堀越城(ほりこしじょう)

堀越城の基本情報

通称・別名

所在地

青森県弘前市堀越柏田

旧国名

陸奥国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

曾我貞光

築城年

延元元年〔南朝〕/建武3年〔北朝〕(1336)

主な改修者

津軽為信

主な城主

曾我氏、津軽氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、土橋

指定文化財

国史跡(津軽氏城跡)

再建造物

石碑

周辺の城

石川城(青森県弘前市)[3.3km]
大光寺城(青森県平川市)[3.6km]
高畑城(青森県平川市)[4.3km]
乳井城(青森県弘前市)[4.4km]
和徳城(青森県弘前市)[5.2km]
大和沢館(青森県弘前市)[5.3km]
弘前城(青森県弘前市)[6.2km]
田舎館城(青森県南津軽郡)[6.9km]
浅瀬石城(青森県黒石市)[9.6km]
黒石城(青森県黒石市)[9.9km]

堀越城の解説文

堀越城(ほりこしじょう)は、青森県弘前市堀越字川合・柏田にかつてあった日本の城。国の史跡となっている。

概要
平城である。城址は熊野神社となっている。

歴史
1336年(建武3年)、北朝方の曾我太郎貞光により築城される。1571年(元亀2年)、大浦為信(津軽為信)はこの城に兵を集め、石川城を急襲。1594年(文禄3年)、大浦城より本拠を移す。1611年(慶長16年)、弘前城完成と共に本拠は弘前城に移ったのち、1615年(元和元年)の一国一城令により廃城となる。

近代
昭和27年3月29日:国の史跡に指定される。指定範囲は、津軽氏の本城と総構えに当たる長勝寺構と新寺構の範囲。
昭和60年11月15日:指定名称を「津軽氏城跡 堀越城跡 弘前城跡」に改称した。
平成14年12月19日:津軽光信が入城した中世の城跡と種里城跡が追加指定され「津軽氏城跡 種里城跡 堀越城跡 弘前城跡」と改称した。

遺構
曲輪
水堀
土塁

堀越城の口コミ情報

2019年04月28日 さすらい
堀越城

素晴らしい城址でした!続100名城に選出されていないのが、残念でなりません。よく復元されており、土塁と堀が張り巡らされています。大興奮でした!

2019年04月28日 さすらい
旧石戸谷家住宅[堀越城  寺社・史跡]



平成31年4月28日現在、工事中のため入れませんが、史跡公園の開園と同時に入れるようになるみたいです。

2019年04月28日 さすらい
トイレ・説明板[堀越城  トイレ]



トイレは清潔感があり好印象です。説明板もありますが、西側のトイレにあるものと同じでした。

2019年04月28日 さすらい
三の丸東側連絡地下道[堀越城  その他]



平成31年4月28日現在の様子。整備中のようですが、令和2年にはどうなっているのか、楽しみです。

2019年04月28日 さすらい
二の丸・掘立柱建物[堀越城  碑・説明板]



二の丸には掘立柱建物の遺構が平面表示されてます。

2019年04月28日 さすらい
本丸・御殿の説明板[堀越城  碑・説明板]



本丸御殿が平面復元されています。熊野神社も本丸にあります。

2019年04月28日 さすらい
本丸東門跡の説明板[堀越城  碑・説明板]



本丸東門跡の遺構が平面展示されています。

2019年04月28日 さすらい
連絡地下道[堀越城  その他]

弘前バイパスの反対側に通じています。

2019年04月28日 さすらい
三の丸説明板[堀越城  碑・説明板]



展望台もあります。三の丸や本丸が一望できます。展望台は土塁の上につくられています。

2019年04月28日 さすらい
堀越城の説明板[堀越城  碑・説明板]



令和2年に史跡公園として開園するために整備工事が続けられています。見学エリアが設けられており、休憩所もあります。

2010年10月27日 足軽越中守一歩
堀越城

国道7号の隣にあり、本丸跡に神社がある。本丸の周囲を土塁で囲ってあるが、掘りの土を盛ったのではないか?

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore