朝日山城(あさひやまじょう)

朝日山城の基本情報

通称・別名

麻口城

所在地

香川県三豊市高瀬町下麻3829

旧国名

讃岐国

分類・構造

山城

天守構造

独立式層塔型[3重3階/1988年築/RC造模擬]

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

近藤氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

模擬天守(朝日山資料館)

周辺の城

爺神山城(香川県三豊市)[5.3km]
甲山城(香川県善通寺市)[5.8km]
丸山城(香川県仲多度郡)[6.1km]
天霧城(香川県仲多度郡)[6.6km]
垂水城(香川県丸亀市)[8.7km]

朝日山城の口コミ情報

織田左兵衛督晃司様[2017年06月17日]
市民手造り感のあるほっこりとした感じの朝日山公園に模擬天守があります。

常陸入道ねんさい美作守様[2016年12月26日]
ここでは朝日山城は別名麻口城で同じ城で扱っている。朝日山城と麻口城を別扱いしている資料もある。
日本城郭大系は朝日山城の紹介で「朝日山山頂部には遺構がある」と1行書かれているだけである。麻口城と朝日山城は別の城と判断して、麻口城は「大西左馬守の居城」との記述がある。
香川県中世城館跡詳細分布調査報告では朝日山城の記述はない。地図上でも朝日山には城跡がない表示である。
模擬天守の資料館では以前は曲輪、石塁、土塁、空堀があったが資料館建設で破壊され、事前調査するも調査結果を学術的に明確化しなかったと記載されている。
ここ朝日山城に本当に城跡があったかは詳細不明みたいである。
実際に朝日山に行ってみると模擬天守が建てられている場所は本丸曲輪で本丸東側から南側の現在は公園の一角になっている一段低い場所に二の丸相当の曲輪があるように思えた。この辺りは曲輪の形状と雰囲気が残っていた。
麓から模擬天守周辺までの比高は190M、山頂付近まで道路があり車で行ける。
駐車場、模擬天守そばにトイレ水道がある。どちらも男女別水洗トイレできれいだった。

まるき〜淡路守様[2016年08月14日]
こちらの模擬天守は残念な感じの資料館になっています。主に昔使っていた農機具や生活用品の展示?ただ並べているだけの特にこれといった物はありませんでした…
コンクリートの打ちっ放しに100名城パネルも色褪せて…

公園事務所で話を聞こうと思いましたが城跡についての事を知ってる人が居らず
「この辺お城だったらしいね」
と、それだけの返答…
ここは子供が遊ぶ遊具や池にボートを浮かべたりと、昔は賑やかだったんだろうなと思える公園、今は全てにホコリや落ち葉がかぶり、誰一人と遊んでいないゴースト公園と化していました。
遺構らしき物、公園手前の閉鎖された野鳥の森から駐車場にかけて段差が付いた盛り上がりが広がっている、郭のように見えたが…違うんだろうな。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore