龍野城(たつのじょう)

龍野城の基本情報

通称・別名

霞城

所在地

兵庫県たつの市龍野町上霞城(鶏籠山頂)

旧国名

播磨国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

脇坂安政

築城年

寛文12年(1672)

主な改修者

主な城主

脇坂氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

石垣

指定文化財

再建造物

御殿、模擬櫓、門、塀

周辺の城

楯岩城(兵庫県揖保郡)[6.9km]
感状山城(兵庫県相生市)[8.6km]
大嶋城(兵庫県相生市)[9.8km]
坂本城(兵庫県姫路市)[9.9km]
英賀城(兵庫県姫路市)[11.9km]

龍野城の解説文

龍野城(たつのじょう)は兵庫県たつの市龍野町にある、城。別名、霞城

概要
明応8年(1499年)に豪族の赤松村秀が鶏籠山に築いた。以後政秀、広貞、広秀と続いたが、天正5年(1577年)に豊臣秀吉によって開城し、秀吉はあらたに蜂須賀正勝を置いた。

江戸時代に万治元年京極高和の丸亀移転の際に破却されたが、1672年に脇坂安政によって龍野城が再建された。この際山頂の郭は放棄され、山麓居館部のみの陣屋形式の城郭になった。現在の本丸御殿は1979年に再建されたものである。

遺構
主な遺構としては石塁、再建御殿、多聞櫓、隅櫓、埋門がある。この他、東門が市内揖保川町浄栄寺の山門として、大手門が同じく揖保川町因念寺の山門として、それぞれ移築され現存する。また、どこの門かは定かではないが、市内揖保川町光遍寺の山門および揖保郡太子町常全蓮光寺の山門が、城門を移築したものであると伝わる。

歴代城主
1506-1577年(永正3-天正5年)〈赤松4代〉赤松村秀、政秀、広貞、広英
1585-1587年(天正9-天正13年) 蜂須賀正勝
1587-1589年(天正13-天正15年) 福島正則
1589-1594年(天正15-文禄3年) 木下勝俊
1594-1595年(文禄3-文禄4年) 小出吉政
1600-1617年(慶長5-元和3年)〈池田3代〉輝政、利隆、光政(城代・荒尾成房、池田長明)
1617-1626年(元和3-寛永3年) 本多政朝
1626-1632年(寛永3-寛永9年) 小笠原長次
1633-1636年(寛永10-寛永13年) 岡部宣勝
1637-1658年(寛永14-万治1年) 京極高和...

龍野城の口コミ情報

若狭守次郎吉様[2017年11月08日]
今回は山麓居館跡の口コミ。御殿や隅櫓、埋門、多聞櫓などの建造物は再建されたものです。山麓居館跡の遺構としては石垣、移築門くらいです。御殿では兜や陣羽織を着て記念撮影できます。

周防守昌[…]様[2017年06月07日]
御殿の中で、甲冑や兜など展示が有り、一式身につけさせて頂きました(^^)そのままの格好で、奥には武将達に囲まれた殿様の席が設けられた所で記念撮影まで出来ます。また、竹田城を作った方が作った天空の城との事で、ハイキングコースで40分で山頂に登れるとの事でした(^^)

織田左兵衛督晃司1202晴天様[2017年03月01日]
龍野城より少し離れた無料駐車場(あまり広くない)に停めて登城。
多聞櫓・埋門・本丸御殿が復興。

たつの市はヒガシマル醤油のお膝元。そして素麺の産地。
素麺食べたい…

シバヤン大和守交友莫爭様[2016年08月05日]
揖保川沿いに進み龍野歴史文化資料館に駐車し、入館料300円を払い拝観。受付で龍野古城の縄張り図を頼み頂いて一応埋門龍野城?見ます。しかし私の目当ては龍野古城です!寄り道したのはこの城の為。鳥獣除けの柵を開けて入り案内板に従い進みます。山道は、印があるがかなりトリッキーです。右や左の旦那様•••のごとくヒーヒー振り回されて途中ロープに掴まり登ったら
虎口が、その右手曲輪が連続してます。
ここまで30分。その先に二の丸、平坦地を過ぎまた虎口を通り登ると本丸です。二の丸からさらに10分位でした。赤松村秀が築いた城で秀吉に降参して開城。麓の龍野城に移ったとの事。しかし、赤松氏の城は領地が山あいとは言えキツい!本丸の北側虎口から一段降りた八幡宮の碑辺りは当時の石垣が残っています、頑張って見て下さい(^_^)/~
また、本丸東側に石積み跡もありました。
あちこち滑りやすいので注意して下さい。

この龍野城に入った脇坂氏、賤ヶ岳の七本槍の中で唯一明治まで生き残った家。あの関ヶ原で東軍につく選択。武辺一辺倒な他の将と違い時流を読みなかなかしたたかな奴だなと見直しました(;^_^A

ソバッソ店長様[2015年09月13日]
鶏籠山という山に作った城郭っす。前は揖保川を使った総構え。橋を使ってボトルネックにして守りやすく縄張りしてあります。

小学校の裏手に櫓と城壁があるので、そこから登れます。石段なのでベビーカーで連れて行った嫡男と奥さんがいたので、中は散策出来ませんでした。
山側に龍野古城登城口を見つけました。こっから廃城になった城跡に登れるようです。害獣対策でフェンスしてあります。

さて、今回の目的は城下町ですが、先述の通り総構えらしい町並みです。
龍野といえばヒガシマルの醤油。至る所に◯に東のマークを見つけたので、もはや東丸城やなと思いました。
ややさびれた感がありますが、いい雰囲気出てます。
城下町散策がお好きな方は、是非お試しください。

陸奥守だもんで様[2015年04月30日]
山麓を龍野城、山頂を龍野古城または鶏籠山城と呼びます。
車は歴史文化資料館を利用するとよいでしょう。マップは龍野城御殿内や登城口にあります。
本丸の切岸には少しだけ石垣が残っています。
帰り道は往路と違って西方の紅葉谷を抜けるルートをおすすめします。途中で竪堀の跡がありますし、紅葉谷には侍屋敷跡を確認できます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore