種里城(たねさとじょう)

種里城の基本情報

通称・別名

所在地

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字種里町大柳

旧国名

陸奥国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

南部光信

築城年

延徳3年(1491)

主な改修者

主な城主

津軽氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、土塁

指定文化財

国史跡(津軽氏城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

大浦城(青森県弘前市)[23.1km]
笹森館(青森県弘前市)[24.1km]
茶右衛門館(青森県西津軽郡)[25.5km]
弘前城(青森県弘前市)[27.4km]
和徳城(青森県弘前市)[28.9km]

種里城の解説文

種里城(たねさとじょう)は、青森県西津軽郡鯵ヶ沢町種里町にあった日本の城(山城)で、国の史跡に指定されている。

概要
種里城は、津軽氏発祥の地として知られている。城は、赤石川の上流、種里集落の西南約500メートルに位置し、前面は赤石川、背後は大柳沢山嶺をひかえた、東向きの山城である。本丸跡の西南に光信公御霊墓があり、御廟館とも言われている。また、近くに殉死した奈良主水貞親の墓がある。

歴史
1491年(延徳3年)、大浦光信によって築城された。1502年(文亀2年)、光信は大浦城を築き、子の大浦盛信を置いた。光信死後は大浦城大浦氏の本拠となり、種里城は支城として江戸時代初めまで使われた。その後種里城は津軽氏の聖地として保存されたが、明治時代に入って遺構は破壊された。

1988年、跡地に資料館「光信公の館」が建設されることに伴い発掘調査が行われ、その後種里城跡の解明を目的とした学術調査が、1991年から1997年まで続けられた。

関連文献
中田書矢 「種里城 (特集 城郭の研究)」、『月刊考古学ジャーナル』 (ニュー・サイエンス社)第493号15-18頁、2002年10月。ISSN 04541634。 NAID 40005425978。
佐々木浩一 「青森県中・近世遺跡の景観―小沢館・境関館・浜通遺跡・十三湊遺跡・種里城」、『青森県史研究』 (青森県)第5号、2000年11月。ISSN 13427431。 NAID 40005164794。

種里城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore