熊本城(くまもとじょう)

熊本城の基本情報

通称・別名

千葉城、隈本城、銀杏城

所在地

熊本県熊本市中央区本丸、二の丸

旧国名

肥後国

分類・構造

梯郭式平山城

天守構造

連結式望楼型[3重6階地下1階/1600年築/焼失(火災)]、連結式望楼型[3重6階地下1階/1960年再/RC造外観復元]

築城主

出田秀信(千葉城)、鹿子木親員(隈本城)

築城年

文明年間(1469〜1487)

主な改修者

加藤清正

主な城主

加藤氏、細川氏

廃城年

明治7年(1874)

遺構

曲輪、櫓、門、塀、石垣、堀

指定文化財

国重要文化財(櫓11棟、門1棟、塀1棟)、国特別史跡(熊本城跡)

再建造物

外観復元:大小天守、平櫓、馬具櫓、木造復元:西大手門、数奇屋丸二階広間、南大手門、西出丸戌亥櫓、未申櫓、元太鼓櫓、飯田丸五階櫓、本丸御殿大広間、石碑、説明板

周辺の城

柿原城(熊本県熊本市)[3.2km]
亀井城(熊本県熊本市)[4.1km]
上代城(熊本県熊本市)[5.0km]
健軍陣内城(熊本県熊本市)[5.5km]
須屋城(熊本県合志市)[5.9km]

熊本城の解説文

熊本城(くまもとじょう)は、現在の熊本県熊本市中央区に築かれた安土桃山時代から江戸時代の日本の城。別名「銀杏城(ぎんなんじょう)」。

加藤清正が中世城郭を取り込み改築した平山城で、加藤氏改易後の江戸時代の大半は熊本藩細川家の居城。明治の西南戦争の戦場となった。西南戦争の直前に大小天守や御殿など本丸の建築群が焼失し、現在の天守は1960年の再建である。現存する宇土櫓などの櫓・城門・塀13棟は国の重要文化財に指定されている。また、城跡は「熊本城跡」として国の特別史跡に指定されている。

天守閣内部には熊本市立熊本博物館の分館としての展示があり、公式には熊本城の再建天守閣内部は「熊本市立熊本博物館分館」となっている。

2016年4月の熊本地震の際に、現存石垣をはじめ宇土櫓などの文化財建造物、大小天守などの復元・復興建築が被災した。

概要
熊本市北区植木町の中心から南に伸びる舌状台地(京町台地)の尖端、茶臼山丘陵一帯に築かれた平山城。現在の地名では中央区の本丸、二の丸、宮内、古城、古京町、千葉城町に当たる。

中世に千葉城、隈本城が築かれ、安土桃山時代末期から江戸時代初期にかけて加藤清正がこれを取り込み、現在のような姿の熊本城を築いた。日本三名城の一つとされ、「清正流(せいしょうりゅう)」と呼ばれる石垣の上に御殿、大小天守、五階櫓などが詰め込んだように建てられ、一大名の城としては「日本一」であるとの評価がある。

細川氏の居城となった後も盛んに改築が行われ、明治時代の初めまでは大半の建物が撤去されずに現存していたが、熊本鎮台が置かれた後に建物や石垣、曲輪の撤去や改変が行われ、西南戦争で一部の建物を残して天守を含む御殿や櫓など主要な建物を焼失した。現在は、宇土櫓や東竹之丸の櫓群が残る。石垣普請の名手とされる清正が築いた石垣は、1889年(明治22年)の熊本地震で石垣の一部が崩落し、改修された部分があるものの、ほぼ江戸期の改築による変遷の痕跡をとどめ、城跡は特別史跡に指定されている(2012年現在で512,300.52㎡)。昭和時代中期には大小天守と一部の櫓が外観復元され、近年では、櫓や御殿などの主要な建物を木構造で復元する事業が行われている。

サクラの名所としても知られており、日本さくら名所100選に選定されている。

歴史・沿革
千葉城・隈本城時代
文明年間(1469年 - 1487年)に肥後守護菊池氏の一族・出田秀信が千葉城(ちばじょう、現在の千葉城町)を築いたのが始まりである。
...

熊本城の口コミ情報

じょーうん豊前守主膳正様[2017年08月20日]
熊本市役場14階展望ルームから熊本城の様子が見れます。また、そこでは地震の被害の状況と復興に向けた取り組みが展示しておりますので、熊本城と合わせて来られると良いと思います。

大塩東郷平八郎大蔵丞鼎衛門様[2017年05月15日]
敷地はかなり広いです。ただ桜のシーズンはものすごく混みますので駐車場待ちの長い列が出来るので注意が必要です。ただ桜がすごく綺麗なので待つ価値はあります。今は復興中なので入れないところがあったり、倒壊して見るも無残な状態の場所もあったりするので見たくない方もいるかもしれませんが、だからこそ今必死に踏ん張っている熊本城を見て頂きたいと思うのです。

五瓜ニ唐花紋右大臣や〜きみ様[2017年05月08日]
一回目は地震の前に行きました。
駐車場は沢山。
敷地も広い。
天守閣以外も各櫓やトンネルみたいな通路など見所は沢山でした。
朝一番開門前に駐車場に車入れて門の前に並んでないと後から混む一方で大変でした。

二回目は地震の後に行きました。
地震後は入れない所、通行できない場所、入れない駐車場が沢山あった為、敷地外外周歩きました。

駐車場は利用可能一部の所だけなので、車の行列が出来てました。

征夷大将軍クララ姫様[2017年02月14日]
熊本城復興城主について。
記名欄に『クララ姫』と書こうとしたら「本名でお願いします」と断られたので、仕方なく本名を書きました。
でも加藤神社にあった『加藤清正公を大河ドラマに』の署名には「クララ姫」と書きました~。

ペロリ安房守様[2017年02月06日]
熊本城復興のための寄付をすると、城主証と城主手形が頂けます。
寄付は10000円からの受け付けです。
 
係のおじさんによると、大天守は3年後に復興する予定との事。
それ以外は20年はかかる、と言っていました。

ぱんだ左近衛少将ぱんぞう様[2016年04月15日]
昨日の地震でかなり被害が出たみたい。関係者の方は大変でしょうけど頑張って下さい。

かおりん様[2016年03月26日]
2016 3 26熊本城の桜は場所によって咲いていたり固い蕾のままだったり。ライトアップは八時半まで入場可能で九時まで。あと2、3日したらきっと夜桜も素敵かも。でも寒いから来られるときには着込んできてね?

かおりん様[2016年03月26日]
2016 3 26 熊本城クイズウォーク中に撮影。五つのイベントが同時に行われていていつもの観光客と重なって人が多くて!因みにまだ長塀前は修理前と言うことで立ち入り禁止です。

まるき〜淡路守様[2016年01月19日]
石垣、櫓、縄張りの凄いこと凄いこと…
熊本城はテレビ等で紹介されていますけど、テレビの映像を見るのと自分の目で見るのとでは全然違います
行った人にしかわからない物凄さを感じる素晴らしい城。
写真や口コミでどうこう書いても伝わりません!多分…
当初見学に2時間もあればと思っていましたけど実際ココには4時間近く居てました、それでも足りない位に魅力がありました
時間に余裕を持って朝イチから来るのをオススメします。
入城に500円…とてもお得な気がします
写真を撮るのに大天守、小天守、宇土櫓が揃うアングルが隣接する加藤神社の鳥居付近、境内からは天守、小天守のアングルが素晴らしく良いです。

ただ残念なのはマナーの悪い中◯の人が多いかも…

でもまた来たくなる城です。

おっ!勘解由長官様[2015年10月09日]
加藤清正公を祀る「加藤神社」が城内にあり、境内から望める熊本城は近望の名所と謳われ絶好の撮影場所となっている。武将おみくじ(家紋シール付)は城友に大変喜ばれました。

㊉家久隊隼人正みみなが様[2015年02月17日]
お正月の城内に【瑞鷹の甘酒】白くないのが特徴。

鴨ネギ武蔵守初代マークX様[2014年09月28日]
東京に帰る前、僅かな時間を利用し長塀だけでも見に行きました。次に帰省したときは馬具櫓を❗️

上杉鷹山公様[2014年01月01日]
元旦朝6時から開門無料開放してます。その年の西暦の枚数の家紋入り盃が配布されます。

tamoshi様[2013年04月11日]
九州のお城巡りで第一城目に伺うことにしました。現存12天守ではないとはいえ、現存の宇土櫓はすばらしかった。

奥州王毘沙門天山城守乱丸様[2012年12月27日]
閉館前に到着し城の中には入れませんでしたが駆け足で一回り散策、20年前は桜の時期でしたがそれ以外さほど変わりなく感じました(^_^)
閉館後は外濠を一周し月もでてきたので撮影の場所探し明るい時もいいのですが月の夜も乙なものでした(^_^)b

ぷわ様[2012年12月16日]
さすが日本三名城。立派です。宇土櫓も元々は天守だった建物ですから、熊本城は大天守、小天守、宇土櫓と、三つの天守があることになります。
それからお城の近くに熊本城城彩苑桜の馬場という観光スポットができていて、熊本の名産品などが味わえますよ。

加藤豊後守清正様[2011年04月28日]
一番の見所は宇土櫓ですね。櫓の中では一番大きく、天守の代用ともされる櫓。現存最古の櫓です。天守と共に明治初期まで現存していて、他のお城では天守が落雷その他で、焼失してこの櫓が再建されるのですが、これだけ立派な櫓が残っているのは早々ないことです。天守共に残っているのは、姫路城など残っているのは数少ないです。それにもし、天守が現存していたら間違いなく、姫路と同じ国宝に指定されていたでしょう。外観、内観共に往時の時代を感じます。

中納言M三郎様[2011年01月08日]
今月、ANAの奇数便(羽田空港からは下り便)の機内では、『よくばりウォーカー』なる番組が放映され、熊本城とその周辺が紹介されています。番組では東MAXらが2時間あまりをかけて、城と周辺の5kmを散策し、紹介します。
しかし…寝ていて、前半の重要部分を見そこなってしまった

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore