金田城(かねだじょう)

金田城の基本情報

通称・別名

所在地

長崎県対馬市美津島町黒瀬

旧国名

対馬国

分類・構造

古代山城

天守構造

なし

築城主

天智天皇

築城年

天智天皇6年(667)

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

遺構

石塁、土塁、一ノ城戸、二ノ城戸、三ノ城戸、掘立柱穴、水門

指定文化財

国特別史跡(金田城跡)

再建造物

周辺の城

清水山城(長崎県対馬市)[10.3km]
厳原城(長崎県対馬市)[10.8km]
勝本城(長崎県壱岐市)[63.3km]
亀丘城(長崎県壱岐市)[72.6km]
大島城(長崎県平戸市)[95.3km]

金田城の解説文

金田城(かねだじょう/かなたのき)は、長崎県対馬市美津島町黒瀬および箕形にまたがる城山(じょうやま)に築かれた、日本の古代山城(朝鮮式山城)である。城跡は、1982年(昭和57年)3月23日、国指定の特別史跡「金田城跡」に指定されている。

概要
『日本書紀』に、「大和国に高安城・讃岐国に屋嶋城・対馬国に金田城(かなたのき)を築く」と、記載された城である。

金田城は、白村江の戦いで唐・新羅連合軍に大敗した後、大和朝廷が倭(日本)の防衛のために築いた古代山城である。667年(天智天皇6年)、高安城・屋嶋城とともに築かれた。また、金田城は、政権基盤の宮都を守る高安城、瀬戸内海の制海権を守る屋嶋城とともに、国土の領域を守る最前線の重要なポイントであった。

金田城は下対馬の北端部にあり、浅茅湾の奥で北に突出し、三方が海に囲まれた標高272メートルの城山に所在する。城壁の外周は自然地形の断崖を含めて約2.8キロメートル、城内面積は約26ヘクタールである。自然の要害を利用した選地で、外周城壁の全てが石塁で、高さ6メートルを超える石塁もある。陸続きは南西側だけで、他は急峻な地形である。国内で外郭城壁を石塁で構築しているのは、金田城・屋嶋城など少数派である。そして、韓国釜山まで約50キロメートル、隣島の壱岐まで約70キロメートル、博多まで約120キロメートルである。山頂からは北西方向に視界が開き、韓国南岸が視野にいる。城門は、二ノ城戸・三ノ城戸・南門の三か所が開く。一ノ城戸の城門は確認されていないが、張り出した櫓と水門が残存する。

一ノ城戸に加え、二か所の張り出しがあり、南側の張り出しは「東南角石塁」と呼称する。城内の発掘調査では、五棟の掘立柱建物跡・柵列が一列・炉跡・土塁と門礎石などが確認されている。出土遺物は、羽口・鉄滓・温石と各種の土器などが出土している。

白村江の戦いの翌年に、対馬・壱岐などに防人(兵士)が配備されている。防人の語源は「崎+守」とされ、東国諸国から徴発された人々が、三年交代で九州の防備にたずさわっている。

対馬は、佐渡島・奄美大島に次ぐ面積を有する島である。古来より大陸と日本列島を結ぶ海路の要衝にあり、南北は約82キロメートル・東西は約18キロメートル・面積は約709平方キロメートルである。古代は上対馬と下対馬が一つの島であり、島の中央に位置する浅茅湾は西方に開き、屈曲の多いリアス式海岸である。対馬の古代の中心は、金田城の南東の雞知(けち)であった。

関連の歴史
『日本書紀』に記載された、白村江の戦いと、防御施設の設置記事は下記の通りである。
663年(天智天皇2年)ー白村江の戦いで、倭(日本)・百済復興軍は朝鮮半島で唐・新羅連合軍に大敗した。
664年ー対馬島・壱岐島・筑紫国などに防人と烽(とぶひ)を配備し、筑紫国に水城を築く。
665年ー長門国に城を築き、筑紫国に大野城基肄城を築く。
667年(天智天皇6年)ー大和国に高安城・讃岐国に屋嶋城・対馬国に金田城を築く。この年、中大兄皇子は大津に遷都し、翌年の正月に天智天皇となる。...

金田城の口コミ情報

上さん様[2017年07月24日]
2年前の正月に行きました。
金田城迄
林道は途中から未整備になりますが
城の入り口迄車で行けます。
入り口に城の案内板がありますので
分かります。

June02様[2015年09月09日]
個人的には、大満足です。
石塁の中でも特に、二ノ城戸は上端部から眺めるアーチ状のラインに垂直な野面積みが美しく、そして、階段下から望む全景はスクリーンの様でした。一ノ城戸、二ノ城戸、三ノ城戸の画像をUPしました。
対馬トレッキングガイドには初心者向きとありますが、城戸へ向かう道は旧軍道から外れた山道となり、夏だけ?小川越えに、1/3は沢沿いの濡れた山道を歩きます。
 土塁と住居跡のビングシ山付近は道に迷い易く、二ノ城戸へ向かうには、ビングシ山の東屋を背に正面の道で、入口に埋もれている柱穴礎石が目印です。
城戸付近と見通しの良い場所以外は、は厳しく、登山道入口は圏外。また、蝮?短い蛇とは2回遭遇。

登山道入口→東南角石塁→三ノ城戸→ビングシ山→二ノ城戸→一ノ城戸→大吉戸神社のルートで50分程。 でも、登山道入口迄の交通手段が難儀で、県道24号線の城山入口を通るフリー乗降バスは、スクールバス対応?で運行時間及び便数共に難しく、厳原〜鶏知宮前間はバス(20分\570)、鶏知宮前〜登山道入口間はタクシー(15分\2000弱)の移動でした。(若干有無)

Dr.K佐渡守様[2014年03月26日]
なお、駐車場はほんの数台分でしたが、雨天のため空き状態。駐車場から三、二、一の城戸経由頂上をぐるっと回って約2時間、しかもかなりの山道なので装備は確実に。
わたしは出張ついでに寄ったためスーツと革靴で難渋しました。

Dr.K佐渡守様[2014年03月26日]
車道が狭く、一部落石がありました。
帰りになんとタイヤがパンク!痛恨!!!

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore