原城(はらじょう)

原城の基本情報

通称・別名

日暮城、有馬城、志自岐原城

所在地

長崎県南島原市南有馬町丁

旧国名

肥前国

分類・構造

梯郭式平山城

天守構造

建造されず

築城主

有馬貴純

築城年

明応5年(1496)

主な改修者

主な城主

有馬氏

廃城年

元和2年(1616)

遺構

曲輪、石垣、横堀(空堀)、虎口

指定文化財

国史跡(原城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

日野江城(長崎県南島原市)[3.4km]
瀬詰崎台場(長崎県南島原市)[9.1km]
深江城(長崎県南島原市)[12.7km]
上津浦城(熊本県天草市)[16.5km]
大矢野城(熊本県上天草市)[17.2km]

原城の解説文

原城(はらじょう・はるのじょう)は、長崎県南島原市南有馬町乙にあった日本の城である。国の史跡。別名、春城、志自岐原城、日暮城、有馬城。

沿革
島原半島の南部に位置し、明応5年(1496年)、日野江城の支城として有馬貴純によって築かれた。有明海に張り出した丘陵にあり、本の丸、二の丸、三の丸、天草丸、出丸などで構成されていた。

有馬氏が日向国延岡城に転封となった後の、元和2年(1616年)に松倉重政が日野江城に入城するが、一国一城令の影響もあり不便な日野江城を放棄し島原城を築城した。この際に原城も廃城となり、石垣や構築物も転用されたとされる。

寛永14年(1637年)から寛永15年(1638年)にかけての島原の乱の後に、幕府は原城跡に残存する石塁などの破却を行っている。

1938年(昭和13年)、原城跡は国の史跡に指定された。発掘調査の際には、惨殺された一揆軍の遺骨や鉛の弾丸、クルスの他、万人坑が出土している。

2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城(188番)に選定された。

島原の乱
元和の一国一城令で廃城となった原城で、1637年(寛永14年)に「島原の乱」が勃発したのである。島原藩主の松倉重政・勝家父子は島原城建設による出費などの財政逼迫により苛政を敷き、また、過酷なキリシタン弾圧を行ったことにより農民一揆を引き起こした。この一揆は島原半島のみならず天草にも飛び火し、島原城富岡城が襲撃された。しかし、一揆の攻城はうまく行かず、やがて一揆の群衆は天草の一揆群衆と合流し約3万7千人が廃城となっていた原城に立て籠もった。 小西行長の家臣の子孫といわれる天草四郎を総大将とし、組織立った籠城戦を展開して幕府軍と戦闘を繰り広げた。

一揆軍は3ヶ月に及ぶ籠城には兵站の補給もなく、弾薬・兵糧が尽き果ててきた。対する幕府軍も1千人の戦死者を出しながらも新手を投入し、ついに1638年4月11日から12日(寛永15年2月27日から28日)にかけての総攻撃で一揆軍を全滅させた。幕府軍の記録によると、一揆軍の中で幕府に内通していた山田右衛門作だけが助命され、その他は老人や女子供に至るまで一人残らず皆殺しにされたという。この時の様子を、幕府軍の総大将であった松平信綱の子・松平輝綱(武蔵川越藩の第2代藩主)は『島原天草日記』の中において「(前略)剰つさえ童女の輩に至りては、喜びて斬罪を蒙むりて死なんとす、是れ平生人心の致すところに非らず、彼宗門に浸々のゆえ也」などと記し、一揆軍は殉教を重んずるキリシタンの信仰ゆえに全員が喜んで死を受け入れたとする旨を語っている。

幕府軍は乱の終結後、原城が再び一揆の拠点として使用されることのないよう徹底的に破壊し、虐殺された一揆軍3万7千人の遺体は廃墟となった原城の敷地内にまとめて埋められた。その一方で、島原藩主の松倉勝家は苛政により乱を引き起こした責任から、大名としては前例のない罪人としての扱いである斬首に処せられたと伝えられる。

発掘調査...

原城の口コミ情報

織田修理大夫晃司様[2017年05月09日]
本丸のそば、ホネカミ地蔵の前に駐車場があります。満車の場合は国道251号沿いに駐車場があります。

島原の乱後、幕府により徹底的に破却されたが、近年の発掘調査により城郭が甦りつつある。

内馬場跡付近には築城当時の石垣が残っており、その先にある1本の樹木と向こうに見える海のシチュエーションはどこか海外チック。

三の丸付近には温泉があります。

カーネル様[2016年05月09日]
日野江城を出て南下し、国道251号にでたら右折して川を渡ります
この道も南へ向かうのでひたすら南下。途中に原城にゆかりがありそうな天満神社に参拝する(原城の文字があったので)
南下を続けると、原城のでっかい看板があるのでそれに従います

緩やかに舗装路を登り、二ノ丸とでっかい空堀を越えると到着です

城は反時計回りに、内馬場、大手口、本丸、池尻口門跡を経て1周しました
帰りは、道なりに舗装路を進み、国道に突き当たるところに島鉄バスの原城前バス停があるので、これで帰りました

バスの時間を考慮して、かなりゆっくり見て回ったのもあり、帰りのバス停についたのは、日野江のバス停を降りてから3時間半後でした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

虎姫豊前守様[2016年02月28日]
史跡巡り周遊バスが期間限定で運行されています。2016年2月20日から3月21日までです。原城温泉真砂→原城→有馬キリシタン遺産記念館→日野江城→記念館→原城→原城温泉真砂と巡ります。木曜は有馬キリシタン遺産記念館がお休みなので、記念館には止まりません。私は原城から記念館まで利用しました。記念館は、歴史、縄張り等勉強になりました。次は日野江城にも行ってみたいです。

コロ助様[2015年03月28日]
島鉄バスターミナルからバスで55分程、原城前で下車。バス停すぐが三の丸、本丸までは徒歩15分程。ほぼ原っぱ&一部ネギ畑な感じですが、曲輪はかなり広範囲に残っていています。

本丸の土塁や石垣は綺麗に整備されていて、本丸前の空堀はとても立派です。二の丸で、最近新たに木を切って草刈りした様な場所がありました。世界遺産暫定リストに登録された事で、整備・保全に力を入れられているとしたら、とても嬉しいです。

海の真ん前!という、素敵なロケーションです。海岸の遊歩道に回って見ると、本丸の切り立った感じがとても良く分かります。原城から日野江城までは、徒歩50分程です。

June02様[2011年01月16日]
バス降車時から始まる城郭散策、素晴らしかったです。
緩やかな坂道に三ノ丸、二ノ丸、空堀そして本丸。梯郭式を意識してしまいました。
また、本丸櫓台跡からの風景も素晴らしく、北に雲仙岳、南に島原湾、日暮城の名前通り、1日眺めていても飽きないかも知れません。
でも、乱の舞台なんですよね。
写真は、本丸跡の石垣と櫓台跡です。櫓台跡上の影はカップルです。爽やかに感じました
乱後、復興政策として、この辺は小豆島からの移住があったそうです。
南有馬町と小豆郡内海町は姉妹町提携を結んでいる様です。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore