聖通寺城(しょうつうじじょう)

聖通寺城の基本情報

通称・別名

聖通寺山城、宇多津城

所在地

香川県綾歌郡宇多津町平山

旧国名

讃岐国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

奈良元安

築城年

応仁年間(1467〜1469)

主な改修者

主な城主

奈良氏、仙石秀久、尾藤知宣、生駒親正

廃城年

天正16年(1588)

遺構

曲輪、土塁、切岸

指定文化財

再建造物

石碑(聖通寺山城)

周辺の城

丸亀城(香川県丸亀市)[4.7km]
城山(香川県坂出市)[5.9km]
高屋城(香川県坂出市)[6.4km]
塩飽勤番所(香川県丸亀市)[9.2km]
笠島城(香川県丸亀市)[9.5km]

聖通寺城の解説文

聖通寺(しょうつうじ)は、香川県綾歌郡宇多津町にある寺院。真言宗御室派に属する。山号は壺平山。本尊は沖薬師如来と称する薬師如来。さぬき三十三観音霊場三十一番。

歴史
伝承によれば、天平年間(8世紀半ば)行基によって釈迦院として創立され、貞観10年(868年)、聖宝(理源大師)が再興して寺号を聖通寺と改めたという。本尊の石造薬師如来像(沖薬師如来)は、寺伝によれば聖宝が当寺を再興した際、漁師の網にかかって海中から引き揚げられたものとされ、像にはフジツボが付着している。

寺は坂出市と宇多津町にまたがる聖通寺山(標高117.8メートル)の西麓に位置する。聖通寺山は、もとは瀬戸内海に突きだした岬であったとされ、旧石器時代から人が生活していた。頂上には積石塚古墳があり、室町時代には聖通寺城が築かれた。

交通アクセス
JR予讃線宇多津駅から東に1㎞進んだ聖通寺山の西腹に位置する。宇多津駅より徒歩15分。

聖通寺城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。