花園城(はなぞのじょう)

花園城の基本情報

通称・別名

所在地

埼玉県大里郡寄居町末野城山

旧国名

武蔵国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

藤田政行

築城年

平安時代後期

主な改修者

主な城主

藤田氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、竪堀、石積

指定文化財

県選定重要遺跡(花園城跡)

再建造物

石碑

周辺の城

鉢形城(埼玉県大里郡)[2.5km]
千馬城(埼玉県秩父郡)[7.0km]
雉岡城(埼玉県本庄市)[9.0km]
高見城(埼玉県比企郡)[9.0km]
本田城(埼玉県深谷市)[9.6km]

花園城の口コミ情報

愛甲赤貧左京大夫さん[2019年02月18日]
先人の情報の通り諏訪神社裏手のトレイルから登ると、5分ほどで土塁に仕切られた竪堀が現れます。この先道ははっきりしなくなり、ササもかぶって来ますが、竪堀を見失わないように登ってゆけば頂上の曲輪群にたどり着きます。
遺構かどうかは分かりませんが、所々に石積みが残っています。
大きな曲輪が4つ並んでいて、それぞれの間が立派な堀切で仕切られています。特に西端の曲輪の両側が見事です。整備の手が入っていないような雰囲気な割に遺構はハッキリしています。
道が不明瞭なので山慣れていないと危険と思いますが、廃城感は満点です。

まー宮内卿さん[2016年03月26日]
先人の言われるように諏訪神社裏手から登城出来ますが途中倒木や落ち葉で滑りやすく歩きづらいです。縄張り図があるなら持参するといいでしょう。無い場合は竪堀をしばらく上ると途中で隣の竪堀と行きあいます。その辺りをお寺側に進むと石積み遺構があります。先程の竪堀まで戻り更に上がると赤茶色のリボンが木に括り付けてあるところを上ると2郭(藪)でさらにリボンを頼りに進むと堀切があるので渡ると本郭で更に進むと立派な花園城跡の石碑があります。もと来た道に戻れればいいですがわからなくなった場合は竪堀を最後まで下りていくと竹が伐採しているところへ出るのでそこを掻き分けて下りていくと畑に出ますが柵がしており秩父方に歩くと砂利道にでるので左に歩いていくと藤田善導寺に着けます。

すかんぴん佐渡守冷やおろしさん[2013年02月25日]
善導寺の前の駐車場に停められます。観光トイレも完備されています。
そこから線路沿いを秩父方面に200メートル程歩くと神社があり、その後ろから登城しました。
ただし堀切りを辿って行くしか道がないようです。
季節によっては相当の覚悟が必要と思われます。
麓の正龍寺には鉢形城主の北条氏邦の墓があります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。