長水城(ちょうずいじょう)

長水城の基本情報

通称・別名

広瀬城、長水山城

所在地

兵庫県宍粟市山崎町片山

旧国名

播磨国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

赤松則祐

築城年

文和年間(1352〜1356)頃

主な改修者

主な城主

赤松氏、広瀬氏、宇野氏

廃城年

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀切

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

山崎城(兵庫県宍粟市)[4.7km]
三日月陣屋(兵庫県佐用郡)[10.6km]
波賀城(兵庫県宍粟市)[13.0km]
利神城(兵庫県佐用郡)[13.7km]
城山城(兵庫県たつの市)[16.7km]

長水城の解説文

長水山城(ちょうすいさんじょう)は、兵庫県宍粟市山崎町宇野の標高584mの長水山の山頂にあった山城。長水城、広瀬城とも呼ばれる。

歴史
南北朝時代、宍粟を治めた播磨守護・赤松則祐が、文和年間(1352年-1356年)に築いた。

後に則祐の四男・広瀬師頼が城を受けついだ。この師頼が広瀬氏の祖とされ、その支配は4代まで続いたが、1441年(嘉吉元年)の嘉吉の乱の後は、城主が宇野氏へ変わった。宇野氏による支配は5代続き、宇野氏は長水城を本拠として長水山城を拡張した。1580年(天正8年)、羽柴秀吉による長水城攻めにより落城した。城主・宇野祐清(うのすけきよ)は、美作へ逃れようとしたものの千種で秀吉配下の蜂須賀正勝の率いる軍に追いつかれて討死した。

概要
山全体が山城跡となっている。山頂の最高所に本丸、尾根に沿って南北に二の丸、更に南の尾根の先端に三の丸が配置されていた。本丸の主郭部には、石垣が築かれている。現在も、曲輪、石垣、土塁、堀切などの遺構が残る。

真徳寺
本丸跡の石垣の上には、2017年現在、日蓮宗真徳寺が築かれている。真徳寺は宇野氏の家臣の子孫である渡邉わき(渡辺日妙尼)が1934年に開いた寺で、渡邉が芦屋市に住んでいたある日に、長水山の合戦で亡くなった英霊を慰霊してほしいとのお告げを受けて建てたものである。山頂への寺の建立には、地元住民の協力もあった。二代目の住職も尼であった。1982年より渡邉わきの孫、2代目の子にあたる男性住職が三代目を務めている。檀家は持たず、祈祷や他の寺の手伝いで生計を立てている。電気は通じているが、水道は無いために雨水を浄化して使用している。食料品やガスは街で購入して背負って戻る生活を続けている。風呂は薪で沸かしている。大雪の日は街に降りることもできなくなるという。

登山道
大手口-伊水小学校の裏手に小公園あり、この公園奥から登城道 徒歩1時間。他に2つ登山道がある。

アクセス
鉄道
 JR山陽本線 姫路駅より神姫バス山崎行に乗車、約1時間
自動車
 中国自動車道 山崎インターチェンジより国道29号線経由兵庫県道429号岩野辺山崎線...

長水城の口コミ情報

民部卿みきを様[2017年10月12日]
伊水小学校の近くに登山道入口の石碑があったので、そちら側から向かいました。
石碑のある道路は小学校裏まで続いており、道を最後まで歩いていくと登山口があります。(途中簡単に開けられるフェンスがあります)
登山道は結構荒れていて、滑りやすいところもありますので、注意してください。
山頂が城域で、主郭の石垣と山頂からの景色が素晴らしいです。

石工集団穴太衆様[2017年05月28日]
築城年代は定かではないですが文和年間頃に赤松則佑によって築かれ 家臣に守らせ、後に赤松氏の守護代として最盛期には播磨国西八郡を領した宇野氏の居城となり宇野氏は毛利氏と通じて、中国地方へ進出した羽柴秀吉と対峙したが天正8年に攻められ落城 、 城は長水山山頂から東の尾根先さらに北側へと曲輪を配した本丸、山頂から南方の尾根に二の丸、さらに南東に伸びる尾根に三の丸を配し、本丸の山頂部には信徳寺がありここの石垣は城郭遺構だそうです、ここから東へ伸びる尾根には民家が建てられその部分にも石垣があり東尾根を降りた先から北側へ向かって曲輪が数段あり二の丸方面は尾根を一旦降って登った所に曲輪があり、三の丸は南東に伸びる尾根にあり本丸へ戻って生谷方面へと降りて行くと行けそうです三の丸は根元に堀切があり、二の丸同様平坦面が段々と並ぶ段曲輪あるそうです、今回の登ったのが五十波方面からでこちらが搦手口だそうです登城口道は整備されており30分ぐらいで本丸部分に到着、大手側は伊水小学校から登城出来るそうです、季節によっては蛇や獣類、また山ビルがいるそうです、服装には注意をして登城して下さい


日光人様[2014年06月17日]
大手道(伊水小学校裏手)は砂防工事の為、工事車両の往来が多く登城が困難かと思われます。
登城の際は搦手道の五十波を利用されたし。
工事期間はH27.3末日となっておりました!

北川幸人様[2013年08月31日]
国道29号の五十波交差点にフォトギャラリーの案内標識があります。長水山登山口の案内板に従って林道を進むと、終点に長水城跡1㎞の案内と 戦国の知将黒田官兵衛ゆかりの地 宍粟 ののぼりがあり、数台分の駐車スペースがあります。徒歩30分位で山頂に到着。山頂部には、信徳寺というお寺があり、本丸の石垣の上に本堂が建っています。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。