松坂城(まつさかじょう)

松坂城の基本情報

通称・別名

松阪城、四五百城、鶴城

所在地

三重県松阪市殿町

旧国名

伊勢国

分類・構造

梯郭式平山城

天守構造

連結式[3重5階/1588年築/倒壊(台風)]

築城主

蒲生氏郷

築城年

天正16年(1588)

主な改修者

古田重勝

主な城主

蒲生氏、服部氏、古田氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、天守台、石垣

指定文化財

国史跡(松坂城跡)、県史跡(松坂城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

松ヶ島城(三重県松阪市)[3.3km]
高城(三重県松阪市)[6.0km]
枳城(三重県松阪市)[6.0km]
阿坂城(三重県松阪市)[6.8km]
大河内城(三重県松阪市)[7.3km]

松坂城の解説文

松坂城(まつさかじょう)は、日本の城。現在は松阪城と表記される。所在地は三重県松阪市殿町。城跡は松坂城跡(まつさかじょうあと)として国の史跡に指定されている。

概要
城の縄張りは梯郭式平山城である。松阪市の中心地の北部に位置する。阪内川が城北を流れ天然の堀となっている。江戸時代初期には松坂藩の藩庁となっていたが、廃藩後は御三家紀州藩の南伊勢国内17万9千石を統括するために城代が置かれた。

現在は石垣のみが残っており、城址公園となっている。周囲には松阪市役所、市民病院、当地出身の本居宣長記念館などがある。松阪は梶井基次郎の短編小説「城のある町にて」の舞台であるため、二の丸跡に文学碑が建てられている。

歴史・沿革
安土桃山時代
1584年(天正12年) 近江国日野城6万石の蒲生氏郷が伊勢国12万3千石を与えられ松ヶ島城に入城した。 1588年(天正16年) 氏郷は、松ヶ島は伊勢湾に面し城下町の発展性が無いと考え、現在の城地である飯高郡矢川庄の四五百森(よいほのもり)に新たに築城を開始した。工事は領内の寺社を取り壊して転用し、急ピッチで年内に完成させた。

城は東に大手、南に搦手を配し、外郭に深田堀及び水堀を巡らせた。四五百森北峰に本丸を配し、その南側に二の丸が置かれた。本丸には3重5階の天守が構えられた。城下町建設にあたり松ヶ島住人を強制的に移住させ、旧領の近江商人を町の中心部に呼び寄せて日野町とし楽市楽座を設けた。また、湊町に伊勢大湊の豪商角屋氏を呼び寄せ、これにより商都松阪の礎が築かれた。

1590年(天正18年) 氏郷は小田原征伐の軍功により陸奥国会津60万石の大封を得て若松城に移った。代わって服部一忠が入城した。
1595年(文禄4年) 服部一忠は豊臣秀次事件に連座したと豊臣秀吉より叱責され自害した。次いで古田重勝が3万4千石で入城した。
1600年(慶長5年) 関ヶ原の戦いの軍功により徳川家康より2万石を加増された。重勝はこの年に死去し長子の重恒が幼少のため重勝の弟・重治が襲封した。

江戸時代
1619年(元和5年)古田氏は石見国浜田城に転封となり、南伊勢は紀州藩の藩領となった。松阪城は当地を統括する城として城代が置かれた。城内の天守以下の櫓や門等の建物は放置されていたため、江戸時代前期の史料によれば、1644年(正保元年)に天守が台風のため倒壊したとされ、以後は天守台のみが残ることとなった。1794年(寛政6年)には二の丸に紀州藩陣屋が建てられた。以後、紀州藩領として明治維新を迎えた。

近現代...

松坂城の口コミ情報

備中守せんとくん様[2017年06月04日]
松坂城内にある本居宣長記念館近くの石垣上から眺めると御城番屋敷が数軒並んでいます。
屋敷には、今でも人が住んでます。
屋敷を抜けてしばらくすると天守閣がありますが、清水歯科の建物です。

まー武蔵守様[2016年04月23日]
駐車場利用する場合は市民病院前の松坂市駐車場(無料)を使用するといいです。土日祝日は目の前の野球グランド利用の車でいっぱいです。圧倒される石垣と御城番屋敷は見に行かれるといいです。百名城スタンプは歴史資料館にて押印。スタンプだけ押しても大丈夫です。

シバヤン大和守交友莫爭様[2016年03月02日]
次に向かったのは蒲生氏郷の松坂城です。
現地に着いて感じたのは城塞の規模が想像していたよりはるかに大きかったことです。月曜日は百名城スタンプ場の歴史民族資料館と本居宣長記念館がお休みでしたので松坂駅前の観光センターでスタンプをいただきました。行かれる方は注意して下さい。夕方近くの昼から廻るのは少し時間が足りないお城でした。
本丸上の金の間櫓、敵見櫓、そして天守閣跡からそれぞれ見える眺望、城内の雰囲気は市民の憩いの場です。
しかし一見優しく思われるなかにも城内のいたるところに防御の工夫があります。
本丸上から埋門跡に虎口、表門跡の所は左右から十字砲火を浴びせられるように櫓が配置されています。
この城の石垣には私の好きな苔やシダ類がびっしり繁殖していてかなり癒やされました(^o^)。
もう少し時間が取れていればまだまだ面白い所が見つけれたかもしれません。
行かれる方は時間の余裕を持って行って下さいませ。最後にこの2月29日は梅の花がきれいにほころび咲いてました。本丸上にはソメイヨシノがたくさん植林されてるのでお花見に出掛けて下さい、きれいだと思いますよ(^o^)

永眠武蔵守釋 葱進様[2016年01月14日]
百名城スタンプ、設置場所の休業日については先の一筆の通り松阪駅前観光情報センターでの対応ですが、通常の閉館(5時)後も夕方6時までは観光情報センターで対応してくれるそうです

きいろいとり様[2015年04月01日]
石垣以外は見事に何も残っていない、是非天守閣を再建してほしい。

磐城守きこりん様[2015年03月16日]
百名城スタンプ設置場所の歴史民俗資料館と本居宣長記念館はともに月曜日は休みですが、松阪駅前の観光情報センターでスタンプおせます。ガイドマップもあります。

ソバッソ店長様[2015年01月24日]
松阪市駐車場料金無料なり。

ばしこん様[2012年12月22日]
百名城スタンプは歴史民俗資料館の中にあります。9:00から16:00迄。

OHMSS井村様[2012年11月09日]
今日からOHMSS提案の、伊賀上野城と松坂城址と鳥羽城跡を巡るスタンプラリー『城郭めぐり』が始まりました。

桑名式部大輔はまぐり〜様[2012年01月18日]
とにかく石垣が美しい城!この城を訪れたのがきっかけで石垣の魅力に取り憑かれました(^-^)/

左近衛大将M三郎様[2011年07月12日]
昨年、伊勢神宮への参拝の帰りに立ち寄りました。正直、期待したわけでも特段の情報があったわけでもありませんでした。
しかし、訪れてみると、有名な蒲生氏郷公の築城であり、外周の高石垣や登城路の堅牢で美しい石垣や虎口を観るなかで、この城が総石垣のすばらしい城郭であることがわかりました。紀州藩の支城時代には、十分な手当ても為されなかったとのことですが、石垣等は今も十分に機能し美しく保たれています。城内からの城下町の落ち着いた眺望にも癒されます。
思いがけず、私の大好きな城をひとつ、見つけました

古楽侍従広家様[2011年04月08日]
お城を一周して、あまり人が入っていないような裏手の石垣まで見応えありました。国史跡になるのが遅いくらいかも。

北畠あきちか様[2011年03月02日]
【建造物遺構案内2】

1の続きです。

 国道を伊勢方面へ走ると明和町に入ります。明和町の転輪寺には松坂城南門が現存しています。
明和町の民家には田丸城(玉城町)の城門などが移築されています。

 中御門と同じく、松坂城より徒歩10分程度にある愛宕町の竜泉寺には、松ヶ島城(松阪市内)の城門も現存しています。

 これらは移築現存しているもので、いずれも後年の修理などが施されていますが、古い薬医門形式の形態をよく伝えています。

北畠あきちか様[2011年03月02日]
【建造物遺構案内】


石垣だけでは物足りないあなたにオススメ致します☆


松坂城隠居丸の眼下にある御城番屋敷には、隣接して米蔵(旧隠居丸米蔵)が現存しています。(近年内部が見学できるようになりました)

松坂城から徒歩10分程の場所にある来迎寺には松坂城の中御門が現存。


2に続く・・・

tomm加賀守様[2010年11月26日]
この程ようやく「国史跡」に認定されます

三河守コーキしゃん様[2010年10月18日]
石垣だけですが迷子になりそうな位連続した枡形虎口です天守台の一部に当時の野面積みが残っているそうです

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore