高水寺城(こうすいじじょう)

高水寺城の基本情報

通称・別名

斯波館、郡山城

所在地

岩手県紫波郡紫波町二日町字古舘21-2

旧国名

陸中国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

斯波家長

築城年

建武2年(1335)

主な改修者

主な城主

斯波氏

廃城年

寛文7年(1667)

遺構

土塁、横堀(空堀)、門跡、建物跡

指定文化財

町史跡(高水寺城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

樋爪館(岩手県紫波郡)[3.5km]
徳丹城(岩手県紫波郡)[4.8km]
見前館(岩手県盛岡市)[8.7km]
寺林城(岩手県花巻市)[11.1km]
太郎館(岩手県紫波郡)[14.6km]

高水寺城の解説文

高水寺城(こうすいじじょう)は、岩手県紫波郡紫波町日詰字古舘および高水寺にある中世の山城跡。
その名称は、高水寺という寺の一部が城柵として用いられたことに由来する。

南部氏が居城を盛岡城に移した後の寛文7年(1667年)に廃城となった。

歴史・沿革
高水寺城に本拠を構えた斯波氏は、元は足利尊氏の祖に連なる家系で、そのルーツは、奥六郡に攻め入り、安倍氏を攻略した源頼義・源義家である。

父祖が名を上げたゆかりの地に進出して、足利泰氏の子の代から斯波氏を名乗る。斯波を称したのは、古代「斯波郡」(現在の紫波郡)に拠点を置いたことにより、
現在の紫波郡・花巻市などを支配した。

中央政界にも名を高めた斯波氏は、細川氏・畠山氏とともに室町幕府の管領家であり、事実上の筆頭であった。
斯波氏はその権威の高さから「斯波御所」とも称され、斯波詮高の次男は滴石(岩手県雫石町)で「滴石御所」、三男は猪去(盛岡市猪去)で「猪去御所」を名乗り、あわせて「三御所」とも呼ばれた。1588年(天正16年)に南部信直の攻略を受け滅んだとされる。

その後、南部信直は高水寺城を「郡山城」と改め、盛岡城完成までの間一時的な居城とした。これにより日詰郡山駅は河港として栄え、近江商人が多数進出した。

奥州管領であった奥州斯波氏斯波家兼の子・斯波兼頼は延文年間に出羽国へ進出しのちに羽州探題となり、現在の山形市の基礎をつくった。
高水寺斯波氏と奥州斯波氏との関係には諸説ある。

高水寺城の口コミ情報

まー武蔵守様[2017年06月30日]
城山公園としてかつては賑わっていただろうが現在はまばら。駐車場は第1から第5まであり困らない(笑)
ここの模擬石垣は有名らしい。
公園ですが除草作業もしてないため草はボーボーです。トイレは駐車場にあります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore