高田城(たかだじょう)

高田城の基本情報

通称・別名

所在地

青森県青森市高田字川瀬

旧国名

陸奥国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

土岐則基

廃城年

天正6年(1578)

遺構

曲輪、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

周辺の城

横内城(青森県青森市)[4.0km]
野尻館(青森県青森市)[4.1km]
新城(青森県青森市)[7.5km]
油川城(青森県青森市)[10.8km]
浪岡城(青森県青森市)[11.5km]
高屋敷館(青森県青森市)[12.2km]
原子城(青森県五所川原市)[16.4km]
多宇末井館(青森県青森市)[17.4km]
黒石城(青森県黒石市)[17.9km]
中野不動館(青森県黒石市)[18.0km]

高田城の解説文

※この城郭は2020年4月6日に名称と位置が変更となりました。

高田城(たかだじょう)は青森県青森市大字高田字日野にあった日本の城(平城)。

概要
高田集落の北東に位置する館で、宅地化されているため遺構は少ない。

歴史
建築時期は不明である。戦国時代には土岐則基の居城であった。則基は高田村、荒川村を領して、800石で南部氏に仕え、津軽関門の守備を担っていた。天正6(1578)年、大浦為信が浪岡城を攻略、則基と嫡男の則重が戦死した。次男則忠・三男則吉は南部高信次男政信の娘を奉じ、三戸に逃亡し、則忠は三十石を賜った。それにより、廃城となったと思われる。土岐氏は、慶長年間に政信の娘が、七戸城主七戸直時に嫁ぐと、付き人として、直時に仕えて、二十三石切米五駄を賜った。後に直時の命で「高田」に改姓すると、七戸城番頭筆頭四家の一つとして栄えた。

参考文献
「青森県人名大事典」1969年、東奥日報社

高田城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore