盛岡城(もりおかじょう)

盛岡城の基本情報

通称・別名

(不来方城)

所在地

岩手県盛岡市菜園1-1-3

旧国名

陸中国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

御三階櫓[3重/1633年築/焼失(失火)]、独立式層塔型[3重3階/1676年再/破却]

築城主

南部信直

築城年

慶長3年(1598)

主な改修者

南部重直

主な城主

南部氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀、移築土蔵、門

指定文化財

国史跡(盛岡城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

厨川柵(岩手県盛岡市)[3.1km]
志波城(岩手県盛岡市)[4.0km]
見前館(岩手県盛岡市)[6.4km]
徳丹城(岩手県紫波郡)[10.4km]
日戸館(岩手県盛岡市)[12.2km]

盛岡城の解説文

盛岡城(もりおかじょう)は岩手県盛岡市(陸奥国岩手郡)にあった日本の城である。国の史跡に指定されている。別名は不来方城(こずかたじょう)であると一般に理解されているが、厳密には盛岡城の前身であり両者は別の城郭である。

概要
「盛岡城」は南部(盛岡)藩南部氏の居城である。西部を流れる北上川と南東部を流れる中津川の合流地、現在の盛岡市中心部にあった花崗岩丘陵に築城された連郭式平山城である。本丸の北側に二の丸が配され、本丸と二の丸の間は空堀で仕切られ現在は朱塗りの橋が架かっているが、存城当時は廊下橋(屋根付橋の一種)が架けられていた。さらにその北側に三の丸が配され、本丸を囲むように腰曲輪、淡路丸、榊山曲輪が配された。本丸には天守台が築かれたが、幕府への遠慮から天守は築かれず、天守台に御三階櫓が建造され代用とされた。後、1842年(天保13年)に12代利済により天守へと改称されている。

白い花崗岩で組まれた石垣は、土塁の多い東北地方の城郭の中では異彩を放っている。建造物は明治初頭に解体され、現存するものは少なく、城内に移築された土蔵と、市内の報恩禅寺(名須川町1-5)に移築されたとされる門が残る。なお、移築門については城門であった確証は得られていない。また、清水寺に、いずれかの門か定かではないが城門が、木津屋本店奥土蔵(南大通3-20)、岩手川(旧・浜藤酒造、鉈屋町10番)に土蔵が再移築され現存する。また、徳清倉庫(仙北1-13-7)に二の丸にあった勘定奉行所の一部が移築されている。

現在の盛岡城址は「岩手公園」としたとして整備され、当地出身の宮沢賢治の詩碑や、石川啄木の
:不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心
と刻まれた歌碑などが公園内にある。

歴史・沿革
近世以前
平安時代後期にあっては、清原武則の甥橘頼為の本領として『陸奥話記』に記された「逆志方」とは、不来方のことであるという説がある。

近世
-安土桃山時代-
1590年(天正18年) 陸奥国北部を勢力下に置く南部氏は、安土桃山時代に天下統一を果たした豊臣秀吉より、当主の南部信直が10万石の所領を安堵された。
1591年(天正19年) 九戸政実を倒し、三戸城から九戸城(のち「福岡城」と改める。現在の二戸市福岡に当たる。)に本拠を移した。
1592年(文禄元年) 蒲生氏郷や浅野長政より九戸では北辺に過ぎるとの助言を受け、不来方の地を本拠とすべく整地を開始。
1598年(慶長3年) 京都にあった信直は嫡男の利直に築城を命じ、兵学者の内堀伊豆を普請奉行として築城に着手した。...

盛岡城の口コミ情報

五瓜に唐花紋権大納言や〜きみ様[2017年05月09日]
石垣が残っています。
遺構はわりと広いです。
私が行ったときはお祭りなのか出店が沢山でてました。

左兵衛督五郎八姫様[2017年05月08日]
岩手公園(盛岡城跡公園)の敷地に隣接して主な南部氏を合祀した櫻山神社があり、県内有数のパワースポットだそうです。その近くにもりおか歴史文化館あり。少し足を伸ばせば名所、石割桜があります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore