三戸城(さんのへじょう)

三戸城の基本情報

通称・別名

留ヶ崎城

所在地

青森県三戸郡三戸町梅内城ノ下

旧国名

陸奥国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

独立式層塔型[3重4階/1967年築/RC造模擬]

築城主

南部晴政

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

蒲生氏郷

主な城主

南部氏

廃城年

貞享年間(1684〜1687)

遺構

曲輪、横堀(空堀)、腰曲輪、石垣、土塁、門、御台所、

指定文化財

町指定建造物(龍川寺山門、法泉寺山門、観福寺山門、すべて移築城門)

再建造物

模擬天守(三戸町立歴史民俗資料館)、石碑、説明板

周辺の城

聖寿寺館(青森県三戸郡)[3.4km]
目時館(青森県三戸郡)[3.6km]
剣吉城(青森県三戸郡)[9.5km]
堀野館(岩手県二戸市)[10.6km]
田子館(青森県三戸郡)[11.3km]

三戸城の解説文

三戸城(さんのへじょう)は日本の城の一つ。青森県三戸郡三戸町梅内にある。通称・留ヶ崎城。

概要
三戸城跡は、三戸市街地のほぼ中央に位置し、馬淵川と熊原川の浸食によって形成された河岸段丘上にある連郭式山城である。両河川を天然の水堀とし、周囲より孤立した台地で、低地との比高差は約90mを測り、規模は東北から西南方向に約1.5km、北西から南東方向に約400mである。

近世の城絵図によると、城の中心に位置する大御門から東側は本丸をはじめとする城の主要部で、大手門から本丸手前までは一門や重臣の屋敷、北東側(裏手)には直臣達の屋敷、そして城下の周りにその他の家臣達が配置されている。

現在は城山公園として整備され、昭和42年(1967年)に模擬天守が築かれ「温故館」の名で歴史資料館となっている。平成元年(1989年)には山麓に綱御門が復元された。

沿革
伝承によると領主南部晴政の代の天文8年(1539年)に、聖寿寺館(本三戸城)が家臣の放火により焼失、その後この地に築いたものと伝えられる(下斗米家譜)。同時代において、三戸南部氏が勢力を拡大し続け、肥大化した組織の統制をはかる根城が必要となったため、当城へ居を移したとする見方もある。

晴政・晴継が相次いで没すると、天正10年(1582年)田子信直(南部信直)が三戸南部氏の家督を継ぎ三戸城へ入城、信直の代へと変わる。

天正18年(1590年)に小田原征伐へ参陣した信直は豊臣秀吉所領安堵の五カ条からなる朱印状が交付され、南部信直は領内にある家中の城館の破棄を命ぜられ、また家中の妻子は、南部氏の居城下に集合を厳命されていることから、三戸城が南部氏の居城となったと考えられる。

天正19年(1591年)九戸一揆平定後、奥州仕置軍を率いた蒲生氏郷らにより、三戸城は近世城館のシンボルといえる石垣を持った城へと普請される。その際に本丸に三層三階の御三階櫓が上げられたと考えられている。

寛永10年(1634年)に盛岡城が居城と定められて、三戸城は御古城と呼ばれ、城代が預かる形となったが、石垣の補修や御掃除奉行が設置されるなど、藩主より管理を疎かにしないように働きかけがなされている。

貞享年間(1684~88年)、城代が廃されて三戸代官の支配となった。...

三戸城の口コミ情報

軍師J万次郎マイリバ様[2012年05月03日]
「三日月の丸くなるまで南部領」と謳われた南部氏の居城に似つかわしくない残念な天守閣に愕然としたら、お口直しに綱御門までどうぞ(^^)d
三戸は11ぴきのねこシリーズの作者・馬場のぼるさんの故郷ということで、昨年訪城した際は城内の資料館で特別展を開催してましたよ

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore