているではありませんか!?
「まだ馬を洗える程の水があるのか!?」
これでは何時まで経っても勝てそうにない、と引き揚げていったそうな。

実は米を使って馬を洗っているように見せかけたのでした。

その言い伝えから、地元では『白米城』と呼ばれています。

北畠あきちか様[2011年03月05日]
 阿坂城は伊勢国に善政を敷いた国司、北畠氏が築城しました。

城は主に北と南の二つの曲輪群で構成されています。

南は土塁などを使用せず、山の頂を削平した台状地を中心に、舌状に広がる尾根を削平し、平坦な曲輪のみで構成しただけの古い形式を見せ、北は土塁や堀で複雑になっており、北と南で、時代差があることがわかります。
南は築城当時(南北朝期)の城で、北は織田信長の伊勢進攻に備え、北畠具教が増築したのではないかと思われます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore