上末城(かみすえじょう)

上末城の基本情報

通称・別名

上陶城、森下城、盛坂城

所在地

愛知県小牧市上末

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

落合勝正

築城年

文明年間(1469〜1487)

主な改修者

主な城主

落合氏

廃城年

16世紀後期

遺構

土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

大草城(愛知県小牧市)[2.7km]
楽田城(愛知県犬山市)[3.5km]
小牧山城(愛知県小牧市)[4.3km]
小口城(愛知県丹羽郡)[6.3km]
羽黒城(愛知県犬山市)[6.3km]

上末城の解説文

上末城(かみずえじょう)は、愛知県小牧市の上末(かみすえ)地区にかつて存在した城である。16世紀末頃に廃城となった。現在は、竹藪の中に土塁と空堀跡などが残るのみである。隣接する国道155号沿いには城跡碑や、城の歴史などが記された説明板がある。

歴史
築城されたのは、文明年間。足利将軍家の末裔で、大県神社(愛知県犬山市)の祠官である重松秀村の三男の、落合将監勝正と言う人物によってであるとされている。勝正の息子である安親は織田氏に仕え、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは、その子供(勝正の孫)である庄九郎とともに豊臣秀吉に従い戦ったが敗戦。その後城は廃城となった。

;年表
文明年間(15世紀後半) - 落合将監勝正によって築城
天正12年(1584年) - 小牧・長久手の戦い
16世紀末頃 - 廃城

その他
城の南西側にある寺院(陶昌院)には、勝正の墓が現存する。
城の周囲の地域は、現在も「落合」と言う名字を持つ人が、数多く住んでいる。

交通手段
ピーチバスおよび名鉄バスの「上末」停留所下車、徒歩約2分。

上末城の口コミ情報

てつ&あゆ兵部少輔様[2017年05月28日]
遺構には期待出来ませんので中央道から攻略される方が大半かと思いますが、リア攻めされるのであれば…
車なら155線沿いのファミマから徒歩5分。気が引ける方は勤労センター駐車場や小牧市民球場駐車場を利用されると良いと思います。徒歩10〜15分
上末城周辺は『篠岡の桃』の産地であり、6月下旬〜7月下旬にかけて各農家さんの直売所で購入することができます。
選果場も直ぐ近かくにあり、7月中旬から下旬に出荷される白鳳は特に人気があります。選果場の一般開放もありますので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

殺三千世界鴉⚡️晋作様[2016年05月17日]
小牧長久手合戦の関係城砦を地図で俯瞰すると非常に分かりやすい。
犬山城から小牧方面に張り出すように羽柴軍。
小牧山城を中心として対抗するよう織田・徳川軍。
上末城はその狭間に位置する城で、身の振り方次第で羽柴軍の先鋒にも、織田・徳川軍の先鋒にもなりうる存在だった。
同時の城主である落合安親、庄九郎親子にとってはかなり複雑な心境があったと推察される。
元々が信長家臣である以上、信雄に仕えていた時期があるはずにも関わらず、羽柴軍に味方する。
そして、三河中入り軍の道案内を務めるが、長久手で徳川軍の攻撃を受けて壊滅することになる。
城址にある陶昌院には落合勝正の墓、その子安親の碑がある。

毘沙門天山城守乱丸様[2013年01月05日]
説明板と石碑の後ろの竹やぶに土塁と空堀の一部が確認される。
2,000城攻略記念に小牧原駅から国道155沿い歩いて来たが近くのスタンド付近にバス停があり土日祝日は1時間に2本は走ってます(^_^)b
駐車場はなし、わずかな駐車スペースがある。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore