弘前城(ひろさきじょう)

弘前城の基本情報

通称・別名

鷹岡城、高岡城

所在地

青森県弘前市大字下白銀町1-1

旧国名

陸奥国

分類・構造

梯郭式平山城

天守構造

型式不明[5重6階?/1610年築/焼失(落雷)]、独立式層塔型[3重3階/1810年再/現存]

築城主

津軽為信、津軽信枚

築城年

慶長16年(1611)

主な改修者

津軽寧親

主な城主

津軽氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、土塁、水堀、天守、櫓、門、石垣

指定文化財

国史跡(津軽氏城跡)、国重要文化財(天守・辰巳櫓・丑寅櫓・未申櫓・三の丸追手門・三の丸東門・二の丸南門・二の丸東門・北の郭亀甲門)

再建造物

二の丸東門与力番所、石碑、説明板

周辺の城

和徳城(青森県弘前市)[1.7km]
大浦城(青森県弘前市)[4.4km]
笹森館(青森県弘前市)[5.4km]
大和沢館(青森県弘前市)[6.2km]
堀越城(青森県弘前市)[6.2km]

弘前城の解説文

弘前城(ひろさきじょう)は青森県弘前市にあった城である。別名・鷹岡城高岡城。江戸時代に建造された天守や櫓などが現存し、また城跡は国の史跡に指定されている。江戸時代には津軽氏が居城し弘前藩の藩庁がおかれた。

概要
江戸時代には弘前藩津軽氏47,000石の居城として、津軽地方の政治経済の中心地となった。城は津軽平野に位置し、城郭は本丸、二の丸、三の丸、四の丸、北の郭、西の郭の6郭から構成された梯郭式平山城である。創建当初の規模は東西612m、南北947m、総面積385,200平方mに及んだ。現在は、堀、石垣、土塁等城郭の全容がほぼ廃城時の原形をとどめ、1棟の天守、3棟の櫓、5棟の櫓門が現存する。天守は日本に12箇所残されている現存天守(江戸時代以前に建造された天守を有する城郭)の1つであり、国の重要文化財に指定されている。司馬遼太郎は『街道をゆく - 北のまほろば』で、弘前城を「日本七名城の一つ」と紹介している。

歴史・沿革
安土桃山時代
1590年 南部氏に臣従していた大浦為信は、小田原の役の際に豊臣秀吉より南部氏に先駆けて45,000石の所領安堵の朱印状を受ける。大浦を津軽と改姓。
1594年 為信、堀越城(弘前市堀越)を築き大浦城より移る。しかし、軍事に不向きであることを理由に新城の候補を鷹岡(現在の弘前城の地)に選定。
1600年 為信は関ヶ原の戦いで東軍に付き、徳川家康より2,000石の加増を受け47,000石の弘前藩が成立。

江戸時代
1603年 為信、鷹岡に築城を開始。
1604年 為信、京都にて客死し、築城は中断する。
1609年 2代信枚(信牧)、築城を再開。堀越城大浦城の遺材を転用し急ピッチでの築城を行う。
1611年 僅か1年1か月で弘前城落成。
1627年 落雷により5層5階の天守を焼失。以後、200年近く天守のない時代が続いた。
1810年 9代藩主津軽寧親、3層櫓を新築することを幕府に願い出て、本丸に現在見られる3層3階の御三階櫓(天守)が建てられた。

近代
1871年(明治4年) 東北鎮台の分営が置かれた。...

弘前城の口コミ情報

式部卿京の御恩と奉公と問屋様[2017年07月16日]
超有名な天守はもちろんのこと、櫓や門も現存ですが、土塁も多く残っててテンション上がり建造物そっちのけで土塁ばかり眺めてました笑
30℃越えの日に行ったので歩き回ってクタクタになったところ本丸近くの武徳殿休憩所でひと休み。1杯250円のリンゴジュースが激ウマでした!さすがリンゴ生産量日本一の弘前ですね。

城から20~30分ほど歩くと津軽家の菩提寺の長勝寺があります。
歴代藩主の遺品も少し展示されており、藩祖為信公の陣中仏?(名称忘れました)もありました。

旧弘前市立図書館など洋館も残っておりお城以外の名所もオススメです!

五瓜に唐花紋参議や〜きみ様[2017年05月09日]
駐車場は以外と沢山あります。
桜の名所です。
天守閣は小さいですが、縄張りは広く残っているのでくまなく見ると二時間くらいかかりましたね。
アップダウンないけど広かったです。

ハチミツ民部卿様[2016年10月03日]
JR弘前駅からバスで行きました。市内循環バス(100円バス)が、4月~11月は、10時~18時迄、10分間隔であるようですが、私は早く着いたので、路線バスで市役所前まで行きました。路線バスは、200円でした。
市役所前で降りると、弘前公園に入れます。
追手門から入り、植物園を横目に、二の丸未申櫓や、立派な蓮池を見ながら、本丸を目指します。
途中、有料区域の看板があり、桜の時期以外は、9時~17時は有料になっていました。(桜の時期は、7時から有料のようです。)
私は早く着いたので、無料で散策できました。
本丸を堪能した後、北の郭や四の丸を見学し、北門から出ました。北門を出ると、津軽藩ねぷた村に行けます。
桜の季節は綺麗だろうなと思える桜のトンネルもあり、素敵なところでした。

コロ助様[2015年10月01日]
曳屋体験してきました。

受付で軍手を貰う→市役所の方のお話→ラジオ体操津軽弁ver→曳屋→弘前城曳屋体験証明書を貰う、という流れ。

軍手は参加日で色が異なるそうで、私の参加した25日は青色。
証明書は「あなたは弘前城本丸石垣修理事業において天守を自らの手で動かしたことをここに証明します」と書かれたハガキサイズ。裏面に、弘前市のゆるキャラ・たか丸くんが天守を両手(両翼?)で抱え運んでいる可愛いイラスト。

太鼓の音に合わせ綱を引き、15㎝動かしたら終了。
5分程で15㎝動かしたのですが、力一杯綱を引いても砂利で足が滑るだけで1㎜も動かした実感無し。
私は、ブカブカの軍手をしてジタバタしただけ。天守を動かしたなんて、とても言えません。他の方々が天守を動かしている所にちゃっかり混じったくらいの感覚ですが、貴重な体験をさせて頂きました。

武徳殿でお殿様・お姫様の衣装着て撮影出来ます(無料)。個人的に、曳屋職人さんの法被がカッコよかったので、あの法被が着たかった。

弘前駅改札前にある天守模型が、綱を引いて動かせる曳屋verになっています。駅ナカで曳屋が出来ます。

まー武蔵守様[2015年09月23日]
9/22の曳屋体験を見学しました。実際に体験された方は橙色の軍手と曳屋体験認定証を頂いてました。さて午前9時前に入城したため発券所の方に聞いたら自由に入っていい、ってことで無料でした。
職人さんに聞いたところ普段は油圧ジャッキによる移動で1日5m進ませるとのこと。はじめのうちは台座から3m降ろしたりまた向きを変えたりで慎重に作業に取り掛かってたと聞かされた。曳屋によるレールは鉄道のレールを使用している。また展望台にいるスタッフからはすぐそばに『保存格納庫』と書かれた建物について聞くと職人さんの事務所だということだ。では天守内の展示物は?というと数カ所に保存してあるが来年の4月1日に移動後の天守公開時にはもともとあったものが戻ってこないかも、と言われた。書物などは保存施設のあるところに移転展示するそうです。曳屋体験のほうは10時からのを見たが後ろで機械が支えているがお子さんも多い中ですんなり予定の15㎝をクリアしたが実際は機械で操作したと思われる。はじめのうちは人力のみで行ったと思われる。ビクともしなかったから。

陸前守仙臺むすび丸JUN様[2015年09月22日]
今朝のNHK朝のニュース「おはよう日本」で弘前城天守の移動を伝言板で知り、途中から見ましたが、曳屋体験イベントの期間を弘前公園HPで確認しました。体験希望は既に締め切られていますが、今週末の27日(日)まで。時間は①10時〜、②11時〜、③14時〜、④15時〜の1日4回実施。一回あたり100人で曳き、約10㎝移動するとのこと。本丸・北の郭に入るための入場料を払えば、曳屋展望デッキから見学できるようです。
実際、曳屋体験や見学した方のレポートが口コミにアップしてくださるのを楽しみに待ってます!

永眠武蔵守釋 葱進様[2015年08月20日]
天守曳屋スケジュール
一次移動(22.3m):8/28~9/4
一度目の回転:9/15~16
曳屋体験:9/20~27
二次移動(29.9m):9/28~29
二度目の回転;9/30~10/7
三次移動(23.8m):10/12~17

(陸奥新報別刷特集より抜粋)

摂津守@次は豊後待ち遠し様[2015年06月19日]
天守の移設は本丸中央に70mとか。
1日50~100cmずつ移動し、今回は100年ぶりの移設とのこと。
100年前に人力で曳屋を使って400トンを移設させてたことも驚きました。
移動中は展望デッキが特設されるそうです。

参議一之介様[2015年05月02日]
平成27年のさくらまつり終了後に、天守は一時閉鎖され、天守台の石垣修理のため、本丸側に移動されます。そして、8月から10月の間に移動先での再公開が開始されます。
石垣修理には10年を見込んでいるそうで、再び元の場所に戻されるのは、平成35年だそうです。

kaz様[2015年03月18日]
昨年7月に訪れた。
移動まえだった。
今年の桜の時期に行ってみたいて

三日陸奥守落人様[2014年05月06日]
さくら祭りの時期はものすごい混雑&周辺道路の渋滞があり、クルマの場合は早めの駐車場確保が必要と思います。
ただ、桜は本当に見事。祭りも城内一帯にさまざまな出店やショーが出てて、お城好きでなくとも楽しめますよ~

ちなみに弘前城周辺のカフェでは各店で特徴を競ったアップルパイを作っていて、スイーツ好きなら見逃してはなりませんぞ!

上杉鷹山公様[2014年05月05日]
近くの革秀寺に、津軽為信公のお墓があります。見学は予約必要です。

ファン太様[2014年04月26日]
石垣工事のためにお城を曳屋するんですよね!
よって石垣×城×桜の絶景は今春きりで暫くお預けになります…
その前にお城を攻めるぞ!と、今まさに早馬を走らせ弘前へ向かってます

てっちゃん掃部頭50様[2014年04月26日]
今秋より本丸石垣修復工事が始まります
(工期10年の予定)

お堀に映える 天守と桜は来年以降しばらくお預けになりそうですネ !?

摩利支天様[2013年09月24日]
本丸の鬼門である北東の石垣は
鬼門崩しの石垣と呼ばれ、
鬼門除けの為に角を無くし
隅が削られた形になっています。

なお鬼門の押さえとして、
大浦城の鎮守として大浦城下にあった神社を
弘前城の北東1.5キロの地点に遷座しました。
そしてこの神社は弘前八幡宮と社号を改め、
弘前総鎮守として今も厚く崇拝されています。

みっお様[2012年12月19日]
昨日までも積雪はあったものの、
今日は朝方からえらく雪が降っていると地元のお姉さんが話してくれました。
そんなこんなで、弘前城公園内には保全作業をしてる人達か私位しかおらず、真近に行くまで天守閣も臨めない程に雪がしんしんと降っていました。
でもやはり、雪が降りしきる中の天守閣は趣があります。
桜の季節はモチロンですが、雪の弘前城もオススメです!ただし天守閣には入れません。
もし、雪の季節に行かれる際は、追手門すぐの弘前市立観光館で長靴を無料レンタルされることをオススメします☆傘も貸してもらいました。つけまのお姉ちゃんがホント優しくて、弘前大好きになりました!
私は弘前まで夜行バスで行きましたが、バスターミナルの近くには24Hのマクドナルドやガストもあります。
弘前駅からも弘前市役所方面行きのバスがそれなりに出ていますし、10~17時の間は市内循環100円バスが10分単位で走っているのでとても便利です。
唯一の敵は寒さです。あたたかくしてお出かけください( ´ ▽ ` )ノ

尾張守ひろっちぃ様[2012年09月16日]
3連休利用で攻略。でも弘前城はやっぱりがないと寂しい。今日は馬の大会があって賑やか。気に入って朝からライトアップの時間までいました。それにしても暑かった。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore