丸根砦(まるねとりで)

丸根砦の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県名古屋市緑区大高町字丸根、字西丸根

旧国名

尾張国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

織田信長

築城年

永禄2年(1559)

主な改修者

主な城主

織田氏、佐久間氏

廃城年

永禄3年(1560)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(大高城跡 附丸根砦跡、鷲津砦跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

鷲津砦(愛知県名古屋市)[0.7km]
大高城(愛知県名古屋市)[0.9km]
鳴海城(愛知県名古屋市)[2.0km]
星崎城(愛知県名古屋市)[3.1km]
鳥栖城(愛知県名古屋市)[5.0km]

丸根砦の解説文

丸根砦(まるねとりで)は、名古屋市緑区にあった砦。織田信長によって築かれ、桶狭間の戦いの前哨戦が行われた。

歴史
永禄2年(1559年)、織田信長が今川義元との領土争いの前線として鷲津砦や善照寺砦とともに整備した。場所は、大高城から東に約800メートルに位置し、鳴海から延びた丘陵の先端に築かれ、東西36メートル、南北28メートルの砦の周囲を、幅3.6メートルの外堀が囲んでいる。

永禄3年(1560年)5月19日、桶狭間の戦いの前哨戦が行われ、佐久間盛重を将とする織田軍が立てこもったが、松平元康率いる今川軍に破れ全滅したといわれている。その後、三河で独立した徳川家と織田家が同盟関係になったため存在意義を失い、そのまま放棄された。

現在
大高城鷲津砦の跡ともに国の史跡に指定されている。周辺は住宅地となっているが、砦のあった丘の上は史跡として整備され記念碑や殉難烈士の碑が立っている。

交通アクセス
JR大高駅の東
名古屋市交通局市バス丸根バス停からすぐ

丸根砦の口コミ情報

くろちゃん左近衛大将様[2012年05月08日]
電車の人はJR大高駅を拠点に、大高城址、丸根、鷲津攻め
車なら大高緑地公園の南側の駐車場に停めて丸根、鷲津、大高城址と歩いてみたいですね。
ここから 桶狭間田楽坪までは一山越える感じなのでビジターさんは時間と相談して移動しましょう。(^。^)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore