大宮城(おおみやじょう)

大宮城の基本情報

通称・別名

所在地

静岡県富士宮市元城町1-1(大宮小学校)

旧国名

駿河国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

富士氏

築城年

室町時代

主な改修者

武田氏

主な城主

富士氏、原昌胤(武田氏家臣)

廃城年

天正10年(1582)

遺構

(発掘調査:建物跡・溝跡・土塁跡・堀跡・井戸跡)

指定文化財

再建造物

周辺の城

善得寺城(静岡県富士市)[9.6km]
間門城(静岡県富士市)[11.3km]
蒲原城(静岡県静岡市)[11.6km]
真篠城(山梨県南巨摩郡)[13.2km]
小島陣屋(静岡県静岡市)[18.3km]

大宮城の解説文

大宮城(おおみやじょう)はかつて駿河国大宮(現在の静岡県富士宮市)に存在した城。

概要
大宮城の創築には富士氏によって行われたとされる。しかし、詳しい築城年は不明である。戦国時代において、甲駿国境の押さえの城としての主要な機能を果たしていた。桶狭間の戦いにおいて今川義元が戦死したことで、今川氏の大きな衰退が見られ、自領に武田氏が進攻する動きが見られるようになった(駿河侵攻)。そこで、当時の富士氏の当主であり、大宮城の城主であった富士信忠は今川氏の為に城を守り、穴山梅雪と葛山氏元の連合軍を撃退する事にも成功するなど、対抗勢力としての役割を果たしている。後に今川氏の没落により北条氏の庇護を受ける事となった。しかし、武田軍の3度の攻撃を受け、また武田信玄率いる本隊の攻撃により、大宮城は武田氏の手に渡ることとなった。そして後の武田家滅亡により廃城となった。

発掘調査
発掘調査では、建物跡・溝・土塁・堀・井戸などが発見された。城の構造としては、それぞれを溝で仕切った郭があり、主郭が西側に二ノ郭を、その前面に蔵屋敷を配置し、それらの周りを土塁と堀で囲んだ連郭式の構造をしたものである。鎌倉時代から戦国時代にかけてのものが数多く発見され、中国からの輸入品である青磁や白磁などの陶磁器が見つかった。

大宮城の口コミ情報

コナン遠江守様[2017年04月10日]
富士山本宮浅間大社の湧玉池から50m位に陣屋から移築された長屋門があり、歴史の館として無料開放されています。
浅間大社の歴史が多いですが、大宮城についても解説されていました。

富士丸佐渡守孫兵衛様[2013年04月23日]
大宮小学校のグランド下に埋もれております。周辺は一方通行で道も狭いので、浅間大社の駐車場に停めて散策がオススメ。城内の蔵屋敷にあった稲荷神社や大宮城主にして浅間大社大宮司であった富士氏の墓所を浅間大社とセットでコースに入れましょう。
なぜか幻の川成島藩の陣屋にあった長屋門を移築したレストランがあります。ランチはここか、富士宮焼きそばで(笑)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore