片原一色城(かたはらいしきじょう)

片原一色城の基本情報

通称・別名

一色城

所在地

愛知県稲沢市片原一色町深曽他

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

橋本伊賀守

築城年

応永年間(1394〜1428)

主な改修者

主な城主

橋本氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

中島城(愛知県一宮市)[3.3km]
北島城(愛知県稲沢市)[5.0km]
苅安賀城(愛知県一宮市)[5.1km]
蜂須賀城(愛知県あま市)[5.2km]
勝幡城(愛知県稲沢市)[5.5km]
八神城(岐阜県羽島市)[5.6km]
加賀野井城(岐阜県羽島市)[5.8km]
下津城(愛知県稲沢市)[7.2km]
一宮城(愛知県一宮市)[7.6km]
野府城(愛知県一宮市)[8.4km]

片原一色城の解説文

片原一色城(かたはらいっしきじょう)は現在の愛知県稲沢市に存在した平城である。

概要
この城は8代にわたり、伊賀守の橋本氏が居城した。

歴史
慶長20年(1615年)一国一城令により廃城となった。

規模
城址の総面積は 東西109メートル、南北73から91メートル。

現在の状況
現在は神明社になっており、遺構は何も残っていない。

片原一色城の口コミ情報

2021年06月05日 ▽猫耳▼【痛風組】
上祖父江城[片原一色城  周辺城郭]



築城時期は不明。井野蔵人の居城とされる。城跡の位置もよく分かっていないが、八剱社の辺りとされる。字名は大跡。

2021年05月09日 ▽猫耳▼【痛風組】
儀長城[片原一色城  周辺城郭]



築城時期は定かでは無い。
片原一色城の支城の一つ。
城主は橋本道一とされる。

橋本道一は儀長城のほか、父の居城だった片原一色城主でもあった。
織田信長、織田信雄に仕えて、その後は豊臣秀吉、加藤清正に仕えた。
慶長の役で、鉄砲頭に任命されたが、出兵前に肥前 名護屋城で病没した。
その後、橋本氏は1600年頃、肥後に移り加藤清正に仕えた。

1615年 一国一城令により、主城の片原一色城と共に廃城となった。

城跡は、正楽寺跡辺りから、貴船神社東側辺りとされるが、遺構等は残っていない。


2021年05月04日 ▽猫耳▼【痛風組】
中野城[片原一色城  周辺城郭]



築城時期は不明である。
桜木与太郎の居城とされるが詳細は不明。
城跡は、善勝寺南辺りとされるが、城址碑等は確認出来なかった。

善勝寺本堂や境内の庭石に、城に使われた礎石が混ざっているらしい…?

2021年05月04日 ▽猫耳▼【痛風組】
祖父江城[片原一色城  周辺城郭]



室町時代中期 文正元年(1466)祖父江五郎左衛門久豊が築城したとされる。
永禄の頃、祖父江氏が竹腰村へ所領替えとなり、後に、横井作左衛門時久となる。
横井作左衛門時久は、尾張藩初代藩主 徳川義直より1900石を賜り、下祖父江村の領主となり、尾張藩隼鷹匠頭を務めた。

現在城跡は、神明社・長張寺辺りとされ、城址碑等は確認出来なかった。

2021年05月04日 ▽猫耳▼【痛風組】
坂井屋敷[片原一色城  周辺城郭]



中世末期、山崎に居住した土豪、坂井文助利貞の屋敷。
1574年 信長の命で祖父江周辺の築堤奉行を務め、1575年 東海道の整備等行った。
信雄、秀吉時代も奉行職を務めた。
2代 利政は、尾張藩で船奉行として1000石を得る。
3代 利知も、船奉行時代に事故を起こし御家断絶となる。
利知の弟・利道が三河へ移り、名字を「坂井」→「酒井」へ変え眼科医となったと云う。

山崎神社の中にある白山社址の碑を東側に進み
堀跡の様な水路を越えた先に石碑がある。

2021年05月03日 ▽猫耳▼【痛風組】
井堀城[片原一色城  周辺城郭]



築城年は定かでは無いが、片原一色城の支城の一つで、城主は橋本伊賀守。
1615年の一国一城令により、本城の片原一色城、支城の矢合城・儀長城と共に廃城となった。
城跡は、定かでは無いが三宅川沿いに鎮座する、白山社西側辺りとされている。

神社裏に、倒れた石碑があったので、城址碑かな?と期待したが違った、残念…。

近くに井堀犬城町の字名が残る。

2021年05月03日 ▽猫耳▼【痛風組】
柳原城[片原一色城  周辺城郭]



1600年「関ヶ原の戦い」後に築かれた、祖父江五郎左衛門信勝の城で、櫻木某が居住したと云う、1615年に廃城になり。櫻木氏は当地に土着したと云う。
城域は、光円寺の北西辺りとされ、住宅地・田畑になり遺構、城址碑等は無い。

2021年05月03日 ▽猫耳▼【痛風組】
西島城[片原一色城  周辺城郭]



鷹永年間(1394〜1428年)後期に築かれた、祖父江五郎左衛門代々の居城とされる。

城域は、天神社、畑地辺りとされ遺構、城址碑等は無い。

2021年05月01日 ▽猫耳▼【痛風組】
竹腰城[片原一色城  周辺城郭]



祖父江信勝の居城。
関ヶ原の戦いの戦功により福島正則から、竹腰・西島の地を与えられ築城した。
大坂冬の陣の際、豊臣方と内通したとされ、お家断絶、廃城となった。

看板には、稲沢市内で最も保存状態が良い。となっているが、田と畑の高低差が城跡の痕跡なのかは不明です。

2021年04月30日 ▽猫耳▼【痛風組】
矢合城[片原一色城  周辺城郭]



片原一色城主の橋本道一の弟である橋本大膳が築城した。この城は片原一色城の支城としての役目を持っており、この地域一帯を支配していた。
現状は、国分寺になっており、遺構は無く城址碑があるのみです。

2020年10月04日 永久楽尾張守マクシミリアン
片原一色城

国道155号西島本町交差点近く、木曽川から大治浄水場までの導水路(暗渠)脇に小さな石碑が立っています。導水路と農道が交差する辺りに短時間なら駐車できます。

2020年08月17日 きいろいとり
片原一色城

工事していることもあり道が分かりにくいです。石碑のすぐ近くは車止めしている箇所もありますので、ご注意くださいね。

2020年08月14日 愛城愛国タッキー
矢合城[片原一色城  周辺城郭]



稲沢市の国分寺に矢合城という城があります。国分寺では御朱印をもらうことができるので是非、もらってってください。駐車場はあります。

2019年05月11日 しげぽん
片原一色城



城址には石碑が残ってます。
近くまで車でいけますが、駐車場はありません

2017年10月31日 れいぶ弾正少弼りっく
片原一色城

神明社へ 凄く大きなくすの木がありました


2015年01月03日 伊賀守黒熊
片原一色城

昨日、跡地の神明社を訪問しましたが、昨年改築されたようで大変きれいなお社になっておりました。

2012年02月10日 日光人
片原一色城

R155を横切るサイクリングロード沿いに石碑が建っています。


「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore