勝楽寺城(しょうらくじじょう)

勝楽寺城の基本情報

通称・別名

勝楽寺山城、正楽寺城

所在地

滋賀県犬上郡甲良町正楽寺、多賀町

旧国名

近江国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

高築豊後守

築城年

応安元年(1368)

主な改修者

主な城主

高築豊後守、多賀豊後守

廃城年

遺構

曲輪、石垣、土塁、竪堀(畝状竪堀群)

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

敏満寺城(滋賀県犬上郡)[3.3km]
目加田城(滋賀県愛知郡)[4.7km]
高室山城(滋賀県犬上郡)[5.9km]
百済寺(滋賀県東近江市)[7.1km]
和田山城(滋賀県東近江市)[8.9km]

勝楽寺城の口コミ情報

VINO-S様[2014年09月02日]
麓の勝楽寺駐車場からやや急な登城道(ハイキング道)を20分程で尾根に到着。ここに案内板あり、左が石垣が残る主郭と見張り台方向。右が上ろう落とし方向。縄張り群はこの尾根に沿って南北に広がっています。

古楽侍従広家様[2011年08月01日]
麓の勝楽寺は、佐々木道誉が晩年を過ごした寺で、お墓もあるが赤報隊に燃やされた歴史がある。また石田三成に使えた横関三河守の墓も今に伝わっている。
佐々木道誉の屋敷は麓に広がり、その跡地には、御舘、舞台などの石碑が建っている。
城は、寺の裏山に高築豊後守が築いたもので、湖東平野を一望できる要地。
登城途中にお稲荷さまがあるが、謡曲『狐釣』の舞台として、お稲荷さまが祀られています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore