古渡城(ふるわたりじょう)

古渡城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県名古屋市中区橘2

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

織田信秀

築城年

天文3年(1534)

主な改修者

主な城主

織田信秀

廃城年

天文17年(1548)

遺構

堀跡

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

名古屋城(愛知県名古屋市)[3.7km]
荒子城(愛知県名古屋市)[4.6km]
田幡城(愛知県名古屋市)[5.0km]
日比津城(愛知県名古屋市)[5.1km]
末森城(愛知県名古屋市)[5.5km]

古渡城の解説文

古渡城(ふるわたりじょう)は、天文3年(1534年)、織田信秀により尾張国愛知郡(現・愛知県名古屋市中区)に築城された城。平城。天文17年(1548年)に廃城となった。

歴史
天文3年(1534年)、織田信秀が東南方に備えるために築城した城。信秀は今川氏豊から奪った那古野城を、嫡男織田信長(幼名・吉法師)に譲り、この城を拠点とした。

東西140m、南北100mの平城で四方を堀で囲まれていた。天文15年(1546年)、信長は古渡城にて13歳で元服する。天文17年(1548年)、美濃に侵攻した信秀の留守を狙い、清洲の守護代織田信友の家臣坂井大膳らが城下に攻め寄せ、この際に町は焼かれたが、落城はしなかった。同年、織田信秀は末森城を築いて移ったため、古渡城はわずか14年で廃城となった。遺構として、真宗大谷派名古屋別院敷地内にある古渡城跡碑と、古渡城の堀跡を利用した下茶屋公園(真宗大谷派名古屋別院に隣接)がある。

:備考
:現在、真宗大谷派名古屋別院の敷地となっている。

交通
名古屋市営地下鉄名城線東別院駅下車 4番出口より徒歩5分

古渡城の口コミ情報

くろちゃん左近衛大将様[2017年05月11日]
下茶屋公園も併せて訪れてください
もちろん入場料は、無料です。

伏龍鳳雛SAS様[2012年02月07日]
本堂を正面に見て左側に城跡碑があります

くろちゃん左近衛大将様[2011年07月08日]
古渡城から北西方向に尾張藩の刑場とされていた場所 清涼山栄国寺があります キリシタンに関する資料も展示されています。

うさチ様[2011年05月28日]
今年に入ってから、古渡城のすぐ近くの大日本印章に判子の歴史館がオープンしました入場無料で中には様々な判子の他に、三英傑の書状が展示してありますよお城攻めの際に立ち寄ると楽しいですただ土日祝は休館なので気をつけて下さいね

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore