星崎城(ほしざきじょう)

星崎城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県名古屋市南区本星崎町本城、本城町1、本星崎町堀割

旧国名

尾張国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

山田重忠

築城年

治承年間(1177〜1181)

主な改修者

主な城主

山田氏、花井氏、岡田氏、山口氏

廃城年

天正16年(1588)

遺構

井戸

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

鳴海城(愛知県名古屋市)[1.8km]
鳥栖城(愛知県名古屋市)[2.1km]
鷲津砦(愛知県名古屋市)[2.5km]
大高城(愛知県名古屋市)[2.9km]
丸根砦(愛知県名古屋市)[3.1km]

星崎城の解説文

星崎城(ほしざきじょう)は現在の愛知県名古屋市南区に存在した平城である。

歴史
鎌倉時代
治承年間(1177年-1181年)に山田重忠が築城した。山田氏が居城していたが、他の地域に移りすんだので廃城になった。

戦国時代
鳴海の豪族だった花井右衛門兵衛がここを居城にした。山口教継の謀反により、花井右衛門兵衛の領地が織田信長に没収され、岡田直教が城主になった。天正12年(1584年)岡田直教の家臣である山口重勝が城主になった。山口重勝の娘が豊臣秀次の側室となったが、文禄4年(1595年)に豊臣秀吉が秀次に謀反の疑いにより自刃に追い込んだ後、親族も共に処刑され、山口重勝も自刃した。

その後、織田氏の家臣である岡田重善、岡田重孝が城主になった。織田信雄の伊勢国移封に伴い、後の牛久藩初代藩主山口重政が城主になったが、茂福城と領地を換える事になったため、廃城になった。

現代
現在は名古屋市立笠寺小学校、宅地になっており井戸以外のものは残っていない。名古屋市立笠寺小学校と近くにある秋葉神社に石碑がある。

規模
東西約52m、南北約68m

星崎城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore