小口城(おぐちじょう)

小口城の基本情報

通称・別名

大久地城、於久地城、箭筈城

所在地

愛知県丹羽郡大口町大字小口字城屋敷

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

織田広近

築城年

長禄3年(1459)

主な改修者

主な城主

織田広近、中島氏

廃城年

永禄年間(1558〜1569)

遺構

空堀、井戸

指定文化財

町史跡(小口城址)

再建造物

物見台、石碑、説明板

周辺の城

宮後城(愛知県江南市)[2.9km]
羽黒城(愛知県犬山市)[3.4km]
楽田城(愛知県犬山市)[3.5km]
伊木山城(岐阜県各務原市)[4.9km]
小折城(愛知県江南市)[5.0km]
小牧山城(愛知県小牧市)[5.4km]
犬山城(愛知県犬山市)[5.7km]
上末城(愛知県小牧市)[6.3km]
下奈良城(愛知県一宮市)[6.5km]
松倉城(岐阜県各務原市)[6.7km]

小口城の解説文



小口城(おぐちじょう)は尾張国丹羽郡小口、現在の愛知県丹羽郡大口町小口に存在した日本の城(平城)。

歴史 

室町・戦国時代

長禄3年(1459年)、織田広近によって築城された。大久地城、箭筈城(やはずじょう)とも呼ばれている。東西約50間(約90m)・南北約58間(約105m)の曲輪に二重の堀と土塁が廻らされた形状であったとされる[1]

文明元年(1469年)、広近は新たに築城した木ノ下城(現・犬山市)に移ったが、文明7年(1475年)に息子の寛近に家督を譲って小口に戻り、隠居所として「萬好軒」を築いて閑居した。萬好軒は広近の遺命に基づき、明応元年(1492年)、織田敏定によって吉祥山妙徳寺と改められている[2]

小口城は木ノ下城や犬山城の支城として残されたが、永禄年間(1558年-1569年)に織田信長の軍勢に攻め落とされて廃城となった。その後、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いで羽柴秀吉方の稲葉良通が布陣した記録がある。

近代

跡地には明治時代末から大正時代にかけて大口第二小学校(現・大口町立大口北小学校)が置かれた。

小口城址公園 

1994年(平成6年)と1996年に主郭部の発掘調査が行なわれて井戸の遺構などが見つかっている。1999年(平成11年)に「大口町リバーサイド公園構想」に基づいて高さ17mの物見櫓や出土品を展示する展示棟、名古屋城二の丸の大手門を模した門などが整備され城址公園として開園した。

城山古墳 

小口城址からはかつて須恵器や土師器の破片が採集されているほか、勾玉や銅鏡が出土したという記録があり、古墳であったとの説もある[3]

参考文献 

  • 大口町史編纂委員会 編『大口町史』愛知県丹羽郡大口町役場 発行、1977年

小口城の口コミ情報

2022年06月28日 在来線男右京進
小口城



門や、空堀、物見櫓、壁がかなりコンパクトに集中して復元されています。まわりが住宅街なので仕方ありません。古墳としての趣はほぼありませんが、城跡としての雰囲気はとても良かったです。展示館は土日だけ入れます。堀の整備の工事をしていました。城跡への道はわかりにくいですが、駐車場もあります。

2022年03月09日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁
犬山城 矢来門[小口城  遺構・復元物]



扶桑町指定文化財 専修院東門
この門は、もと犬山城二の丸の矢来門で、明治九年ここに移されました。
城郭建築特有の高麗門という形で、裏側の本屋根と直交する二つの屋根があるのが特長です。扉などからみて、初期城門の形式を残していて、三百数十年前をしのぶ貴重なものです。
扶桑教育委員会

説明板より

専修院は、犬山城の前衛の砦として築かれた、大道寺砦があったとされている場所なので、犬山城の城門が移築されているのは、何かしらの縁があったのかもしれない。

2022年03月09日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁
大道寺砦[小口城  周辺城郭]



永禄七年(1564)小牧山に城を構えた、織田信長は美濃攻略の手始めに、小口城・犬山城を手中に納め、犬山城の前衛基地として大道寺砦を築いて、兼松又四郎(正吉)に守らせたと言われている。

兼松正吉の逸話として、天正元年(1573)刀根坂の戦いの折、敵の首級をとり信長の御前に参上した際、裸足で足が血に染まっていた、信長は彼の働きを賞して、足半を与えた。
正吉は、拝領した足半を家宝として残し、現在に伝えられて、名古屋市秀吉清正記念館に現存しているという。

城跡は、専修院周辺にあったとされているが、遺構などは残っていないが、犬山城二の丸矢来門が移築現存している。
専修院の北側・南側に駐車場があります。

2022年03月08日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁
田中屋敷[小口城  周辺城郭]



築城時期は、不明。
小口城主 織田遠江守広近の家老 田中惣右衛門忠春の屋敷とされ、周囲に土堤を築いた、かなり広い敷地であったと伝えられているが、現在は住宅地となり、遺構は残っていない。

コンビニのすぐ北側が、屋敷跡の推定地。

2022年03月06日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁
小池屋敷[小口城  周辺城郭]



平安時代、北面の武士であった小池民部貞利が、余野の地に来て、その名を与九郎と改め、この附近に大きな屋敷を構えて、永く住んだと言われ、その跡一帯を小池屋敷と呼び、屋敷を示す門の跡があったと伝えられているが、現在はその跡地も失われ、明確な跡地は特定されていない。
子孫の与八郎は、地元に伝わる「山姥物語」に登場し、徳林寺の前身である、徳蓮寺を開基した。

徳林寺には、犬山城より移築された第一黒門の他に、徳林寺を再興した小口城主 織田広近が建立したとされる中門があります。

徳林寺参詣者用駐車場あり。

2022年03月06日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁
小口神社(小口城土塁)[小口城  遺構・復元物]



「小口城址公園」西側の道路を挟んだ場所にある、小口神社の境内には、小口城の土塁跡と言われている、土盛りが残されています。

確かに本殿の脇に、不自然に土盛りが続いています、元々土盛りがあった場所に本殿を建てたとしか思えないので、土塁跡かなと思われました。
土塁の上に山神の石碑があります。

小口城址のすぐ隣なので、小口城址を訪れた際は、城址と共に散策すると良いと思います。

2022年03月04日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁
中島城[小口城  周辺城郭]



築城時期は不明だが、小口城の支城として築城されたと思われ、当地を治めていた中嶋佐兵衛尉(中島豊後守)の居城とされる。

永禄五年(1565)織田信長が、小口城を攻めた際に、中島城は落城したと云う。

城跡は、大口町役場の東側、五条川沿いにあったとされているが、遺構などは残っていない。

2021年07月29日 きむねこ
小口城

残念ながら平日に行ったため、資料館含め土日しか開いていないので見ることはできませんでしたが、門含めお城の雰囲気は十分感じることができました。歩いてすぐのところに駐車場もあるので便利ですが、道が狭いので交互の際には注意が必要です。

2021年07月15日 マタザ但馬守
小口城

思ったより、しっかりした門構えと堀。道は狭く少しややこしいので、注意を。

2021年01月31日 さっちゃん
小口城



立派な櫓がそびえたっています。住宅地に突然現れてびっくりしました。
今回は夕方だったので、ゆっくり見ることはできませんでしたが、予想以上に城跡が立派たので、時間がある時にまた来たいです。

2020年11月23日 ゆーみん
小口城



城址公園としてかなり綺麗に整備されています。狭間のある壁や櫓など、割と城の雰囲気を感じられます。子どもたちがたくさん遊んでいて、地域の方の憩いの場のようです。

2020年07月16日 能登守さとみっくす
小口城址公園駐車場[小口城  駐車場]

小口城公園に近いところにあります。それなりの車の数がが停められると思うので車で来る方は利用してみてください。

小口城の周辺スポット情報

 井戸跡(遺構・復元物)

 物見櫓(遺構・復元物)

 模擬門(遺構・復元物)

 犬山城 矢来門(遺構・復元物)

 小口神社(小口城土塁)(遺構・復元物)

 石碑(碑・説明板)

 小口城説明板(碑・説明板)

 中島城(周辺城郭)

 田中屋敷(周辺城郭)

 小池屋敷(周辺城郭)

 大道寺砦(周辺城郭)

 長泉塚古墳(寺社・史跡)

 船塚古墳(寺社・史跡)

 善光寺塚古墳(寺社・史跡)

 桜塚古墳(寺社・史跡)

 トイレ(トイレ)

 小口城址公園駐車場(駐車場)

 資料館(関連施設)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore