福原城(ふくはらじょう)

福原城の基本情報

通称・別名

佐用城

所在地

兵庫県佐用郡佐用町佐用

旧国名

播磨国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

佐用範家

築城年

建武年間(1334〜1338)

主な改修者

主な城主

佐用氏、福原氏

廃城年

天正5年(1577)

遺構

曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

上月城(兵庫県佐用郡)[3.4km]
利神城(兵庫県佐用郡)[6.0km]
三日月陣屋(兵庫県佐用郡)[7.3km]
福城(岡山県美作市)[8.1km]
白旗城(兵庫県赤穂郡)[10.2km]

福原城の解説文

佐用城(さようじょう)は現在の兵庫県佐用郡佐用町に存在した日本の城(平山城)である。

概要
比高差約20メートルの丘に建てられた。

歴史
南北朝時代
元弘3年(1331年)4月28日に淀の久我畷の戦いにおいて鎌倉方の総大将であった名越高家を討ち取った佐用範家が建武年間(1334年 - 1338年)に築城した。その後、赤松氏36人衆のうちの福原氏がこの城を継いだため、福原城とも呼ばれる。

戦国時代
戦国時代末期、東西勢力が拮抗する中で、東の利神城、西の上月城、南の高倉城と共に赤松氏の城郭群を形成していたが天正5年(1577年)、羽柴秀吉が黒田孝高、竹中重治らの諸将に攻めさせ、城主の福原則尚は城に自ら火を放ち菩提寺の円福寺にて自刃して城は落城した。

構造・遺構
南側には川、背後には山がある平山城で、空堀・土塁・馬落としが残っている。土塁は西と北に残っており、西側の土塁上には落城時の城主であった福原則尚の首級を祀るため、土地の人々によって造営された福原霊社(頭様こうべさま)が鎮座している。

福原城の口コミ情報

んな摂政な!マイリバ様[2017年03月21日]
拙者を一目見て「そのスジの人」と見破ったのか(笑)、城跡からR179へと戻る途中にある家の御主人から声を掛けられ、「文化財を歩く」というコーナーで福原城の記事が載っている平成4年10月18日の神戸新聞のコピーをいただきました。
家に帰ってから、10年以上前に初めて福原城を訪れた時も福原霊社奉讃会が作成した「福原城物語」という冊子を同じ方からいただいたのを思い出しました。
いただいた新聞記事によると、城主・福原藤馬允の胴塚が佐用町南中山の福円寺にあるとのこと。(時間の都合により訪問断念(>_<))
ちなみに、首の方は福原城跡の福原霊社に「こうべ様」として祀られており、お参りすると首から上の病に効果があると言われています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore