南大門

南大門([松葉城  寺社・史跡])

松葉城 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:寺社・史跡)、「南大門」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

南大門の口コミ情報

2022年03月11日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁


甚目寺南大門は、境内正面に建つ三間一戸の楼門で、屋根は入母屋造、こけら葺。下層中央を通路とし、その両脇後方に金剛力士像を安置する、柱は全て円柱で下層の柱上には手先が三つ前に出る、三手先斗栱を組んで上層の縁を受け、縁の四周には先端の刎ね上がった手摺状の刎高欄を廻らす。
上層は下層よりも柱間間隔を狭くして、円柱を立て正面と背面の中央間に両開きの板戸を設け、他の柱間は板壁とする、柱上には斜め下前方へ突き出る尾垂木を用いた、三手先斗栱を載せて屋根の深い軒先を支える。
この南大門は、あま市に現存する最も古い木造の建築物で、伝説によると建久年間に源頼朝の命により、梶原景時が奉行をつとめて建立したとされ、明治三十五年(1902)の解体修理の際に「建久七年造立」と書かれた墨書が見つかっている。
また、南大門に安置された仁王像は、鎌倉時代を思わせる作風から、伝承では鎌倉時代の仏師 運慶と云われていたが、平成二十年(2008)の調査により、慶長二年(1597)に福島正則によって、奉納されたことが確認された。

源頼朝・梶原景時と大河につられて、口コミ投稿です。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore