感状山城(かんじょうさんじょう)

感状山城の基本情報

通称・別名

瓜生城

所在地

兵庫県相生市矢野町瓜生、森

旧国名

播磨国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

瓜生左衛門

築城年

鎌倉時代

主な改修者

赤松氏時代

主な城主

瓜生氏、赤松氏、岡氏、赤松氏

廃城年

遺構

曲輪、石垣、礎石、井戸跡

指定文化財

国史跡(赤松氏城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

白旗城(兵庫県赤穂郡)[7.1km]
大嶋城(兵庫県相生市)[8.3km]
鴾ヶ堂城(兵庫県赤穂市)[8.4km]
龍野城(兵庫県たつの市)[8.6km]
三日月陣屋(兵庫県佐用郡)[12.4km]

感状山城の解説文

感状山城(かんじょうさんじょう)は現在の兵庫県相生市矢野町瓜生に存在していた城。「赤松氏城跡」の一部として国の史跡に指定されている。

城名の由来
新田義貞の軍勢を50余日にわたり足止めをした功績により、赤松則祐が足利尊氏に感状を授かったことに由来する。

歴史
誰がいつ築城したかはっきりしておらず、いつ落城したかもわかっていない。
築城については以下の説がある。
 鎌倉時代に瓜生左衛門尉が築城した。
 南北朝時代の初期に赤松則祐が築城した。
落城については以下の説がある。
 南北朝時代後期の新田義貞の播磨攻めの時に赤松則祐が焼いた。
 1577年に羽柴秀吉の上月城攻めの時に落城した。

感状山城の口コミ情報

和泉守チロ様[2017年05月10日]
相生駅からバスに10分位乗り瓜生東で下車し、そこから徒歩で「羅漢の里」を目指して20分位で到着です。
バスは祝日に利用しましたが本数は1時間に1本、多い時間で2本位しかなかったと思います。
トイレは羅漢の里にあり、とても綺麗で水洗でした。

まるき〜遠江守様[2016年10月03日]
登城口から整備された道を登り30分くらい?あまり下がよく見えない物見岩付近が頂上なのかな?と思っていたら更に奥がある。よくよく見るとあちこちに段差が付いておりかなりの広範囲で石垣が組まれている、
三(Ⅲ)曲輪から先は急なので鉄パイプで組んだ階段が付けられている、この先は軽〜く岩山歩きに…
二(Ⅱ)曲輪 そこより先南曲輪辺りから見えるのがメインの石垣?
しかしこの急な斜面によく石垣積んだな〜って感じで…積んだというより張り付けた?みたいな、元からある大きめの自然石の上に無骨に自然石を野面積み、所々石が落ち危険を感じるがそのワイルドな感じが見る人の気持ちを高ぶらせるのかもしれない…。 一(Ⅰ)曲輪、とても開けていて展望は良い、私はここで山コーヒーしましたd(^_^o)
標高は301.05m
今年の3月まであったパンフのBOXは老朽化のため撤去されています…
アプリにある問い合わせ番号に電話をすると相生市立図書館に繋がる、パンフ請求すると駐車場近くの「里の店」という売店に置いてあるとの事。しかしもらえるものはパンフ?のコピーしかありませんでした…。

まるき〜遠江守様[2016年03月03日]
県道44号線を走ってると大きな看板があるのでわかりやすい

羅漢の里というキャンプ場の手前駐車場を目指して行くと良いです

少し先まで行き過ぎて着いた施設、羅漢の里研修センターのおじさんに感状山城までここから2時間かかると言われたので登城を諦めましたが先の口コミにある登城口のパンフだけでもと思い手前まで行きましたがパンフの入ったBOXはフタが壊れ、パンフも無し…
ただ、ここからの距離は550mとありホンマに2時間もかかる?と疑問と謎を残しています。

尾張守だもんで様[2015年04月30日]
羅漢の里に登城口があります。ちょっと歩いた所に地図の入ったボックスがありますが、補充されていないこともあるので気をつけてください。
つづら折りを登りきると物見岩と大手門のルートに別れます。大手門ルートは平坦部に出る道がわかりにくく、急坂を登ることになりかねないので、どちらも通るなら往路は大手門ルート、復路は物見岩ルートをおすすめします。
本丸への道中に簡易のアルミ階段が備え付けられています。おそらく最近できたものでしょう。

June02様[2011年04月02日]
『こりゃ、すごいわ』荒石のままの野面積み石垣、そして石垣、さらに石垣。崩落箇所も多いのですが、それでも、感動です。
特に、二ノ丸と推測される曲輪は状態良く、素晴らしいの一言。
その写真をアップさせて頂きます。
また、この曲輪からの風景も物見岩から眺めるよりも美しく、居座ってしまいました。
北に本丸跡と推測される曲輪に、木碑があります。
登城口から城跡100m迄はかなり整備されていますが、城跡近辺には安定していない危ない石があるので要注意です。
でも、お勧めの山城です。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore