飯詰城(いいづめじょう)

飯詰城の基本情報

通称・別名

高楯城、高館城

所在地

青森県五所川原市飯詰字福泉

旧国名

陸奥国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

藤原景房

築城年

康永3年〔北朝〕/興国5年〔南朝〕(1344)

主な改修者

主な城主

朝日氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

原子城(青森県五所川原市)[6.8km]
高屋敷館(青森県青森市)[12.5km]
新城(青森県青森市)[14.4km]
浪岡城(青森県青森市)[15.2km]
油川城(青森県青森市)[15.4km]

飯詰城の解説文

飯詰城(いいづめじょう)は青森県五所川原市飯詰字福泉にあった平山城

概要
西郭・主郭・東郭からなる平山城である。主郭は、北の糠塚川を堀とし、東西に広がる標高58.8mほどの高台にある。江戸時代の記録にも、「古城二十五間百四十間」(高楯城物語記載の貞永元年絵図)、「一古館 五反七畝歩 三箇所」(陸奥国津軽郡田舎庄飯詰村御検地二冊寄帳)とある。

歴史
康永3年(興国5・1344年)、万里小路藤房の息子朝日景房が築城したとされる(飯詰村史)。その後、朝日氏は浪岡氏に仕えた。、天正16年(1588年)、津軽統一をもくろむ大浦為信の攻撃により、落城し、万里小路藤房より十代目の城主朝日行安は自害し、飯詰城は廃城となった。この城には、落城の際の白米伝説(詳しくは朝日行安を参照)や糠塚川に鎧を捨て、逃亡を企てたが、力尽き、主従は自害したという逸話が残っている。なお、「鎧留」の地名はその話に由来するという。また、落城の際に大浦方の道案内をした人物として、対馬右衛門太郎の名を挙げ、尻無方面(五所川原市)から攻め入ったという(方々由緒書)。また、阿部孫三郎信友の名をあげる資料もある(金木郷土史)。

飯詰城の口コミ情報

カーネル様[2016年08月12日]
津軽鉄道 津軽飯詰駅から
駅舎の改札をくぐるところに『高楯城 霊木と梵鐘』の看板があります

駅を背に東へ。T字の交差点で県道26とぶつかる交差点を右に曲がり、すぐに左斜めに入って妙竜寺を目指します

同寺の山門を左手に見ながら車1台ぶんの細い坂道を登ると、説明板があります

坂を折り返して登ると、西の郭(らしい)に天守閣風の公民館(らしい)があり、また折り返して右(東)に行きます

林道に沿って歩くと左手に大きな堀があり、まっすぐに行くと畑の先に鳥居があります
ここから主郭まで道の左右に段状の曲輪(に見えました)があります

主郭の奥に石碑があり、石碑の裏(東)が切岸・堀になっています

かなりの傾斜の切岸には、うっすらと足跡があるので、辿って降りると南北と東に空堀が確認できました。あまり、期待してなかったのですが、凄いよかったです

往復の移動に40分で、見学に40分くらいで、計1時間半弱

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore