小島陣屋(おじまじんや)

小島陣屋の基本情報

通称・別名

所在地

静岡県静岡市清水区小島本町構内

旧国名

駿河国

分類・構造

陣屋

天守構造

なし

築城主

松平信治

築城年

宝永元年(1704)

主な改修者

主な城主

松平氏

廃城年

遺構

曲輪、石垣

指定文化財

国史跡(小島陣屋跡)

再建造物

説明板

周辺の城

庵原山城(静岡県静岡市)[4.3km]
江尻城(静岡県静岡市)[7.6km]
蒲原城(静岡県静岡市)[9.2km]
瀬名館(静岡県静岡市)[11.0km]
久能山城(静岡県静岡市)[13.9km]

小島陣屋の解説文

小島陣屋は宝永元年(1704年)に2代藩主の信治により築城され、廃藩されるまでの藩政の中心地であった。移封後に駿府藩に引き渡され、駿府藩(静岡藩)主小島役所、私塾包蒙舎教場、小学校校舎として利用されたが、昭和3年(1928年)に建物は解体され、土地は民間に払い下げられた。一般の陣屋と異なり、表門が枡形の構えであり、城郭を思わせる石垣や建物遺構等が良好に残されていることから、平成18年(2006年)に国の史跡に指定される。

解体時に御殿の書院は地元に払い下げられ、国道52号沿いの現在の場所に移築された。小島町公会堂として利用され、現在は文化財資料館になっている。

小島陣屋の口コミ情報

さあさ上総介今日も笑顔で!様[2017年05月10日]
国道52号線から看板通りに侵入し、しばらく行くと石垣が見えてきます。石垣はかなり立派ですよ。国道52号線にもどり、山梨方面に少し行くと52号線沿いに移築書院があります。屋根にトタンが貼られ、殺風景ですが一応は現存建築物です。今は文化財資料館となってます。

STRADA様[2016年01月10日]
国道52号線小島南の交差点を西に入り、山を登る感じで道なりに450メートル程行くと石垣が見えてきます。駐車場は無いですが、駐車は可能です(多分)。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore