区界館(くざかいだて)

区界館の基本情報

通称・別名

所在地

岩手県宮古市区界

旧国名

陸中国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

近能氏

廃城年

遺構

曲輪

指定文化財

再建造物

周辺の城

徳丹城(岩手県紫波郡)[16.3km]
見前館(岩手県盛岡市)[16.6km]
盛岡城(岩手県盛岡市)[17.8km]
高水寺城(岩手県紫波郡)[18.4km]
日戸館(岩手県盛岡市)[19.7km]

区界館の口コミ情報

けむ陸中守太郎様[2017年12月02日]
【追加情報】
文化財調査報告書第6集「川井村の館跡(川井村教育委員会)」の情報です。参考にして下さい(^^)/
周辺図、詳細図もあります。

1)見張台、烽火台のあったところと一般には言われている。
2)田代館の出城の砦(伝承、史実と仮定)、西方の見張所
3)館の遺構は見られないが、北麓に空堀の後ではないかとも思われる凹地がわずかに残される。

兜明神岳ですのでリア攻めは、一応登山。約1,100m。

けむ陸中守太郎様[2017年11月30日]
「岩手の地名・日本歴史地名体系第3巻」で兜神社の説明文に、
(略)、閉伊郡の地頭閉伊頼基の臣「近能左七郎親良」が「区界館」に拠って国境を守護するにあたり、根城八幡宮(宮古市)より勧請し、(略)
という記述はありました。

けむ陸中守太郎様[2017年11月25日]
「いわてデジタルマップ」と「岩手県中世城館跡分布調査報告書」の情報を総合すると、
区界館→兜明神館→形式:見張台?→遺構:自然地形を利用。館に伴う遺構は見られない。
つまり、これって、兜明神岳そのものを指すのでは(^^)
見張台としては、確かに最高の場所だなぁ。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore