丸亀城(まるがめじょう)

丸亀城の基本情報

通称・別名

亀山城、蓬莱城

所在地

香川県丸亀市一番丁

旧国名

讃岐国

分類・構造

輪郭式平山城

天守構造

独立式層塔型[3重3階/1660年築・1877年改/現存]

築城主

奈良元安

築城年

室町時代前期

主な改修者

生駒親正、山崎家治

主な城主

生駒氏、山崎氏、京極氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、天守、門、長屋、番所、石垣、横堀(水堀)

指定文化財

国重要文化財(天守(附指定)木札、大手一の門、大手二の門(附指定)東西土塀)、国史跡(丸亀城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

聖通寺城(香川県綾歌郡)[4.7km]
多度津城(香川県仲多度郡)[5.3km]
垂水城(香川県丸亀市)[6.7km]
甲山城(香川県善通寺市)[6.9km]
天霧城(香川県仲多度郡)[8.2km]

丸亀城の解説文

丸亀城(まるがめじょう)は讃岐国、現在の香川県丸亀市にあった日本の城である。別名、亀山城(かめやまじょう)、蓬莱城(ほうらいじょう)ともいう。

概要
丸亀市街地の南部に位置する亀山(標高66メートル)を利用し、縄張りはほぼ四角形で亀山の廻りを堀(内堀)で囲む、渦郭式の平山城である。石垣は、緩やかであるが荒々しい野面積みと端整な算木積みの土台から、頂は垂直になるよう独特の反りを持たせる「扇の勾配」となっている。山麓から山頂まで4重に重ねられ、合わせると60メートルになり、総高としては日本一高く、三の丸石垣だけで一番高い部分は22メートルある。誤解されやすいが、あくまで総高としての日本一であり、単体としての日本一高い石垣は大坂城で、僅差で上野城が続いている。ちなみに大坂城と上野城の高さは共に約30メートルである。

頂部の本丸には江戸時代に建てられた御三階櫓が現存する。この建物は唐破風や千鳥破風を施して漆喰が塗られ高さは15メートルあり、現存三重天守の中で最も小規模である。

内堀の周囲には侍屋敷が建ち並び、この周囲を外堀が方形に取り囲んでいた。侍屋敷は明治時代に大半が取り壊され跡地に善通寺第11師団の丸亀歩兵第12連隊、裁判所や小・中学校などが建てられた。外堀は明治頃まで存在していたが、琴平参宮電鉄の路線延長とその後の廃線や旧国道11号(県道33号線)の整備などにより、年とともに減少し、一部残されていた南側の箇所も今は埋め立てられ、外濠緑道公園として整備されている。

城跡の全域は国の史跡に指定されており亀山公園となっている。天守のほかに大手一の門・大手二の門・御殿表門・番所・長屋が現存しており、そのうち天守・大手一の門・大手二の門は重要文化財に指定されている。天守の最上階からは、瀬戸大橋など瀬戸内の風景を眺めることができる。陸上自衛隊善通寺駐屯地に所属するレンジャー隊員による美しい石垣を守るための清掃が行われている。

絵図と共に幕府に提出されたという「丸亀城木図」という木型の立体模型が残っている(丸亀市立資料館所蔵)。木型模型の現存例は丸亀城のものしかなく非常に珍しい。これは平成4年に丸亀市の指定有形文化財になっている。

歴史・沿革
室町時代・安土桃山時代
室町時代初期 - 管領・細川頼之重臣の奈良元安が亀山に砦を築く。
慶長2年(1597年) - 豊臣政権の時代、生駒親正が讃岐17万石を与えられ高松城を本城とし、亀山に支城を築く。
慶長7年(1602年) - 6年の歳月を要し、ほぼ現在の城郭が完成。

江戸時代
元和元年(1615年) - 一国一城令により破却の危機にさらされるが、時の藩主・生駒正俊は要所要所を樹木で覆い隠し立ち入りを厳しく制限。城を破却から守った。...

丸亀城の口コミ情報

青き巨星弾正忠かみさん様[2017年05月12日]
丸亀城のお城メダルは売店で売っています。1枚500円です。
メダルに打刻する機械はありません。
売店の人の話では、半年前までお城メダルは無く、やっと作ってくれたそうです。

五瓜に唐花紋大納言や〜きみ様[2017年05月08日]
駐車場はありました。
石垣凄いですよ。
写真で見てから何年も行ってみたい気持ちを貯めてから行ったからひとしおです。

天守閣は小さいですが、あの石垣で高いところにあるから、敢えて大きいのは必要無しです。

織田修理大夫晃司様[2017年03月22日]
城内の無料駐車場に停めて見えるのが幾重にも連なる石垣の上に建つ天守。
中でも三の丸の高石垣は圧巻で、美しい。
小さな天守だが、大きく見せる工夫もされている。

丸亀城の美しさは石垣あってだが、石工・羽坂重三郎の石垣伝説の悲劇は有頂天になった者への教訓であり、身勝手な為政者の怖さという悲しい話がある。

みーしか備前守様[2017年03月13日]
これまで年末年始の期間しか行われなかった石垣のライトアップですが、今年度は10月からやっていたみたいです。石垣を照らす照明もこれまでの水銀灯から変えたみたいで、随分印象が変わりました。ライトアップの範囲は全ての石垣ではなく本丸と二の丸のみですが、山上に浮かぶその様は壮観です。予定が合うようでしたら是非お立ち寄りください。夜に登城される方は足元に注意してくださいね。

常陸入道ねんさい和泉守様[2016年12月27日]
1705年宝永2年、江戸で前代未聞の尼崎里也による娘仇討ちがありました。
丸亀藩弓組足軽の尼崎幸右衛門が同僚の岩内伝内に殺害されました。幸右衛門の妻は美人で有名で伝内が目をつけ何度も言い寄り、幸右衛門不在時に留守宅に押しかけ妻に言い寄っていました。その時、幸右衛門が帰宅し、伝内と争いになり斬殺されます。幸右衛門の妻は当時2歳の娘里也を連れて逃げ出します。親類に身を寄せるも翌年妻は病死して、里也は叔父夫婦に養われます。
18歳の時に父が殺されたことを聞いて、仇討ちを決意します。江戸の旗本永井家で奉公しながら剣術修行をして腕を上げます。里也は江戸の武家屋敷を転々として父の敵である岩内伝内を探します。里也30歳の時にようやく伝内を見つけました。
丸亀藩江戸屋敷に行き仇討ちを申請して藩もこれを許します。藩もこの娘の仇討ちを助けて、仇討ちの場所として江戸郊外に用地を購入します。
里也は岩内伝内を討ち父親の仇討ちに成功します。この娘仇討ちは江戸市中はもちろん全国に広がります。当時の丸亀藩主京極高或も絶賛します。里也は京極家の侍女として召し抱えられて、79歳で世を去ります。

もりんウイン式部大輔VOW様[2016年08月20日]
石垣が素晴らしいだけに逆の勾配がきつく 脚力が無いと足が棒になります 汗拭きや飲み物持って登るのが良いかも

まー武蔵守様[2015年10月11日]
丸亀城においてゲームコラボ開催してました。天守において3種類のカードのうち一つをGET出来ました。駐車場は資料館のあたりで無料です。また大手門公開中でした。

野呂利駿河守休三7/29様[2015年03月03日]
渦巻き状に山を覆い尽くす高石垣の景観もさることながら、そこから望む景色も最高。丸亀平野を一望し、北は瀬戸内海、南は讃岐富士や讃岐山脈を視野におさめる眺望もこの城の重要な「武器」だと思います。

ООトマシ様[2014年08月25日]
訪れた日は8月24日(日)、折しも丸亀婆沙羅まつりの只中でした。
市中、舞びとの汗とジャンクフードのにおい、大音響の中を、駅からまっすぐ丸亀城に向かいます。
城下からまさに見上げる感じでかわいらしい天守が鎮座しています。
枡形大手門をくぐり、左手へ行くとかなりの勾配の天守に通じる坂です。
ほかのなだらかなルートもあるのでしょうか。
天守の中の階段もなかなか手強いです。
婆沙羅まつりについて後で調べたところ、藩主の京極氏の祖先である佐々木道誉が婆沙羅大名の異名を持ち、その名に因んだお祭りだったようです。イベントの一環で城内でMCしていた吉本住みます芸人さんに「避難ですか」と突っ込まれましたが、由来を知って、また近江との関係性が深いことに個人的に感動しました。
瀬戸大橋のおかげで米原からも新幹線だと2時間半かかりません。日帰り攻略可能です。

ŧ‹”ŧ‹”。様[2014年03月22日]
駅の観光案内所に天守の入場割引券があります。
駅からは、徒歩で約15分で大手門まで。
そこから、天守までは10分くらいかかります。
注意すべきは、天守が16時で閉まりますので
100名城スタンプも通常は天守に
置いてあるため時間に気をつけて下さい。
もし、間に合わなくなった場合
大手門を抜けた城内おみやげショップで
頼みこんでみましょう!

見どころは、随所にありますが
石垣や天守はもちろんのこと
時間のある方は、城内を散歩がてら
内堀を一周されてもいかがでしょうか?

搦手や、野面積みの石垣や
京極氏の家紋が、いろんなところで
見受けられます。

みーしか備前守様[2014年01月12日]
【ライトアップ情報】
普段は天守しかライトアップされませんが、年末年始に限り高石垣と北側の大手門桝形がライトアップされます。昼とはまた違った雰囲気が楽しめますが、足元が暗いので懐中電灯があると良いかも。ライトアップの時期は香川県、丸亀市観光協会のHPにてアナウンス有。

尾張守ひろっちぃ様[2012年08月18日]
とにかく石垣が凄い。近くはもちろん車窓からみても凄すぎ

加藤豊後守清正様[2011年06月08日]
山城に高石垣を築き、更にその上に高石垣をもって廻りを櫓で囲み固める様な形で、防御制も高く実用的な感じがします。熊本城のような感じ(普通なら天守中心で廻りを櫓四隅で固めるなどする)遠くから見ると、扇の勾配が美しいです。実に素晴らしいお城です!

左近衛大将M三郎様[2010年11月07日]
丸亀城は、扇の勾配が美しい一級品の石垣と最小の現存天守が残る見応えのある城です。大手門は、現在、城下町に臨み北側にありますが、これは京極氏の時代に移築されたもので、城の修築を行った山崎氏の代には南側にあったのだそうです。登城の際には是非、南側へ降りてみてください。城づくり名人山崎氏の思いが伝わる遺構が残ります。

tomm加賀守様[2010年09月13日]
大手門内も忘れずに見学しましょう!

天守閣の割引券は丸亀駅の観光案内所にもあります。

丸亀城木図は常設されていないのが残念です

讃岐うどんも食したいですね

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore