手島城山城(てじまじょうやまじょう)

手島城山城の基本情報

通称・別名

所在地

香川県丸亀市手島町

旧国名

讃岐国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

藤田氏

廃城年

遺構

曲輪、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

周辺の城

塩飽勤番所(香川県丸亀市)[11.1km]
笠島城(香川県丸亀市)[11.6km]
青佐山城(岡山県笠岡市)[12.1km]
下津井城(岡山県倉敷市)[13.3km]
多度津城(香川県仲多度郡)[15.7km]
丸亀城(香川県丸亀市)[17.2km]
海崎城(香川県三豊市)[17.4km]
聖通寺城(香川県綾歌郡)[17.8km]
天霧城(香川県仲多度郡)[18.6km]
鴨山城(岡山県浅口市)[18.7km]

手島城山城の口コミ情報

2021年10月10日 生駒秋田城介江現蔵
手島城山城



手島城山城は、丸亀港から船で約1時間20分、塩飽諸島の一つ、人口30人余りの手島にある標高86mの城山に築かれています。

城友さんから「手島城山城は蛇の巣窟なので、最高気温が20度を下回らない限り行かない方が良い」と言われていたにも関わらず、暑いけど10月だから蛇は大丈夫だろうと安易な考えで向かいました。

手島港に着いたら地元のおじさんが話しかけて来て「西浦海岸に行くんですか?」「いいえ城山です。お城の跡があるんです。」「あそこは誰も行かないから、藪と蜘蛛の巣と蛇がいますよ。蛇はキジを放したので少しは減ってるかもしれませんが…」甘く見ていました。まだ蛇がいるとは…城友さんの忠告を聞けば良かった…

港にある看板通り島の奥に進み、10分ほど歩くと手島池の横の登山口に着きました。
無理だったら冬に再訪しようと覚悟して進みましたが、すぐに藪、蜘蛛の巣、しかし心配していた蛇はキジ効果でいませんでした!薮を抜け、途中倒木のトンネルがあり、ほふく前進となりましたが、城の主郭に近づくと曲輪と畝状横堀が見事☆(写真では伝わりませんが…)

この島になぜこんな山城があるのか?いろいろ調べましたが、築城主も築城年も不明です。どなたか、手島城山城の歴史に詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
帰りは来た道を戻らずそのまま進み、西浦海岸に降りて、2時間の楽しい山歩きでした。
マニア向け。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore