蜂須賀城(はちすかじょう)

蜂須賀城の基本情報

通称・別名

蜂須賀城館

所在地

愛知県あま市蜂須賀北本郷

旧国名

尾張国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

蜂須賀氏

築城年

不明

主な改修者

主な城主

蜂須賀氏

廃城年

不明

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

勝幡城(愛知県稲沢市)[2.4km]
北島城(愛知県稲沢市)[3.8km]
片原一色城(愛知県稲沢市)[5.2km]
松葉城(愛知県海部郡)[5.3km]
清洲城(愛知県清須市)[6.7km]

蜂須賀城の解説文

蜂須賀城(はちすかじょう)は、尾張国海東郡蜂須賀村(現在の愛知県あま市蜂須賀)にあった日本の城。

解説
尾張国の土豪である蜂須賀氏が鎌倉時代よりこの地に住んでいたとされるが、築城年は不明である。

戦国時代には、蜂須賀正利の長男である蜂須賀正勝(母は安井御前)がこの城で生まれ、幼少期を暮らした。しかし、織田信秀との対立により、土地を奪われてしまい、その後は同国丹羽郡宮後村(現在の江南市宮後町)の宮後城に移り住む。また、正勝の長男・蜂須賀家政(後の阿波徳島藩祖)の生誕地とする説もあるが、正勝と母・安井御前は宮後城に移り住んでいたため、宮後城で生まれたと考える説が有力である。

蜂須賀城址のすぐそばには、蜂須賀家の菩提寺である蓮華寺がある。

交通
電車
名鉄津島線青塚駅より徒歩約15分。


東名阪自動車道「蟹江インターチェンジ」より愛知県道65号一宮蟹江線(西尾張中央道)を利用。

駐車場
連華寺参拝者用の無料駐車場が利用できる。

参考文献
『日本城郭大系 第9巻』平井聖ほか、新人物往来社、1979年。ASIN B000J8HHFO。...

蜂須賀城の口コミ情報

【鶴丸】兵部大輔葉侍さん[2015年10月10日]
戦国武将ゆかりの御朱印を集めてる人は蓮華寺、菊泉院の御朱印おすすめです。
・蜂須賀正勝
顕彰碑、供養塔のある蜂須賀弘法と親しまれる蓮華寺、正勝に鉄錫杖が持ち去られた地蔵が本尊の法蔵寺。
・福島正則
生誕地跡、正顕彰碑、供養塔、正則の持念仏である毘沙門天像(解説もして頂けます、写真撮影も可)のある菊泉院、正則が修復造営した二ツ寺神明社

その他にも利家正室まつの生誕地と伝わる芳春院の里、秀次所縁の貴船社、歴史民俗資料館では正則、小六、秀次、溝口秀勝の資料が展示されています。

drary兵庫助さん[2012年05月06日]
城跡碑は蓮華寺を入ってすぐ左にあります。

うさチさん[2011年08月04日]
蜂須賀城跡は、蓮華寺の敷地内にありますよ☆

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。