鬼ノ城(きのじょう)

鬼ノ城の基本情報

通称・別名

所在地

岡山県総社市奥坂鬼城山

旧国名

備中国

分類・構造

神籠石式山城

天守構造

なし

築城主

不明

築城年

天智天皇2年(663)

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

不明

遺構

列石、土塁、水門

指定文化財

国史跡(鬼城山)

再建造物

門、石垣、土塁、石碑、説明板

周辺の城

冠山城(岡山県岡山市)[3.8km]
鍛冶山城(岡山県岡山市)[3.9km]
亀山城(岡山県総社市)[6.1km]
備中高松城(岡山県岡山市)[6.5km]
福山城(岡山県総社市)[9.0km]

鬼ノ城の解説文

鬼ノ城(きのじょう)は岡山県総社市の鬼城山(きのじょうざん 標高397メートル)に遺る神籠石式山城。国の史跡。

概要
すり鉢形の鬼城山の山頂周囲を石垣・土塁による城壁が周囲2.8キロメートルに渡って取り巻く。城壁によって囲まれた面積は約30ヘクタールを測る。城壁の要所に、門、城外への排水機能を持つ水門を配する。門は東西南北4ヶ所、水門は6か所に確認されている。城の内部には食料貯蔵庫や管理棟などと推定される礎石建物が7棟、烽火場の可能性が指摘される焚き火跡、水汲み場、鍜治場、工事のための土取り跡などが確認されている。

歴史・沿革
飛鳥時代
663年(天智天皇2年)の白村江の戦いに倭国が敗れた後、唐・新羅の侵攻に備え築城したと考えられている。日本書紀などには西日本の要所に大野城など12の古代山城(朝鮮式山城)を築いたと記されており、鬼ノ城も防衛施設の一つであろうと推測される。しかしどの歴史書の類にも一切記されていないなど、その真相は未だに解明されていない謎の山城である。史書に記載が無く、12の古代山城に該当しないものは神籠石系山城と呼ばれる。

現代
山中に石垣などの遺構が存在することは古くから知られていたが、1971年(昭和46年)に城壁の基礎となる列石が見つかり、古代山城と認識された。1986年(昭和61年)3月25日に国の史跡に指定された。指定名称は「鬼城山(きのじょうざん)」。現在は総社市教育委員会が2001年(平成13年)より史跡整備を行っている。特に西門遺構は建造物・土塁・石垣の復元を進めている。2006年(平成18年)からは、岡山県教育委員会による7か年計画の城内確認調査も開始された。

なお、城内には湿地を中心として希少植物も多く分布するため、1999年(平成11年)には発掘調査と自然保護との調整が問題となったことがある。

2006年(平成18年)4月6日、日本100名城(69番)に選定された。

伝承
温羅伝説
温羅伝説とは、吉備地方に残る、桃太郎話のモチーフとなったといわれる伝説である。

古代吉備地方には百済の王子と称する温羅(「うら」または「おんら」)という鬼が住んでおり、鬼ノ城を拠点にこの地方を支配し悪行を行っていた。吉備の人々は都へ出向いて窮状を訴えたため、これを救うべく崇神天皇は孝霊天皇の子で四道将軍(よつのみちのいくさのきみ)の一人・吉備津彦命(きびつひこのみこと)を派遣した。命は現在の吉備津神社の地に本陣を構えた。温羅に対して矢を1本ずつ射たが岩に呑み込まれた。そこで命は2本同時に射て温羅の左眼を射抜いた。温羅が雉に化けて逃げたので命は鷹に化けて追った。更に温羅は鯉に身を変えて逃げたので吉備津彦は鵜に変化してついに温羅を捕らえた。こうして温羅を討ったという。それぞれの伝説の地に矢喰神社、温羅の眼の血が流れた血吸川、鯉喰神社が存在している。...

鬼ノ城の口コミ情報

摂津守@⑩21文化祭様[2017年09月12日]
当初総社駅でレンタサイクルで登城を考えて
ましたが、先に行かれた方に健脚でないなら
お止めの忠告に従い、ナビを鬼城山ビジター
センターに合せ車でいきました。
先人の方が仰るように砂川公園からビジター
センターまでの道のりは対向車とのスレ違いが
厳しい区間が多く、ペーペードライバーの某には
ちと厳しかったです。
走行中、脇の道祖神など見る余裕なかったです。
ビジターセンターはそこそこ台数の駐車場が
あります。
そこから西門まで舗装された道をテクテク10分ほどで、
ここは歩きやすかったです。

白村江の戦い後、大陸からの侵攻に備え、
必死に築城に従事する人々を思い浮かべながら、
この石塁積み上げ大変やったやろなぁなど、
感慨深く城地巡りできました。
見慣れた城跡と違い、復元の西門、屏風折石塁など
神籠式山城をたくさん堪能でき、リア攻めして
よかったです。
一周するなら1時間ちょっとはかかります。

歩きやすいですが、石敷などはやはり運動靴で
行かれたほうがいいです。
革靴で行くと傷だらけになりました。

織田大宰大弐晃司様[2017年07月17日]
ビジターセンターに駐車場があります。

西門までは歩きやすい遊歩道があります。

そこから自然道を約30分で屏風折れの石垣に着きます。ここは必見!労力の甲斐があります。

蜂や蚊に注意とありましたが、今回蛇に遭遇!

萩尾伊豆守藏緒様[2017年03月16日]
念願の鬼ノ城へ行ってきました♪
ビジターセンターまで車で行きました。

あいにく月曜日でビジターセンターは休館でしたが城内には入れました。
西門までは歩いて10分弱(ちなみに、西門までは車いすでも行けるそうです)そこから南→東→北門と反時計回りで攻めました。
一番遠くの屏風折れの石垣まではテンポよく歩いて30分ちょっと掛かりました。そこまでは水門や高石垣などの見学ポイントや眼下に見下ろす絶景ポイントが沢山ありました。
一周するのに1時間30分位あれば廻ることができると思います。運動不足の我々には大変かもと気を引き締めて行きましたが思った程ではありませんでした。

青き巨星弾正忠かみさん様[2017年02月08日]
100名城の鬼ノ城ですが、お城メダルはありません。
管理棟の職員さんに聞くも「そんなものはない。」とのこと。
残念

太閤勘解由長官傾奇紋次郎様[2016年12月19日]
ナビを設定して車を走らせるなら「鬼城山ビジターセンター」を目指すと良いと思います。
鬼城山ビジターセンターまで車で乗り入れ可能。
無料駐車場もあります!そこから投稿写真にもたくさん出ている「西門」までは徒歩ですが、そんなにキツクないです!
普段着(夏場以外)スニーカー等でも可能でしょう。
完全一周するにも普段着、スニーカー等でも可能ですが、疲れにくい靴の方が当然良いと思います。
個人的な意見ですが、杖も置いてくれておりましたが、使用無く一周しました。
屏風折れの石垣が対角線上の地点ですので、
そこまで行けば貫いて一周した方が楽しめるかと思います。
マムシ注意や、スズメバチ注意等の看板もあったので、夏場は完全防備の方がよさそうでした!
礎石建物群跡は立て看板のみと考えた方が良いかもしれません。
でも景観や雰囲気、古代城郭という点では
総合点はやはり高いでしょう!
百名城の割にマニアックな城だと感じました。

カーネル様[2016年05月14日]
吉備線服部駅から北上し、まずは砂川公園を目指します
この先は道が1本なのでとにかく舗装路を登ると道の脇には道祖神が祭られていて、残りの距離を教えてくれますよ。1時間20分で駐車場

駐車場から最初の舗装路で登りがありますが、城域ではそれほどでもないアップダウンを繰り返して、1周するのに1時間かかりました

駐車場から服部駅までは40分で合計3時間

ここへ来る前の備中松山城とあわせて6時間歩いたのですが、すれ違ったの2人だけでした
年末は空いててお勧めです(年末は松山城は閉鎖で、鬼ノ城ガイダンスは休みだけど)

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

コロ助様[2015年04月01日]
服部駅から徒歩1時間15分程で鬼城山ビジターセンターに到着。ビジターセンターには、綺麗なトイレと休憩室があります。

神籠石式山城は初めてで、険しい道を想定して2Lのペットボトルを背負っていったら、完全に空回りでした。ビジターセンターから西門まではバリアフリーで車椅子も大丈夫です。北門〜東門あたりは石が多くて足場の悪い所もありますが、全体的にきちんと整備されていて歩きやすいですし、キツいアップダウンも無いです。小さいお子さん連れや軽装の方も割といました。

電車の時間があったので、少し早足でグルっと一周して礎石建物群を見て、所要時間1時間40分。屏風折れの石垣は下を見ると足がすくみます。西門付近の版築土塁は圧巻です。

萬屋石見守マングローブ様[2013年05月15日]
トレッキングスタイルで行きましょう!
カメラ、トレッキングシューズ、リュックサック、水を忘れずに‥


しまさ大納言様[2012年09月03日]
100名城スタンプを求め、鬼城山ビジターセンターに車で行きました。
砂川公園から先の山道はかなり急で道端狭く、対向車とのすれ違いが厳しい区間がかなりあります。
ビジターセンターの駐車場はけっこう広く、そこから鬼ノ城西門までは歩いて5分ほど。
しかーし、スタンプは押せましたが「城めぐり」での攻略ができず。
現地に来てしまうと電波も悪く何度やっても別の城を攻略してしまう(2012/9/2情報)
事務局に愚痴を送り中。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore