小木江城(こきえじょう)

小木江城の基本情報

通称・別名

古木江城

所在地

愛知県愛西市森川町村仲

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

織田信興

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

主な城主

織田信興

廃城年

元亀2年(1571)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

願証寺(三重県桑名市)[3.1km]
長島城(三重県桑名市)[5.7km]
大野城(愛知県愛西市)[7.1km]
勝幡城(愛知県稲沢市)[7.6km]
蟹江城(愛知県海部郡)[8.6km]

小木江城の解説文

古木江城(こきえじょう)は尾張国海西郡(現・愛知県愛西市)にあった平城。小木江城とも書かれる。

歴史
永禄年間に織田信長の弟・織田彦七郎信興によって築かれたとされる城で、伊勢長島の一向宗の抑えとして置かれた。

元亀元年(1570年)9月、本願寺と信長との間で石山合戦が始まると、長島でも門徒勢が蜂起。長島城を落した門徒勢は11月16日、古木江城を襲撃した。信興は信長や桑名城の滝川一益に援軍を要請したが、信長は浅井長政・朝倉義景の軍勢と延暦寺の僧兵によって大津に足止めされており(志賀の陣)、一向宗に攻められて籠城していた一益も援軍を出すことが出来なかった。6日後の11月21日に古木江城は落城、『信長公記』によれば信興は櫓に上って自害したとされるが、地元では城外で討たれたと伝わっている。その後、城は廃城となった。

城があったと伝わる周辺は農地(レンコン畑)などになっており、遺構は残されていない。城の縄張なども不明である。なお、現地に鎮座する富岡神社は城の鎮守として置かれたと考えられている。

異説
宝暦2年(1752年)の『張州府志』では彦七郎の居城を「古川城」と記しており、古木江城とは別の城であったとしているが、天保15年(1844年)の『尾張志』ではこの説を否定している。なお、愛知県教育委員会の資料では大森村(現・愛西市森川町村仲)にあった城が下古川城(小木江城)、下古川村(現・愛西市森川町下古川)にあった城を古川城としている。

小木江城の口コミ情報

ハッセー丹後守様[2011年01月22日]
城址碑から川を挟んですぐ西に「道の駅・立田ふれあいの里」があります。
地元産のレンコンを使った料理や、地元農家直送の野菜を購入できました
城址最寄りの駐車場としても使えます!

三河守コーキしゃん様[2010年10月18日]
石碑と説明板だけで遺構はこれと言ってありませんでした

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore