鞠智城(きくちじょう)

鞠智城の基本情報

通称・別名

菊地城

所在地

熊本県山鹿市菊鹿町宇田原米原/菊池市木野

旧国名

肥後国

分類・構造

古代山城

天守構造

なし

築城主

天智天皇

築城年

不明

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

不明

遺構

建物跡

指定文化財

国史跡(鞠智城跡)

再建造物

米倉、板倉、兵舎、鼓楼

周辺の城

隈府城(熊本県菊池市)[3.1km]
菊之城(熊本県菊池市)[4.0km]
亀尾城(熊本県菊池市)[5.8km]
隈部館(熊本県山鹿市)[6.0km]
山鹿城(熊本県山鹿市)[9.3km]

鞠智城の解説文

鞠智城(きくちじょう/くくちのき)は、熊本県の山鹿市と菊池市にまたがる台地状の丘陵に築かれた、日本の古代山城(朝鮮式山城)である。城跡は、2004年(平成16年)2月27日、国指定の史跡「鞠智城跡」に指定されている。

概要
『続日本紀』に、「大宰府をして大野(おおの)、基肄(きい)、鞠智(くくち)の三城(みつのき)を繕治せしむ」と、記載された城である。

鞠智城は、『続日本紀』に記載された文武天皇2年(698年)の城の修復記事が初見であり、築城年は不明である。しかし、発掘調査では少なくとも7世紀後半~10世紀中頃まで約300年、存続したことが判明している。そのため、白村江の戦いで、唐・新羅連合軍に大敗した後、大和朝廷が倭(日本)の防衛のために築いた水城大野城基肄城と、ほぼ同時期に築かれたと考えられている。また、八角形建物跡や銅造菩薩立像の出土などは、百済からの亡命者が関与したことが窺える。

鞠智城は、標高約90~171メートルの米原台地に所在する。城壁の周長は、自然地形の崖を含めて約3.5キロメートル、城の面積は約55ヘクタールである。直線距離で大宰府の南、約62キロメートルに位置し、古代山城では最も南にある城である。また、有明海に注ぐ菊池川の河口の東北東、約30キロメートルの内陸部で、流域は肥沃な平野が広がる。城の南側は、古代官道が推定されている交通路の要衝に位置する。

発掘調査では、国内の古代山城で唯一の八角形建物跡2棟(2棟×2時期)・総計72棟の建物跡・三か所の城門跡・土塁・水門・貯水池などの遺構が確認されている。また、貯水池跡では、付札木簡と百済系の銅造菩薩立像が出土している。

鞠智城の築城当初は、大宰府と連動した軍事施設で、大野城基肄城などとともに北部九州の防衛拠点であり、兵站基地や有明海からの侵攻に対する構えなどが考えられている。そして、修復期以降は、軍事施設に加えて、食料の備蓄施設の拠点、南九州支配の拠点などの役割・機能などが考えられている。

鞠智城は、7世紀末の律令制の導入時に、役所機能のある肥後北部の拠点に改修されたと考えられている。発掘調査で大宰府と連動した施設の改修と変遷が確認された特異な城跡である。また、他の古代山城は国府の近くに所在するが、鞠智城は城自体が役所機能を有するなど、特殊な古代山城といえる。そして、8世紀後半以降は、倉庫が立ち並ぶ物資貯蔵機能に特化した施設に変化して終焉を迎えたとされている。

歴史
『日本書紀』に記載された、白村江の戦いと防御施設の設置記事は、下記の通りである。
663年ー白村江の戦いで、倭(日本)百済復興軍は朝鮮半島で唐・新羅連合軍に大敗した。
664年ー対馬島・壱岐島・筑紫国などに防人と烽(とぶひ)を配備し、筑紫国に水城を築く。
665年ー長門国に城を築き、筑紫国に大野城基肄城を築く。
667年ー大和国に高安城・讃岐国に屋嶋城・対馬国に金田城を築く。この年、中大兄皇子は大津に遷都し、翌年の正月に天智天皇となる。...

鞠智城の口コミ情報

笑門来猫様[2017年05月08日]
資料館で「鞠智城公式ガイドブック」をもらえます。城跡を探索する際に注目すべきポイントが、子供にもわかりやすいように漫画形式で説明されており、それでいて中身は結構マニアックなので、大人でも勉強になります。さらに学芸員さんにお願いすると、日本22箇所の古代山城を紹介した「発見☆古代山城」という冊子をもらえるかもしれません。写真、等高線図、アクセスマップなどあり、こちらも白眉でした。

五瓜ニ唐花紋大納言や〜きみ様[2017年05月08日]
駐車場あり。
駐車場前がこのお城です。
施設は休館日ありますが、公園内は自由にあるけますから休館日でも楽しめます。
休館日は食事どころや資料館がやってないだけです。

鞠智城の周辺観光情報

七城リバーサイドパーク

菊池川沿いに建つ、宿泊レジャー施設。プールやバーベキューハウスなど、家族で楽しめる施設が充実しています。お得なプランもある貸し別荘風のコテージで宿泊していただくほか、施設内ではバラエティに富んだお風呂を楽しめます。

詳細はこちら

泗水孔子公園

孔子誕生の地、中国の泗水県にちなんで名づけられた「泗水町」。公園は市民の憩いの場として親しまれており、建物には本格的な中国宮廷建築様式が採用されています。

四季の里旭志

晴れた日には遠く有明海まで一望できる大浴場や温泉プールなどの天然温泉のほか、カンガルーやワラビーなどの動物たちと触れ合える動物広場を併設しています。

情報提供:菊池市商工観光課

詳細はこちら

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore