竹迫城(たかばじょう)

竹迫城の基本情報

通称・別名

合志城、蛇尾城、穴の城、上庄城

所在地

熊本県合志市上庄

旧国名

肥後国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

築城主

中原師員

築城年

建久年間(1190〜1199)

主な改修者

主な城主

竹迫氏、合志氏

廃城年

天正15年(1587)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(竹迫城跡)

再建造物

石碑

周辺の城

亀尾城(熊本県菊池市)[7.1km]
須屋城(熊本県合志市)[7.7km]
菊之城(熊本県菊池市)[8.0km]
岩野嶽道祖城(熊本県熊本市)[8.9km]
亀井城(熊本県熊本市)[9.4km]

竹迫城の解説文

竹迫城(たかばじょう)は、現在の熊本県合志市(旧菊池郡合志町)上庄にある城址。合志城とも呼ばれ、その他に蛇尾城・穴の城・上庄城の別名もある。市の史跡。

概要
鎌倉時代初期から戦国時代末期までの約400年間、肥後国合志郡における政治・軍事の中心であった。築城から戦国時代初期までを竹迫氏、それ以降は合志氏が居城とする。
川沿いの丘陵を利用して造られた中世様式の城で、土塁と空堀によって郭が形成されており石垣は見られない。
城の縄張りは東西1,800m×南北1,400mとされる。中央の最高所に位置する本丸跡は楕円形(50m×30m)の平坦地となっている。

沿革
鎌倉時代はじめの建久年間(1190-1198年)、合志郡の地頭職に任じられた中原師員(竹迫氏初代・竹迫輝種)によって築城される。
1337年(延元2年/建武4年)南北朝の争いが九州に及び、北朝方の合志幸隆が守る竹迫城を、南朝方の菊池武重が攻める。
1510年(永正7年)竹迫氏第15代の竹迫公種が豊後へ移転。
1511年(永正8年)竹迫氏に代わって合志隆岑が城主となる。
1551年(天文20年)菊池義武に与し大友義鎮の攻撃を受けるも落城せず。
1584年(天正12年)龍造寺隆信の攻撃を受ける。
1585年(天正13年)島津氏の侵攻を受ける。新納久饒および川上忠堅の軍勢を合志隆重が迎え撃つが敗れて開城。
1587年(天正15年)豊臣秀吉の九州征伐を受け、薩摩へ撤退する島津氏が城を焼却。
1990年(平成2年)菊池郡合志町により公園として整備される。

アクセス
バスは廃止されました。

竹迫城の口コミ情報

カーネル様[2017年10月09日]
終点の熊本電鉄の御代志駅から直線で4.4km

駅北100mにある信号を右折して、県道341号を東へ。広い歩道もあって快適に歩けます
左に農業公園を見ながら30分ほど歩くと「竹迫城公園←」の標識があるので左折して北上。道は歩道がなくなるけど、車も通らないのどかな道になります

途中で竹迫日吉神社に寄り道。立派でした
案内に従い進み、駅から1時間10分で駐車場着
堀はでかくて子供がソリで遊んでた。規模が大きいのに、キレイに整備されてて感動しました
帰りは真西に川沿いのあぜ道を通って帰りました。牛小屋があって癒された

往復して2時間40分。その前に山城にも行って疲労が溜まっており、最後は惰性で歩いた

由京様[2017年06月14日]
6月の夕方に来ましたが、この日はとても良い天気でしたので、土塁の草が緑色でとても綺麗でした‼綺麗に整備されていて気持ちの良い公園でした❗土塁では、そり滑りなども楽しんでいる子供達も居ました。駐車場

尾張守だもんで様[2016年03月30日]
合志城ともいいます。
城跡は公園になっていて駐車場やトイレはもちろん、土塁が芝で綺麗に整備されています。
公園の周囲には堀らしき跡があります。
どでかい土塁は必見です。ダンボールで滑り降りたくなります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore