西溝口城

西溝口城([蜂須賀城  周辺城郭])

蜂須賀城 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:周辺城郭)、「西溝口城」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

西溝口城の口コミ情報

2021年05月05日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁


溝口氏は、承久の乱(1221年)の際の戦功を認められ、美濃国山県郡大桑に領地賜り、以後そこに居住したが、逸見勝政が応永年間(1394〜1428年)溝口村に築城して移り、名を溝口氏に改めた。
後に織田氏に仕え、溝口村を支配するようになった。
勝政の長男 定勝は幼少の頃から丹羽長秀に仕え、天正九年(1581年)織田信長に、直臣として取り立てられ若狭国 高浜城5000石を与えられた。
西溝口城には奥田蔵人が入った。
天正十年(1582年)「本能寺の変」
天正十一年(1583年)「賤ヶ岳の戦い」後、加賀国 大聖寺城を与えられた。
天正十三年(1585年)長秀没後、秀吉の家臣となり、秀吉の秀を賜り定勝→秀勝に改名した。
慶長三年(1598年)越後国 新発田城6万石を与えられた。
慶長五年(1600年)関ヶ原の戦いでは、東軍に属し、上杉景勝の一揆鎮圧に努め戦後、徳川家康から所領を安堵され、新発田藩初代藩主となった。

溝口城の廃城時期は不明で、城跡は成願寺辺りとされ、規模は、東西約73㍍南北約47㍍の広さがあったとされるが、遺構等は無く、城址碑があるのみ。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore