羽黒城(はぐろじょう)

羽黒城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県犬山市大字羽黒字城屋敷

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

梶原景親

築城年

建仁2年(1202)

主な改修者

羽柴秀吉

主な城主

梶原氏、山内一豊・堀尾吉晴(羽柴氏家臣)

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

楽田城(愛知県犬山市)[2.9km]
小口城(愛知県丹羽郡)[3.4km]
犬山城(愛知県犬山市)[4.0km]
伊木山城(岐阜県各務原市)[4.3km]
宮後城(愛知県江南市)[6.1km]

羽黒城の口コミ情報

立花飛騨守様[2017年09月15日]
名鉄小牧線羽黒駅から徒歩10分くらい。

整備された気配はあるものの、時期が悪かったのか、草が伸びきって凄いヤブ蚊。

メインディッシュ(犬山城)の後のお茶漬けにどうぞ。

てつ&あゆ兵部少輔様[2017年05月28日]
車で訪問されるなら、直ぐ近くにドラックストアがありますが、お店利用しないなら徒歩5分程度かかりますが、犬山市市民文化会館駐車場を利用されると良いと思います。
周辺には現代のお城⁉︎その名もズバリの『お菓子の城』も攻略されては。
世界最大級のウエディングケーキの前でレンタルドレスを着て写真を撮る女子で人気のスポットです。クッキー作りやスイーツバイキングで戦の疲れを癒すのもたまにはいいかも。

殺三千世界鴉⚡️晋作様[2016年03月26日]
羽黒城址から少し離れますが、羽黒八幡林古戦場があります。
目印は野呂塚です。
長久手合戦の前哨戦として、この地に野営していた森長可を酒井忠次・奥平信昌らが急襲。総崩れとなった森軍は羽黒城まで敗走しましたが、野呂助左衛門は形原松平家信と戦って戦死。
敗走途中に父の戦死を知って戦場に戻り戦死した嫡男助三郎を顕彰しています。
なお、野呂氏は現在の江南市中般若の地侍のようで、今でも野呂姓を名乗る家があり、この地にもご子孫が建立した供養塔があります。

なお、小牧長久手合戦の時は秀吉軍の山内一豊らが羽黒城を守備していました。

殺三千世界鴉⚡️晋作様[2016年03月26日]
梶原景時を開基とする興禅寺が目印です。景時はもちろん、子孫で信長家臣となった景義、松平忠吉付家老として犬山城主になった小笠原吉次などの供養塔や墓があります。
裏手に隣接して城址があります。昔は民家の路地から竹藪となっている土饅頭に分け入り、蜘蛛の巣を掻き分けて頂上に着くと、城址碑を撮影するにはフラッシュ撮影が絶対でした。
梶原景時の次男、景高が父とともに戦死したのち、乳母がその子供を自分の里であるこの地に連れてきて匿い土着したのが、この城址です。
さらにその北に隣接して磨墨公園があり、ブランコなどの遊具に囲まれて名馬磨墨の墓があります。
梶原景時の嫡男、景季が頼朝から拝領して宇治川で先陣争いをした時のあの名馬です。

STRADA様[2015年12月28日]
興禅寺まで行くと看板が出ています。道は狭いですが車で行けます。が、駐車場は有りません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore