長嶺城(ながみねじょう)

長嶺城の基本情報

通称・別名

神園山城

所在地

熊本県熊本市東区神園1

旧国名

肥後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

須屋城(熊本県合志市)[5.5km]
亀井城(熊本県熊本市)[6.0km]
木山城(熊本県上益城郡)[6.6km]
竹迫城(熊本県合志市)[6.6km]
健軍陣内城(熊本県熊本市)[7.7km]
熊本城(熊本県熊本市)[8.5km]
柿原城(熊本県熊本市)[9.2km]
玉岡城(熊本県菊池郡)[9.4km]
妙見城(熊本県熊本市)[9.8km]
岩野嶽道祖城(熊本県熊本市)[11.6km]

長嶺城の解説文

※この城郭は2021年4月6日に名称と位置が変更となりました。

長嶺城(ながみねじょう)は、熊本県熊本市東区神園にあった城である。

歴史
築城年、築城主ともに不明だが、中世の山城で、“筑後の守”と呼ばれる人物が城主であったという。

城域は狭く簡素な縄張りではあるが、長嶺城が築かれた神園(こうぞの)山は熊本平野のほぼ中央に位置する独立峰であり、山頂からは四方を見渡せることから、監視用の砦として機能していたと考えられる。

なお、神園山から谷を隔てた東側に位置する小山山にも小山城跡があり、両者が連携して使用されていたと見ることもできる。

遺構
標高約180mの神園山の山頂部が主郭である。山頂へは県民総合運動公園側から3本の散策路が整備されており、山頂までの車道も通じている。

現在、展望所が建てられている場所が主郭で、周囲より一段高い土壇状になっている。東縁から南縁にかけては土塁が残存する。

主郭から東西方向へは尾根筋が伸びており、東側は小規模な削平地の先に堀切が切られ、その約40m先にさらに1条の堀切が見られる。西側の尾根上にも堀切が切られており、東側のものよりも規模が大きい。

交通
JR九州豊肥本線光の森駅から徒歩約30分で散策路入口

参考文献
『新熊本市史』新熊本市史編纂委員会、2003年。
『日本城郭大系 第18巻』新人物往来社、1980年。
現地説明板。

長嶺城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore