御館(おたて)

御館の基本情報

通称・別名

上杉館

所在地

新潟県上越市五智町(御館公園)

旧国名

越後国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

上杉謙信

築城年

弘治年間(1555〜1558)

主な改修者

主な城主

上杉憲政

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

福島城(新潟県上越市)[2.4km]
春日山城(新潟県上越市)[3.5km]
高田城(新潟県上越市)[6.6km]
黒田城(新潟県上越市)[9.5km]
雁金城(新潟県上越市)[12.4km]

御館の解説文

上杉館(うえすぎやかた)は現在の新潟県上越市にあった城館。現在のJR直江津駅周辺の府中(府内)と呼ばれた港湾都市域に位置する。主な遺跡として、越後守護上杉氏の館(至徳寺館)と、やや離れた位置に関東管領上杉憲政の館(御館〔おたて〕)があり、周辺にも比して小規模な屋敷跡がいくつかあったがいずれも開発によりめぼしい遺構は残っていない。

御館
関東管領上杉憲政の館で、本来の府中(府内)の中心域からは外れた位置にある。現在は主郭中心部に位置する公園に跡地を示す碑が立っている。

概要
上杉謙信が弘治年間に造営したとされ、謙信死後に勃発した御館の乱の主戦場となり天正7年(1579年)落城した。その後、堀氏が利用したともいわれるが慶長5年(1599年)時点で既に耕地化されている。遺物も16世紀代のものが中心で、国産・舶載陶磁器などが出土している。

遺構・構造
JR直江津駅の西南約700mの地に位置し、低湿地を開発して造営された。幅約20mの堀で囲まれた東西約120m・南北約150mの主郭があり、東西に虎口がある。5つの郭で構成され、堀を含めた城館の外郭は東西約250m・南北約300mで府内随一の規模である。建物や庭園、井戸跡が検出されている。

御館の口コミ情報

安田大宰少弐秀元様[2017年06月12日]
路駐で 碑のある御館公園をサッと見回りました。
解説板と周辺マップ、上杉憲政 顕彰碑の3点がありました。

周辺には、御館の乱の時に景虎派の北条景広が参拝帰りを狙われ襲撃されたという府中八幡宮があります。(その事の解説板は無いですが)
御館とセットで上杉家の家督争いをたどってみては?

駿河守武蔵守様[2015年08月30日]
駐車場がないので、車で行かれる方はご注意を!

古楽侍従広家様[2011年04月10日]
御館の乱の冠にもなってる地なのですが、公園に石碑と案内板があるだけでした。ここと春日山は思った以上に近く。ここに立つと御館の乱という命名は本質的ではない気がします。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore