大溝城(おおみぞじょう)

大溝城の基本情報

通称・別名

高島城、(大溝陣屋)

所在地

滋賀県高島市勝野

旧国名

近江国

分類・構造

水城

天守構造

築城主

織田信澄

築城年

天正6年(1578)

主な改修者

分部氏(陣屋)

主な城主

織田(津田)氏、丹羽氏、加藤氏、京極氏、分部氏(陣屋)

廃城年

遺構

石垣

指定文化財

国重要文化的景観(大溝の水辺景観)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

打下城(滋賀県高島市)[1.1km]
船木城(滋賀県高島市)[6.2km]
清水山城(滋賀県高島市)[7.7km]
北比良城(滋賀県大津市)[9.9km]
沖島坊谷城(滋賀県近江八幡市)[10.6km]

大溝城の解説文

大溝城(おおみぞじょう)は、滋賀県高島市にあった日本の城。

概要
天正6年(1578年)、津田信澄が高島郡を領し、居城として明智光秀の縄張りによって築城した城である。
信澄の死後、丹羽長秀、加藤光泰、生駒親正、京極高次が入れ替わり入城した。
江戸時代の元和5年(1619年)に分部光信が、伊勢上野城より2万石で入封した。しかし、三の丸を残して破却され江戸時代は大溝陣屋の扱いであった。
現在は本丸の天守台石垣などが残っている。

大溝城の口コミ情報

若狭守次郎吉様[2017年08月25日]
天守台の石垣はひとつひとつが大きくて、なかなか見事でした。近くを通ったら、是非寄ってみて下さい。
天守台の近くには大溝陣屋の総門が残っています。観光案内所も併設されているみたいです。
最近、高島は街中にも熊がよく出没するそうですので、十分に気をつけ下さい!

式部丞時雨様[2015年12月22日]
JR高島駅西側に無料駐車場がある。
東側(少し北へはいった所)にも駐車場があります。

日本史跡研究会様[2015年12月22日]
12/23、発掘調査現地説明会が10:30から実施されます❗
貴重な遺構が発見されたので必見ですよ✨

幻撃923源治部少輔様[2015年12月02日]
近江高島駅で市民病院側に出て、病院前の道をY字路まで進み、右手(南)に折れるとすぐ大溝城の看板が見えます。車やと見落とすかも。案内通り右折し路地を進むと、本丸天守台の石垣が見えます。駅から徒歩6~7分で到着。

石垣は野面積で、西や南部分は一部崩落していて、天守台上や石垣の合間から木々か自生し、荒城の様相です。
石垣の石の一つ一つがかなり大きく、当時は武骨な天守があったんではと思わせます。天守台上に上がると瓦片が転がってましたが、これは当時のものと違うのかもしれません。
天守台南は乙女池があり、琵琶湖に近いことからも水城の趣を感じます。
また天守台周辺の田んぼ跡の一部で、のんびり発掘作業が行われ、石垣の底辺部分が見られました。

来た道を戻り、Y字路の反対側を進んで銀行前を左折すると、三の丸にあった陣屋の総門が残ってて民家で使われてるようでした。総門は武家地域と町民地域を分ける門だそうです。

中務少輔きたろう三世様[2014年11月13日]
石垣は道路を走っていればすぐに見つかるが、進入路がわかりずらい。

高島市民病院正面の駐車場はフェンスで囲まれているが、石垣付近に歩行者用出入口があり、そこから、城址に行ける。

ちなみに、病院駐車場は、病院利用者以外は、30分以上駐車すると有料になる。

VINO-S様[2014年02月27日]
高島教育委員会発行の高島の城と城下の冊子を入手てからの訪城を

古楽侍従広家様[2011年04月08日]
浅井三姉妹の初が新婚時代を過ごした城として注目されていますが、織田信長の甥で明智光秀の娘婿である津田信澄の存在も、近江湖上支配の一貫として注目です。

大宰少弐播磨の将軍 様[2011年01月03日]
浅井三姉妹の初が天正15(1587)年に嫁入りした京極高次の城だそうです!

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore