宮後城(みやうしろじょう)

宮後城の基本情報

通称・別名

蜂須賀屋敷

所在地

愛知県江南市宮後町八幡

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

安井重継

築城年

応永年間(1394〜1428)

主な改修者

主な城主

安井氏、蜂須賀氏

廃城年

不明

遺構

土塁

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

小口城(愛知県丹羽郡)[2.9km]
小折城(愛知県江南市)[3.7km]
下奈良城(愛知県一宮市)[3.9km]
松倉城(岐阜県各務原市)[4.3km]
大野城(愛知県一宮市)[5.6km]
伊木山城(岐阜県各務原市)[5.8km]
羽黒城(愛知県犬山市)[6.1km]
小牧山城(愛知県小牧市)[6.2km]
楽田城(愛知県犬山市)[6.3km]
犬山城(愛知県犬山市)[7.1km]

宮後城の解説文



宮後城(みやうしろじょう)は、尾張国丹羽郡宮後村、現在の愛知県江南市にあった日本の城。「蜂須賀屋敷」、「小六屋敷」などとも呼ばれる。

歴史 

築城年は不明であるが、応永年間(1394年 - 1428年)に安井氏が居城していたとされる。

戦国時代には、安井重幸の息子・安井重継が居城していた。重継の姉・安井御前は、夫・蜂須賀正利とともに居城していた蜂須賀城が織田信秀との対立により土地を奪われてしまったため、長男の蜂須賀正勝とともに宮後城へ移り住んだ。正勝の長男・蜂須賀家政(後の阿波徳島藩祖)は、この地で生まれたとされる[1]

その後、天正12年(1584年)、小牧・長久手の戦いで羽柴秀吉の砦として修築されたが、和睦後に破却された。

参考文献 

  • 平井聖ほか『日本城郭大系 第9巻』(新人物往来社刊、1979年)

宮後城の口コミ情報

2022年05月02日 飛騨守勘助
宮後城



宮後城跡と宮後八幡社セットで見てきました。天気も良くて、八幡社内の蜂須賀桜の緑も映えてました‼️近場にも良いとこが沢山あります‼️GW、お出かけもヨシ、近場のリア攻めもヨシですよ〜😊✨✨✨

2022年04月30日 スーさん
宮後城



名鉄江南駅から線路沿いに20分ほど歩きました。住宅街の空き地に説明板が建ってました。蜂須賀小六の嫡子家政が生まれた城とのことですが、場所が特定できたのは最近のようです。遺構は何も残ってないですが、近くの宮後八幡宮に石垣が少し残っているようです。

2022年03月06日 ▶☽◀猫耳萌え▷☽◁
五丁堀砦[宮後城  周辺城郭]



小牧・長久手の戦いの際、織田・徳川軍の砦として築かれた。

石碑の裏面碑文
天正甲申歳小牧長久手ノ役西軍ニ備ヘ
五丁有余ノ堀割ヲ構ヘ前野喜左衛門
義康手兵三百騎ヲ以テ砦ヲ守ル

宮後城と小口城に挟まれた立地に位置している、宮後城とは距離が近いので、長大な堀が
あってこんな名称になったのかは不明。

城跡は、畑地や住宅地になり、遺構は残っていない、畑の片隅に石碑があるのみ。

2022年03月04日 ▶☽◀猫耳萌え▷☽◁
宮後八幡社[宮後城  寺社・史跡]



宮後八幡社は、応永の頃(1394〜1427)安井弥兵衛(尾張守護土岐氏家臣)が宮後城を築き、その鎮護の神として勧請したと伝えています。(武功夜話)
その後、寛永元年(1624)徳島藩主 蜂須賀阿波守家政公が再建したもので、祭神は誉田別命(応神天皇)・天照大神です。
家政は幼少の頃、父の小六とともに宮後の安井家(母の在所)に住み、元亀元年(1570)父に従って初陣をしています。その後、秀吉の天下平定のために働き、四国の徳島藩の大名になった孫の忠英の後見として、再び国の政治にあたりました。
老境に達した時、故郷 宮後の地が忘れがたく、八幡社の本殿、釣殿・拝殿を再建、寄進しました。
そのことは棟札に「奉建立八幡宮御本社並釣殿拝殿大旦那宝宿様」と書かれていることによってもわかります。
構造、手法などから見て家政の寄進したもので、一間社流れ造り、本殿は一間四方の建物で桧皮で葺いた屋根の面が流れるように反った造りです。
正面向拝、蟇股の菊花彫刻、懸魚等、桃山時代の面影を残し、尾北における八幡造りの古建築として貴重です。
昭和33年3月29日には、県の重要文化財に指定され、その後、昭和43年に解体修理が行われています。
この社の周囲の石積土塁は、宮後城の塁壁(砦)で野面積に往年のいぶきを感じさせます。
また、昭和のはじめまで境内には大きな槙、天に聳える松の大木、社殿の前には樹齢を経た桧の神木が茂っていました。
江南市教育委員会   説明板より

拝殿の前に、伊勢湾台風で倒れた桧の神木の古株が残されている。
この八幡社には、鳥居・蕃塀は無いが石積みがあり、その前に社号標と蜂須賀桜があります。

2022年03月03日 ▶☽◀猫耳萌え▷☽◁
前野屋敷[宮後城  周辺城郭]



吉田雲龍家の屋敷を中心として、かっての前野氏一族の屋敷があったことが、慶長十三年に作られた「前野村道之覚」絵図と、むかし「八屋敷」と近くの人々がいっていた事によってわかる。
先祖は稲木庄主良峯氏の子孫で、良峯高長(1200)が前野氏の元祖と言われている。
岩倉 織田伊勢守に仕え家老も勤めた家柄である、近郷の豪族 生駒・蜂須賀・安井・坪内氏などとの姻戚関係をもつ名門として地域の開発・発展に大きく貢献したことが古文書や「言い伝え」で知られている。
昭和三十四年の伊勢湾台風で屋敷内の土蔵が被害を受け、整理中に祖先が残した「武功夜話」などの文書類が発見されて先祖をはじめ、この地の様子が鮮明に浮かびでてきた。
特に、天下統一を進めた、織田信長や豊臣秀吉とは深い関係をもち、また、蜂須賀小六とは義兄弟の契りを結んだ、前野将右衛門長康をはじめ小坂孫九郎雄吉、同助六尉雄善、野田清助、森勘解由などの武将たちを排出したのも、この屋敷である。
江南市観光協会

立派な長屋門や蔵の前に、説明板の他に、前野小兵衛加賀守由緒碑、瓢箪の石碑がある。

この説明板がある場所が、吉田雲龍家なのだろうか?この蔵が伊勢湾台風で被害を受けた蔵なのだろうか?

2022年03月01日 ▶☽◀猫耳萌え▷☽◁
説明板[宮後城  碑・説明板]



宮後城跡
江南市前野町の旧家に伝わる、戦国時代の伝承記録「武功夜話」には、十六世紀の中頃、この宮後には、蜂須賀小六の住んだ屋敷があり、その規模は南北約150㍍、東西約120㍍にも及んでいたということが、記されています。また、天正十二年(1584)の小牧・長久手の戦いについて書かれた古文書にも、豊臣方の砦として「宮後砦」という記述のあるものがいくつかあり、宮後城の存在自体は確実とさていましたが、正確な位置など詳細については、これまでほとんど判っていませんでした。
しかし、このほど郷土史研究家が地籍図(明治時代の地図)上に「城跡道」という文字を発見し、それを手がかりに城跡とみられる、地割を割り出しました。
そして、その後、航空写真を判読・現地踏査等の調査を実施した結果、この場所が河岸段丘(川の流れ等によって階段状になった地形)を利用した典型的な中世の城館跡であることが判明したのです。
現在のところ、城の範囲は図のようなものと推定されています、内郭と外郭に分かれていたとみられ、その中心は、ちょうどこの場所にあたります。館(尾張の中世城館は城というより館に近い)の周りには、堀と土塁をめぐらして防御を固めていたと考えられ、土塁については、現在も一部その痕跡が残っています。一辺100㍍という規模は、この時代としてはかなり大きなものですが、これは小牧・長久手の戦いの際に、以前からあった屋敷を秀吉が戦争用に改修した為と、考えられます。
宮後城は、小牧・長久手の戦いの終結後に、講和条件の一つとして破却されたという記録があり、現在地上にはその痕跡がほとんど残っていませんが、戦国末期の城の造営や改修の方法を考える上で非常に貴重な資料であると言えるでしょう。
江南市教育委員会
説明板より

説明板にある土塁の痕跡は何処に有るのだろうか?、宮後八幡社にある石塁のことだろうか?
東側に流れている川は、堀として利用されたのかな?

2022年03月01日 ▶☽◀猫耳萌え▷☽◁
武馬屋敷[宮後城  周辺城郭]



築城時期は不明。近畿地方から、移って来た「武馬氏」の屋敷とされる。

周辺の領民の協力を得て、井戸を掘り、屋敷の周囲に堀や土塁、石垣を巡らせた堅固な造りであったと伝えられている。

現在は、更地となり遺構は残っていない。若干、西側に竹藪が残っているのが、気になったが…。

2021年09月06日 虹ノ松能登守
宮後城



気を付けて見ていなければ、あっという間に通りすぎてしまうような場所です。道路沿いに宮後城址の石柱があり、南側に説明の立て看板があります。
写真の通りの空き地です。南側には車では入れないので気を付けてください。

2021年07月29日 いち近江守
宮後城

蜂須賀家小六の所縁の地。堀や土塁で囲った館跡。廃城されたが、小牧・長久手戦にて秀吉軍の砦にて使用されたと説明板にあり。近くの神社(八幡社)にも土塁の名残らしき物が残存している

2021年04月26日 VIFAM7尾張守【7】
宮後城

木曽川から近く、木曽川から持ち込んできたと、思われる、礎石が残っていて、とても可愛いです。

2019年05月12日 しげぽん
宮後城



城址へのアクセスは、案内看板がある路地側ではなく、県道側からの方が便利です。
城址説明の案内板がかなり劣化してるのが、残念でした

2019年04月13日 我流尾張守クール
宮後城

尾北の古刹「飛保の曼陀羅寺」

現在の本堂は宮後城で生まれた蜂須賀家政公が再興したものだそうです。4月末から5月初めにかけて毎年「藤まつり」が開催されます。それに合わせて所蔵品が一般公開されます。信長公や秀吉公に絡む古文書もあるそうで、関ヶ原合戦の前哨戦では東軍の軍議も行われたようです。
地元では曼陀羅寺といえば藤まつりです。
一度訪れてみてはいかがでしょう。


2016年06月14日 蓬左の武将下総守⚡️晋作
宮後城

安井重幸が城主の時、その娘が蜂須賀城の蜂須賀正利に嫁ぎ、小六正勝が生まれる。
しかし、尾張領内に住しながら美濃斎藤家に仕える蜂須賀家は織田家よって逐われ、正勝は生母の実家である安井家に逃れる。(安井城)
当時の城主、重継には弥兵衛という男子があったが、隣りの一宮市で浅野長勝の婿養子(のちの長政)となっていたため、正勝が城を継ぎ、小六家政が誕生したため、現在生誕地碑がある。(蜂須賀屋敷)
ここを中心にすぐ北に前野長康をはじめとする前野一族、さらに北方の木曽川沿いに坪内利定、転じて南には稲田貞祐・稙元、さらに南に織田信長の寵愛を受けた吉乃が信忠・信雄を生んだ小折城(生駒家宗・家長)、その東に堀尾泰晴・吉晴、さらに東に生駒親正などの同時代人がひしめいていた。
また、この城の東方には犬山織田家の出城である大道寺砦を兼松正吉が守っていた。
この状況下で木下藤吉郎が登場することで、これらの人々が全て有名武将になっていくのは非常に興味深い。

宮後城の周辺スポット情報

 説明板(碑・説明板)

 城趾碑(碑・説明板)

 前野屋敷(周辺城郭)

 武馬屋敷(周辺城郭)

 五丁堀砦(周辺城郭)

 曼陀羅寺(寺社・史跡)

 宮後八幡社(寺社・史跡)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore