賤機山城(しずはたやまじょう)

賤機山城の基本情報

通称・別名

城山

所在地

静岡県静岡市葵区大岩

旧国名

駿河国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

今川氏

築城年

南北朝時代

主な改修者

主な城主

今川氏、石橋氏

廃城年

天正10年(1582)

遺構

曲輪、土塁

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

駿府城(静岡県静岡市)[1.7km]
安倍城(静岡県静岡市)[3.5km]
瀬名館(静岡県静岡市)[5.0km]
丸子城(静岡県静岡市)[6.4km]
持船城(静岡県静岡市)[7.9km]
久能山城(静岡県静岡市)[9.1km]
江尻城(静岡県静岡市)[10.0km]
花沢城(静岡県焼津市)[11.5km]
庵原山城(静岡県静岡市)[11.9km]
小島陣屋(静岡県静岡市)[15.9km]

賤機山城の解説文

賤機山城(しずはたやまじょう)は、静岡県静岡市葵区大岩・籠上・昭府町にある日本の城跡。

概要
市内を南北に流れる安倍川の左岸に沿うように伸びる賤機山(標高171メートル)山頂にある。築城年代は駿河の守護・今川範政が駿府に入った1411年(応永18年)ごろとされるが、さらに古いとする意見もある。

馬の背状の尾根最上部に本曲輪を構え、櫓台や土塁が配置されている。南北の尾根にも複数の曲輪があり、狭い尾根筋には堀切を設けて遮断し防御性を高めている。本曲輪のある山頂は今川館(後の駿府城)の北西、今川氏の菩提寺である臨済寺の真裏にあたり、詰の城であったとされている。

『甲陽軍鑑』等の史料では「籠鼻」や「籠山」の名で登場し、武田信玄が駿河を侵攻した1568年(永禄11年)の12月13日に武田勢に占拠されて落城。この時、武田側により一部改修が加えられた可能性が指摘されている。その後さらに1582年(天正10年)の徳川家康入府の際に再び落城し、廃城となったという。

現在の賤機山は市街地に程近いハイキングコースとなっており、曲輪や堀切などの遺構を見ることが出来る。

参考文献
2009 山本宏司「賤機山城」『静岡の山城ベスト50を歩く』(加藤理文・中井均 編) サンライズ出版 pp126-129

賤機山城の口コミ情報

2020年08月25日 ともっち♪隠岐守
増善寺 今川氏親公墓所[賤機山城  寺社・史跡]



増善寺には今川氏親さまの墓所があります。お寺駐車場より少し高台に登ります。お参りし、振り替えると賤機山が!ちょうどお城があるあたりかと…。安倍川をはさんで距離がありますが、お時間ありましたらお参りください。

2020年07月28日 龍馬備中守【坂東一弓取り】
愛宕山城[賤機山城  周辺城郭]



静岡県静岡市にある愛宕山城☆
別名を茶臼山砦、長沼塁と呼びます☆
駿河国に根を張った今川氏の城郭になります☆

築城主は今川氏親☆
静岡駅南側の八幡山城、それに賤機山城とここ愛宕山城は今川氏の本拠地である今川館(駿府城)と駿府の町を取り囲む様に守ります☆北東側から侵攻してくる敵を防ぐ重要な位置となります☆


武田信玄による駿河侵攻では今川氏真が駿府から掛川方面へ逃亡した直後に武田氏方が占拠します☆東方から今川氏を救援に向かってくる後北条氏の軍に対する防衛ラインとして活用されました♪


2019年05月23日 龍馬備中守【坂東一弓取り】
賤機山城



三郭より西側に構える籠鼻砦☆岩盤を砕いた堀切☆標高171mに聳える駿府城の詰城☆三郭の脇より西の尾根沿いへ進むと竹藪の中にひっそりと現存する☆

2019年05月02日 尾藤左衛門尉知宣
籠鼻砦[賤機山城  遺構・復元物]



賤機山城の西尾根上に位置する郭で、賤機山城とは堀切によって寸断されている。

2019年05月02日 尾藤左衛門尉知宣
浅間の砦[賤機山城  周辺城郭]



『駿國雑志』に浅間より山続きに「浅間の砦」の存在を記している。
賤機山公園に比定されている。

2017年01月25日 カーネル
賤機山城

静岡駅から歩いて20分ちょいで南麓の浅間神社に着き、お参りしました

背後の山に登り、古墳を通過してあとはひたすらに稜線を北上します
稜線はハイキングコースになっており、いくつか公園を通過します

山頂の手前に堀があり、ここから5分ほどでお城の看板があります

ここまで駅からちょうど1時間でした

ここには曲輪がありますが、ハイキングコースということもあり、あまりよくわからず

浅間神社に戻りますが、ここは見所多くタイムロス
神社から南下して駿府城にも立ち寄り、駅に戻ったら2時間45分でした

賤機山城だけなら2時間かからないかも


2015年06月29日 león☆鷹党
賤機山城

浅間神社境内にある八千戈神社横の石段を登り、ハイキングコースを進むと約15分で慰霊塔のある公園に出ます。この公園の北側にあるフェンスの切れ目から尾根にそって道が続きます。
約10分程歩くと大きな堀切があり、ここからが城内にあたります。

堀切を越え少し歩いた先にある左側の尾根上に、出丸のような削平地がありました。
堀切から道づたいに北に進むと約10分で土塁に囲まれた穴倉式の本曲輪に出ます。さらに北側に進むと三の曲輪ですが農地になっており鮮明ではありません。三の曲輪から少し下った場所に城域の北側を区切ると思われる堀切がありました。

また麓にある臨済寺右側の尾根から登城する方法もありますが、ほぼ道が無い急坂でかなりキツいです。登る途中に曲輪と思われる削平地がありました。

南から二の曲輪、本曲輪、三の曲輪が尾根づたいに並ぶ連郭式の山城で今川氏系に多く見られる構造と言えます。
史料に乏しく築城時期は諸説ありますが、南朝勢力と今川氏の抗争期に駿府防衛の為に築かれた可能性が高いと思われます。

駐車場、自販機、トイレは麓の浅間神社にあります。

2013年05月15日 んば
賤機山城

そうですね、ハイキングコースになっているとはいえ、堀切を登り降りする箇所もあるので、足下だけはそれなりに固めておいた方が無難です。堀切は幅が狭く急峻で、削平地は小面積。古いタイプの詰の城を見たい人にはピッタリです。

2013年01月03日 ゲッコウゼロモナイト
賤機山城

お正月は浅間神社のお祭りがありにぎやか。麓の資料館では家康お手植えのみかんがもらえますよ。

2012年11月05日 三河守コーキしゃん
賤機山城

駿府城のすぐ近く、浅間神社の裏手の山が城跡です。

ハイキングコースになっていて、女性や子供でも登りやすいお城なので山城未経験の方にもオススメです。

主郭部に入る手前に深い堀切があるので、城域に入ったのがすぐ分かると思います。

遺構は土塁や切削地等があり主郭は結構山城っぽい雰囲気が出てます。

時間があれば駿府城のついでに寄ってみて下さい。



「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore